CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


防災サバイバル体験2019(東京白山クラブ) [2019年12月30日(Mon)]
 11月30日から12月1日の2日間にかけて、東洋大学にて「東洋防災サバイバル体験2019」が行われ、IVUSA学生9人が参加しました。

 2019年は台風・大雨による災害が多い一年でした。
 中でも、10月中旬ごろの台風では、多くの公共交通機関が計画運休を発表し、大手スーパーなども営業を取りやめるなどの対策がなされました。

 しかし、事前予想が可能な台風・大雨災害とは異なり、地震災害はいつやってくるかわからないという点で対策の難しさがあります。
 この体験型プログラムは、実際に首都直下地震が発生し、交通機関がストップしたという状況を想定し、大学構内に留まり震災直後の状況を追体験することで、実際の場面でどんな行動をするか、その時に向けてどのような備えをすべきか、ということについて学びました。

 1日目は、社会福祉士で災害支援・防災教育コーディネーターの宮崎賢哉さんから、2011年3月11 日の東日本大震災の時の都内の状況、また実際の対応などを教えていただきました。
 また宿泊体験では、非常食での夕食作りや簡易トイレ作り、就寝スペース作りなどを行いました。

191130-1201hakusan_1.jpg

 2日目は、IVUSAが主体となり防災クイズラリーや避難所運営ゲーム(HUG)を行いました。
防災クイズラリーでは、防災に役立つ情報を自分たちで整理しつつ、今後実際に起こる可能性が高い首都直下型地震に備えるクイズをグループで協力し合いながら答えを導いていきました。
 またHUGでは、東洋大学の近くにある指ヶ谷小学校をモデルに見立て、避難 所に来る様々な人たちの問題を視野に入れつつ区分けをするというゲームをし、後ほど工夫した点を発表し合い考えを共有しました。

191130-1201hakusan_2.jpg

 今回の活動に携わった全ての方々に感謝いたします。ご協力、本当にありがとうございました。実際に学校で被災したらどのような行動をするかを考え課題をたくさん発見しました。これからも身近なところから災害について考えていきたいと思います。(東洋大学1年 渡辺 航)
図書館ボランティア(東京白山クラブ) [2019年12月30日(Mon)]
 12月22日に千石図書館にて東京白山クラブのクラブ事業である図書館ボランティアを行いました。今回は20名の子どもたちにペープサートを使った読み聞かせ2冊と工作活動をさせていただきました。約30分の間、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 はじめに、ペープサートを使った読み聞かせを2冊させていただきました。1冊目の絵本は、「マフィンおばさんのぱんや」です。お話が始まる前に好きなパンを聞くと子どもたちは自分の好きなパンを元気いっぱいにこたえてくれました。
 そして、お話の中に出てくるパンはどんなパンなんだろうとわくわくしながら聞いてくれました。

 2冊目の絵本はこの時期にぴったりな、自分の頭を探す雪だるまのお話「雪だるまの頭」です。いつもとは違う大きな紙で作った背景に雪だるまの下の部分だけの背景に最後のシーンで雪だるまの頭が乗っかり完成すると子供たちは雪だるまができたと大喜びでした。

191222hakusan_1.jpg

 続いて、工作活動をしました。

 今回は、雪だるまに関する絵本を読み聞かせしたので、雪だるまの折り紙にお絵かきをしました。目、鼻、口を書いて顔を作るだけでなく、マフラー、手袋を書いたり、帽子にかわいい柄をつけたり一人ひとり工夫しながら取り組んでいました。

 今回が今年最後の図書館ボランティアだったので、子どもたちにははさみで切ると雪の結晶ができるように折った折り紙をプレゼントしました。子どもたちは工作とプレゼントを喜んで持ち帰っていってくれました。

191222hakusan_2.jpg

 2020年もたくさんの子どもたちに参加してもらい、たくさんの本に触れてもらいたいです。(東洋大学2年 西村 知恵)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml