CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


沖縄県戦没者遺骨収集活動2020春(2月23日) [2020年02月23日(Sun)]
 活動を始めて5日目となりました。

 バスで手作りのおにぎりを食べ、パワーをつけてからそれぞれ遺骨収集の活動場所へ向かいました。

 朝8時頃、活動が開始されました。本日も昨日に引き続き、2つの現場に分かれました。半日の作業ということもあり、より一層、集中した様子で活動しました。

200223okinawa_1.jpg

 午後は、肝高の阿麻和利を鑑賞させていただきました。
 鑑賞後、学生から「伝統を知れる貴重な機会をいただけた」「中高生とは思えない演技で迫力があった」という声が聞こえました。

200223okinawa_2.jpg

 その後、宿舎にてミーティングを行いました。
 阿麻和利を鑑賞して感じたことや遺骨収集前の一礼をどのような気持ちでしているかについて話しました。
 一礼の意味では、学生から「真摯な気持ちで向き合うため」「責任をもってさせていただくという誓いの意味でしている」との声が上がりました。

200223okinawa_3.jpg

 本日の反省、学んだことを明日の遺骨収集、追悼式に活かしたいと思います。
2月16日付「サンデーいわふね」で関川村での大石どもんこまつり活性化活動のことが紹介されました [2020年02月23日(Sun)]
200216sundayiwafune.jpg
三重県熊野市地域活性化活動が始まりました(2月22日) [2020年02月23日(Sun)]

  2月22日から2月25日にかけて、学生87名と事務局員1名が市内の各地域に分かれてフィールドワークを行うとともに、2月23日に行われるいこらい市の運営補助や各地域の状況に合わせた事業計画書の作成を行います。

 午前6時45分に京都駅に集合し、熊野市に向けて先発の学生14名と事務局員1名を除いた学生73名を乗せたバスが京都駅を出発し11時30分ごろに熊野市に到着しました。

200222kumano_1.jpg

 熊野市に到着後、開会式を行い、3地域5グループに分かれて活動を行いました。

 神川地区では、木本地区から神川地区に移動後、神川地区の散策を行いました。
 散策の1つとして、旧神上中学校のほうへ向かい、中を見学させていただきました。中では神川地区について書かれた資料があり、隊員は神川の魅力ややっていきたい企画を深く考えるきっかけとなりました。

200222kumano_2.jpg

200222kumano_3.jpg

 木本地区では学生12人で熊野市のお店や世界遺産をアクションカメラで撮って、熊野市をPRすることを目的としたフィールドワークを行いました。フィールドワークでは、学生の力で熊野をより賑やかにするにはどうすれば良いかと改めて考えることができました。

200222kumano_5.jpg

200222kumano_4.jpg

 明日も各地域で活動を行います。今日感じたことを活かして明日の活動に取り組んでいきます。
静岡県西伊豆町活性化活動(2月22日) [2020年02月23日(Sun)]
 活動2日目は、朝から翌日開催するの「クールタウンフェス西伊豆」の準備と休耕田の二手に分かれて作業しました。

 フェス準備組は、会場となる旧田子中の体育館への設備の運搬や会場の装飾作りなどを中心に行いました。

200222nishiizu_1.jpg

 それと並行して旧田子中の校庭では、町民の方と一緒に学生が、グラウンドゴルフゲームをしました。ゲーム中は、町民と学生、共に熱中し過ぎてゴールに入る度に歓声があがりました。

200222nishiizu_2.jpg

 休耕田組は、不安定な天気の中での作業になりましたが、雑草抜きやサトイモの作付けするための畝作りとヤーコンの苗を植えました。

200222nishiizu_3.jpg

 ヤーコンの苗は来年の2月にまた収穫するので、来年の事を想像しながら苗を植える学生もいました。

200222nishiizu_4.jpg

 作業の途中に農業体験として地元の小学生が来ました。
 小学生からは「農業楽しい」や「将来は林業関係の仕事に就きたい」と頼もしい声も聞こえました。

200222nishiizu_5.jpg

 明日はフェス当日なので、各々準備してきたことを全て出し切っていきます。
沖縄県戦没者遺骨収集活動2020春(2月22日) [2020年02月23日(Sun)]
 活動4日目の本日は、快晴で気持ちのいい朝から始まりました。

 本日は遺骨収集の活動2日目。昨日に引き続き、戦争時代を生きた人に真正面から向き合う、この一心で遺骨収集活動が実施されました。

200222okinawa_1.jpg

 学生たちは薄っすらと眠気がよぎる中、足早に炊飯場に向かい、朝食のカレーを食べました。身体の疲れも吹き飛ぶぐらい、おいしくカレーをいただき、お腹を満たしました。 その後、一同は、バスに乗り活動場所へ移動しました。

200222okinawa_2.jpg

200222okinawa_3.jpg

 南方の現場では、埋まっているゴミを集めるグループと、ガマの中でゴミ拾い・遺骨収集活動をするグループとで分かれました。昨日は見えなかった岩肌も見えてきました。

 沖縄中部の現場では、昨日に引き続き壕の土からご遺骨がないか探しました。昨日のミーティングでも話し合った遺骨収集をする上で大切にすることを忘れず各自活動に取り組んでいました。

 活動終了後宿舎に戻り各自夕食を済ませ、入浴し、一日の疲れを洗い流しました。明日の活動最終日に向けてしっかり身体を休めました。

200222okinawa_4.jpg

 いつもと違い、学年別でのミーティングを行いました。同じ学年同士でしか話せないことや、明日からの活動の意気込みを話し合いました。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml