CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


ソーラーシェアリングのスタディツアーを実施しました(11月7日) [2021年11月08日(Mon)]
 11月7日、千葉市緑区の農場で学生6名、職員1名が農業体験と太陽光発電の見学をさせていただきました。
 ソーラーシェアリングとは、農地に支柱等を立てて太陽光パネルを設置し、農業生産と発電とで太陽光を「シェア」する取り組みです。
 千葉エコ・エネルギー株式会社の馬上丈司さんから説明を受けた後、しょうがの収穫をしました。

211107chiba_1.jpg

211107chiba_2.jpg

211107chiba_3.jpg

 午後は雨もあったので大変でしたが、最後はさつまいもの収穫もさせていただきました。

211107chiba_4.jpg

 最後のふり返りでは、活動の感想や質問も共有しました。その中では農作物は人工的なもので自然ではないこと、自然にできたものだけを食べていたら人間はどうなってしまうのかを学びました。伝統的な農作物(例えば、農場のある土気の「からし菜」)をどこまで保存するかやフードロスについて考えさせられました。

211107chiba_5.jpg
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue淀川清掃 [2021年11月08日(Mon)]
 11月7日、学生24名で京都府大山崎町の淀川周辺を清掃しました。5時間でゴミ袋計21袋のゴミを拾うことができました。

211107yodogawa_1.jpg

211107yodogawa_2.jpg

 参加した学生からは、「清掃して綺麗になったことで自分自身も気持ちいい」「一通り清掃してもまだまだゴミが落ちている。今後もやる必要がある」と言った感想があり、この問題へのモチベーションが高まったようです。

211107yodogawa_3.jpg
日本財団「海と日本PROJECT」Youth for the Blue鴨川清掃(京都今出川クラブ) [2021年11月08日(Mon)]
 10月24日に京都今出川クラブの学生38人と京都京田辺クラブの学生2人の計40人で鴨川清掃活動を実施しました。

 参加人数が多いため班に分かれて、班ごとに清掃範囲を決めて清掃しましたが、それぞれ和気あいあいとしながら活動することができました。

211024imadegawa_1.jpg

 鴨川は大きいごみは多くはないですが、たばこの吸い殻など細かいごみが多かったです。そのような小さいごみが川に落ちて流れてしまうと海洋ごみ問題につながり、生態系に悪影響を及ぼしてしまうため、小さいごみも見逃さないように心がけながら清掃をしました。

211024imadegawa_2.jpg

 今回の活動ではゴミ袋17袋分のゴミを回収することができました。
 この活動は何回も行っていますが、毎回ゴミが多くあります。これからも継続的にこの活動を実施していきます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml