CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


長野県飯山市活性化活動(雪まつり・かまくら祭り 2月8日) [2020年02月09日(Sun)]
 活動3日目である今日は「いいやま雪まつり」と「信濃平かまくら祭り」の初日です。本日は祭り開始時間前から、それぞれの担当場所で作業を始めました。 

◯雪まつり現場
 飯山雪まつりでは、屋台でのおやきやリンゴ豚まんの販売やスノースライダー企画などを行いました。また、前日まで整備を進めていた会場の雪灯籠や雪で作ったタワーには多くの子ども連れの家族が訪れ、賑わいました。

200208iiyama_1.jpg

 さらに、雪まつり会場より少し離れた飯山シャンツェというスキー場でジャンプ台を利用して、ソリやチューブで滑って楽しめる企画を実施しました。
 今年初めての企画であるにもかかわらず多くの子どもたちと触れ合うことができました。

200208iiyama_2.jpg

◯かまくら現場
 信濃平かまくら祭りは、事前に制作していたウェルカムボードやダンボールかまくらの設置から始まりました。その後も、焼きマシュマロの販売や地元の方と学生が共同で餅つきをして、現場を盛り上げるイベントが多数行われました。

200208iiyama_3.jpg

 午後からは雪まつり現場とかまくら祭り現場の両方で、去年に引き続き地元高校生のダンスグループであるNOVAさんと当協会の学生によるダンスパフォーマンスを実現することができました。

200208iiyama_4.jpg

 「いいやま雪まつり」と「信濃平かまくら雪祭り」は残すはあと一日です。
 リーダーである松村航平(中央大学4年)の「スタッフという自覚を持って明るく元気に、また自分がやり切ってよかったなって思えるような積極性を持って明日望みましょう」という挨拶で締めくくり、学生の気持ちを引き締めました。

200208iiyama_5.jpg
新潟県長岡市栃尾地区裸押し合い祭り活性化活動(2月8日) [2020年02月09日(Sun)]
 午前は、活動中に分かれている班で地域活性化について考えました。
 昨日の活動をふり返り、今日からどう行動に移していくのか、栃尾地域に対して自分たちは何が出来るのかをそれぞれ考えを深めました。

200209tochio_1.jpg

 午後からは、裸押し合い祭りに向けて会場設営を行いました。栃尾地域の方と協力し、男子は巣守神社の会場設営、女子は祭りののぼり旗を組み立て、道路に設置する作業を中心に行いました。

200209tochio_2.jpg

200209tochio_3.jpg

 また、祭りの運営委員会より、栃尾地域や祭りの歴史についてお話していただきました。勉強会で学んだ内容以外のことをたくさん聞くことができ、栃尾の知識が深まりました。

200209tochio_4.jpg

 そして、19時から裸押し合い祭りが開催されました。「押ッセ!押ッセ!サンヨ!サンヨ!」の掛け声で男子学生は全力で裸をぶつけ合い、祭りを全身から盛り上げようと勇ましい姿が見られました。女子学生は特設ブースを開いたり、甘酒を配布したりなど、祭りに来た人を楽しませていました。

200209tochio_5.jpg

 明日はこの活動の最終日です。
 気を引き締め、最後まで活動に取り組んでいきます。
新潟県関川村大石どもんこまつり2020活性化活動が始まりました(2月8日) [2020年02月09日(Sun)]

 2月8日、新潟県関川村大石集落にて、翌日に催される「大石どもんこまつり」に向けてIVUSA学生、事務局合わせて51人が開催準備を始めました。

 朝8時半頃、祭りの主催者である「大石・山と川に親しむ会」の皆さんと合流しました。
 この日は9時から16時にかけて翌日の準備作業をしました。また、13時には、レストハウス大石にて到着セレモニーを行いました。

 到着セレモニーでは、恒例となっている、学生たちの「ただいま戻って参りました」の声に対しての、村民の方々からの「おかえりなさい」の声で迎えていただきました。

200208sekikawa_1.jpg

 イベント準備では、今回の目玉である巨大賽の神づくり、企画会場準備、調理場手伝いなどをしました。
 本年は暖冬で、村民も経験したことがないほどに少ない状態です。昨夜からの雪で多少はつもりましたが、1ヶ月ほど前から、雪がない場合のイベント内容を村の方々と考えてきており、今回のどもんこまつりは例年とは違った内容となっています。
 “どもんこ”とはかまくらのことを指し、例年、全長5mにものぼる巨大などもんこが目玉となっています。今回は雪がないため、巨大な“賽の神”=どんど焼きを目玉とし、実施します。

200208sekikawa_3.jpg

 また、学生の発案で昨夜から降り積もった雪で小さなどもんこもつくることとし、来場者の方が「邪魔者の雪を楽しむ」場となればと準備しました。

 皆一様に、様々な人との交流を楽しみつつ、真剣に当日に向けて意識を向けながら作業を行っていました。

200208sekikawa_2.jpg

 そして、夕方には、14人の学生が「せきかわぐらし体験」と称した試行民泊体験のため、村民の方々のお宅に宿泊させていただくために、各お宅に向かいました。
 初めて関川に来た学生も村民の方々の温かさに触れ、皆笑顔で夜を過ごしました。

200208sekikawa_4.jpg

#どもんこまつり
#地域活性化
#IVUSA
#ボランティア
#関川村
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml