• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


新潟県関川村豪雨災害救援活動4次隊が始まりました(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]
 先発隊として学生4名、事務局2名が新潟県関川村に到着しました。

 今日は現地調整と、ボランティアセンターにて明日からの作業について打ち合わせし、明日からの本隊の受け入れに備えて準備しました。

220826sekikawa_1.jpg

220826sekikawa_2.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
宮城県山元町東日本大震災復興支援活動(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]
 2日目となる今日の午前は、学生14名、事務局1名、OBOG1名で28日に予定しているイベントに使用するテントの建て方を練習しました。午後に合流する学生たちにも教えられるよう、みんなで声を掛け合いながら進めました。

 午後は、学生42名が合流し、学生56名、事務局1名、OBOG1名の計58名で中浜小学校、山元町役場、つばめの杜ひだまりホール、旧山下駅を巡るフィールドワークを行いました。
 山元町語り部の方にお話して頂きながら周りました。 

220826yamamoto_1.jpg

 中浜小学校では、震災当時まま建物が残されており津波の恐ろしさや日頃からの備えの重要性を学ぶことができました。

220826yamamoto_2.jpg

 山元町役場は町長の部屋から海が見える作りとなっており避難所にもなります。また地域の方が利用しやすい作りも意識されており憩いの場ともなっていました。

220826yamamoto_3.jpg

 ひだまりホールは実際に地震が起きた際の避難場所にもなっている場所です。防災の備蓄もありました。
 旧山下駅では全員で慰霊碑に手を合わせ4日間活動させて頂くたくため挨拶をさせて頂きました。
 その後旧山下駅から普門寺まで歩き山元町の町の様子を見て戻りました。

220826yamamoto_4.jpg

 夕食後、20時から座談会を行いました。
 2班に分かれ、普門寺と浄正寺の住職にお話を伺いました。特に印象に残った発言としては「明日は我が身だと思え」です。いつ自分の身に災害が降り注ぐか分からない、そして自分と同じ経験をしてほしくないという住職さんの思いがよく伝わる一言でした。

 その後、今日一日で学んだことを班ごとで振り返る班ミーティングを行いました。各班員で様々な意見を交わし、今後、今日学んだことをどう活かすべきかについて話し合いました。

 明日は今日学んだことを活かして、海岸清掃などといった、より具体的な復興活動を体験し、この身で震災や復興活動、山元町そのものについて理解を深めたいです。
京都府阿蘇海環境づくり活動は無事に終了しました(8月26日) [2022年08月26日(Fri)]

 活動最終日である今日は、午前8時30分から学生45名で、阿蘇海1周14キロの沿岸・道路に落ちているゴミを拾う「阿蘇海一周清掃活動」を行いました。
 砂浜には漂着したプラスチックゴミが特に多くありました。

220826asokai_1.jpg

220826asokai_2.jpg

220826asokai_8.jpg

220826asokai_3.jpg

220826asokai_4.jpg

 そして15時からは文殊公会堂にて閉会式を行いました。閉会式では宮津市長の城崎雅文さんとカウンターパートである吉野茶屋の平木志乃さんから、活動に参加した学生への感謝と今後もこの地域に関わり続けてほしいというお言葉をいただきました。

220826asokai_5.jpg

220826asokai_6.jpg

 最後に学生リーダーである近畿大学3年の内海健太朗から、「3年ぶりの活動となったが、現地の方に挨拶をすると『IVUSAが帰ってきてくれた』と言っていただいたことに驚いた」と挨拶がありました。
 阿蘇海周辺地域の方々がIVUSAの学生を心待ちにしてくれているということが改めて実感でき、嬉しかったです。

220826asokai_7.jpg

 閉会式終了後、宮津市を出発し、18時30分頃に京都駅に到着し、解散しました。

 4日間の活動中、地域の方々から「待っていたよ」「ありがとう」「頑張ってね」というお言葉を多くかけていただきました。これは先輩たちが活動を通して築いた、地域の方々との信頼関係の賜物だと思います。今回の活動は3年ぶりに対面で行われました。これが次の活動、そして次の世代へとバトンを再びつなぐきっかけになりました。

 最後に本活動にご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
京都府阿蘇海環境づくり活動(8月25日) [2022年08月26日(Fri)]
 午前9時から宮津市文殊の観光船乗り場付近にて学生17名、与謝野町の阿蘇シーサイドパーク周辺にて学生17名がカキ殻を回収しました。

220825asokai_1.jpg

220825asokai_3.jpg

 阿蘇シーサイドパークでは活動実施前に、与謝野副町長の井上雅之さんから激励のご挨拶をいただきました。
 阿蘇シーサイドパークは、大天橋や小天橋周辺に比べて大きなカキ殻が大量にありました。特に、排水溝付近にはカキ殻が多く溜まっていました。
 作業していた学生は、「取っても取ってもカキがたくさん取れる」と驚いていました。しかし、そのほとんどのカキは死んでいます。そのため、阿蘇シーサイドパークで取れたカキ殻は、生きたカキと死んだカキの選別は必要ありませんでした。

 一方で、宮津市文殊の阿蘇海付近では生きたカキが多くあり、選別が必要になります。そのため、昨日の活動の反省を活かして作業手順を変更し、効率よく回収することができました。

 カキ殻回収は大変な作業ですが、隊員からは、「大好きな阿蘇海地域にカキ殻回収を通して貢献できるのは嬉しい」「回収作業は大変だが、少しでも阿蘇海周辺地域に住む人や生物が気持ちよく過ごせるようなお手伝いをしたいと思いながら楽しく活動しています」といった前向きな感想が多くありました。阿蘇海周辺の環境保全や地域の方々に貢献したいという強い思いを持って取り組みました。

 結果として、2日間のカキ殻回収作業では、合計で約6.8トンのカキ殻を回収することができました。
 また、阿蘇シーサイドパークでの活動中、かけはしブルーイング(株式会社ローカルフラッグ)の濱田祐太さんからASOBI(ビール)をいただきました。このビールを作る際に、水の硬度調整で阿蘇海のカキ殻を使用しています。

 午前11時30分、カキ殻回収活動を終え、午後からはフィールドワークとして、あっぷるふぁーむを訪れました。

220825asokai_4.jpg

 あっぷるふぁーむでは、今日学生が阿蘇シーサイドパークで回収したカキ殻を与謝野ホップの肥料として散布する体験をさせていただきました。与謝野ホップは、与謝野町で栽培されている名産品です。

220825asokai_5.jpg

 農園内で、もぐらが穴を掘り、その穴をネズミが通ることでホップに害を与えます。そこで、カキ殻を散布することで、もぐらがカキを嫌がり、穴ができず、ホップへの被害が抑えられるそうです。さらに、カキ殻はミネラルやカルシウムが豊富であるため、土に栄養が届き、ホップに良い影響を与えます。

220825asokai_6.jpg

 ある学生は、「自分の取ったカキ殻が使われて、その栄養が与謝野ホップの一部となって商品として売られることを知り、自分がやってることは意味があるのだと実感できた」と言っていました。
 カキ殻回収活動に参加し、さらに回収したカキ殻が再利用されているところを実際に目にしました。そこから、カキ殻が抱える問題点もカキ殻がもつ可能性もどちらも学ぶことができました。

 カキ殻散布体験の後、あっぷるふぁーむの山本雅己さんからご講演をいただきました。
 山本さんは、「与謝野町は、ホップの生産地としては南端に位置するため、北半球で一番早く収穫することができます。そのため、与謝野ホップは北半球最速とも言われています」とおっしゃっていました。
 またあっぷるふぁーむでは、年間を通じ与謝野ホップの栽培に関わるサポーターであるホップレンジャーを年中募集しています。
 健康で明るく元気なホップ好きであれば誰でもなることができます。ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 16時半にあっぷるふぁーむを出発し、阿蘇海で獲れたカキや回収したカキ殻の活用方法を考えるワークショップを行いました。
 これまでの活動でそれぞれが感じた阿蘇海地域の課題や魅力を基にして、様々なカキ殻の活用方法の案が出てました。

220825asokai_3.jpg

 明日が活動最終日となります。
 体調管理に気をつけながら、ラストスパートをかけて取り組みます。

220825asokai_7.jpg

220825asokai_8.jpg

220825asokai_9.jpg

220825asokai_10.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml