CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和2年7月豪雨災害復旧活動のため、職員1名、学生5名が現地入りしています(9月26日) [2020年09月26日(Sat)]
 今日は、朝一に住宅内などに残っている、廃棄せざるを得なくなったものの分別と運搬をさせていただきました。
 その後は昨日に引き続き製材所の土砂出しをさせていただき、技術系ボランティアの皆さんと連携して進めました。

200926kumamoto_1.jpg

200926kumamoto_2.jpg

200926kumamoto_3.jpg

 機械の間から人の手で掻き出した土砂を、重機とダンプで運搬し、また、廃棄する機械の場合、不要な部分をエンジンカッターで取り除いていただいたりし、作業を効率的かつ安全に行うことができました。

200926kumamoto_4.jpg

200926kumamoto_5.jpg

 昼食は、住民の方々によるボランティア向けの炊き出しが行われ、地元のブランド豚であり、豪雨後自衛隊がヘリで救出した貴重な一勝地赤豚を使った生姜焼き丼などを振舞っていただきました。

200926kumamoto_6.jpg

200926kumamoto_7.jpg

 ボランティアによる住民への炊き出しは、過去の被災地でいたるところで行われてきましたが、住民の方々がボランティアへ炊き出しをするというのはほとんど見聞きしたことがありません。

200926kumamoto_8.jpg

 前回活動させていただいたお宅の方もいらっしゃいましたが、被災し大変な状況にあるにもかかわらず、ボランティアのために炊き出しまでしていただき、球磨村の方々の優しさと温もりを心と胃袋で感じました。
令和2年7月豪雨災害復旧活動のため、職員1名、学生5名が現地入りしています(9月25日) [2020年09月26日(Sat)]
 今日は昨日とは打って変わって、清々しい青空が広がりました。

200925kumamoto_1.jpg
製材所の機械の上に、製材した木材と土砂が堆積

 作業は、昨日に引き続き球磨村の製材所に流れ込んだ土砂の搬出をさせていただきました。

200925kumamoto_2.jpg

200925kumamoto_3.jpg

200925kumamoto_4.jpg

200925kumamoto_5.jpg
人力で少しずつ取り除きました

200914kumamoto_6.jpg
機械は鉄製のため、かなり大きなものは重機で搬出

200925kumamoto_7.jpg
ちょっと大きいくらいは力を合わせて人力で搬出

 作業後には、発災後2か月ほど現地で活動を続けておられる日本財団の黒澤司さん(IVUSA特別顧問)に、村の中を案内していただきました。

200925kumamoto_8.jpg
斜面が崩れている場所で、状況を説明いただきました

200925kumamoto_9.jpg
まだまだ大きな石が埋め尽くしています

 土砂崩れがあった山の斜面や、家の基礎部分が抉られたままの場所、家の中に土砂が残ったままの家屋など、発災から間もなく3か月が経とうとしていますが、発災直後のような水害の爪痕を目の当たりにし、改めて気が引き締まりました。

200925kumamoto_10.jpg
製材所のすぐ裏手には、流されたまま車が…

 明日も引き続き製材所で活動させていただく予定です。
 少しでも爪痕を消せるよう、明日も元気に、笑顔で活動していきます。

200925kumamoto_11.jpg
作業後、九州名物(!?)の袋入りのかき氷をいただき、元気回復!
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml