CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風19号災害救援活動(11月30日) [2019年11月30日(Sat)]
 今日から、日本体育大学、東北大学の学生らとともに活動を開始しました。

 今日は、午後に本隊が丸森町に到着し、前もって活動をしていた学生らと合わせて計120名で活動しました。参加者の内訳は、学生57名、OB・OG10名、事務局員2名、日本体育大学の学生45名と引率の教授1名、東北大学の学生5名です。

 本隊到着後は、5地区に分かれ8つのお宅で作業を行わせていただきました。また、ボランティアセンターにて一般社団法人OPEN JAPANが行う炊き出しの手伝いもさせていただきました。

 竹谷地区では、場所によっては1.5〜2mほど浸水した跡があるお宅もありました。これまでは自宅の2階に住みながら泥出しなどの片付けを行なっていた方々もいらしたそうですが、現在は仮設住宅やアパートに住まわれている方も多くいらっしゃるそうです。

 竹谷地区で生活されている方は、「12月になると雪も降り始め、1階が住めない状態になってしまっている今、住み続けるのは難しい。近々アパートへ移ろうと考えている」とおっしゃっており、復旧作業を進めていても、一時的に他所へ移らなければならない現状が垣間見えました。

191130marumori_1.jpg

191130marumori_2.jpg

 今日入らせていただいたお宅では、床下の泥かきや消毒、浸水してしまった壁剥がしや災害廃棄物の搬出作業を行いました。床下に溜まった泥は時間が経過しているため乾いていましたが、堆積した量が多く、また床下の狭い場所での作業だったため、泥のかき出しに苦労しました。

191130marumori_3.jpg

191130marumori_4.jpg

191130marumori_5.jpg

191130marumori_6.jpg

191130marumori_7.jpg

 また、稲葉地区で作業を行わせていただいた際には、お宅の方とも色々なお話をすることができました。会話の中で、「今日のうちに予定している作業が完了すれば、明日は休めるかな」といったことも話されており、そのお気持ちに応えるため、みな声を掛け合いながら効率よく作業に取り組みました。
 結果として、そのお宅で予定していた作業は完了することができました。

 また、同じ方から「若い子たちの明るさはやっぱいいなあ。みんなキラキラして見える」とも仰っていただきました。私たち学生の姿によって、少しでも元気を届けられたと思うと、私たちとしても活動を行なっている意義を感じられる出来事でした。

 活動後には、今回宿舎として使わせていただいている宮城県山元町にある普門寺にて、夕食を済ましました。
 一日の最後に、普門寺の住職から、「若い学生が来るだけでパワーがあるし、被災された方々に元気を与えられる。自分たちのその武器を活かし、明日も頑張ってほしい」とお話をいただきました。

191130marumori_8.jpg

 明日は、今日させていただいた作業を引き続き行います。一軒でも多くのお宅で作業を完了させられるよう、短い時間ではありますが集中して取り組んでいきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
スポGOMI in 芝川第一調節池(埼玉越谷クラブ) [2019年11月30日(Sat)]
 11月17日に埼玉県さいたま市緑区にある芝川第一調節池にて東京大塚クラブ・埼玉越谷クラブの学生、芝川第一調節池環境管理パートナーズ様、株式会社日水コン様、近隣に住んでいる親子連れの方を含め計31名で、スポGOMI大会と勉強会を実施しました。

 スポGOMI大会とは、従来型のごみ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。予め定められたエリアで、制限時間内に、拾ったゴミの種類、量によって点数をつけてチームで点数を競います。

 まず午前中にスポGOMI大会を実施しました。一チーム3〜4人の6つのチームに分かれて、拾ったゴミの重量を競い合いました。はじめにチームで顔合わせをして、そのあとにチームごとに作戦を練りました。作戦を練った上で、スポGOMI大会を開始しました。

 どのチームも、対抗心を燃やしながら一生懸命ゴミを拾っていました。芝川第一調節池にあるみちくさ道路を競技場所とし、1時間清掃をしました。競技後にそれぞれが拾ったゴミを計量しました。どのチームも、たくさんゴミを拾っていて僅差な結果になりました。ゴミ拾いを点数化することで、自分たちがここまで拾えたという達成感を感じることができました。

191117koshigaya_1.jpg

 計量後、みんなで一緒にお昼ご飯を食べました。チーム内はもちろん、チームを超え参加者全員と交流をすることができました。

 午後は見沼自然の家にて勉強会を実施しました。勉強会では、IVUSAの説明、芝川第一調節池に関するクイズ、3Rすごろくを行いました。
 3Rすごろくでは、マスを作成する際、リデュース・リユーズ・リサイクルの行動を自分たちで考えることで、身近にあるごみの減量や再資源化について考えるきっかけになりました。勉強会の後、スポGOMI大会と3Rすごろくの点数を合わせた結果発表をし、一位のチームには景品が贈呈されました。

 結果発表の後、今回一緒に運営をした環境パートナーズ様と株式会社日水コン様からお話をいただきました。そこでは、芝川第一調節池の役割と池周辺にある環境について話していただきました。ある学生は、「芝川第一調節池のために私たち学生ができることはまだまだたくさんあると感じた」と話していました

191117koshigaya_2.jpg

 ゼロから作り上げた地域事業でしたが、地域の人を巻き込みながら無事に実施でき、芝川第一調節池の認知度を上げる第一歩になったのではないでしょうか。今回の経験を活かし、今後の芝川第一調節池企画もより良いものへと繋げていきます。(埼玉県立大学2年 吉川 優里奈)
令和元年台風19号災害救援活動(11月29日) [2019年11月30日(Sat)]
 先週に引き続き、本日から学生5名、事務局員2名で宮城県伊具郡丸森町にて作業を実施しています。

 IVUSAの東日本大震災復興支援活動の活動拠点でもある宮城県亘理郡山元町の隣が丸森町であり、お世話になっている住職さんから、「IVUSAも是非一緒に丸森で活動してくれないか」とのお声があり現地入りをすることになりました。

191129marumori_1.jpg

191129marumori_2.jpg

 1日目は2日目の現場の調整と、一軒のお宅に入り作業をしました。丸森町は全壊や一階部分の浸水による家屋の被害が多く目立ち、未だに多くの支援を必要としている人々がいるのが現状です。

 今日入らせて頂いたお宅では、床板をあげたり、壁や家具などを汚さないようビニールで保護する作業などを行いました。明日は床下の泥のかき出しや、消毒などを行う予定です。

191129marumori_5.jpg

 明日は本隊と合流し、IVUSAの学生 61人、事務局3人、OB・OG13人、日本体育大学の学生47人、日本体育大学の先生1人、計125人で活動します。今回一緒に活動する日本体育大学は、IVUSAの理事と救命医療学科の先生の繋がりがあり、共に活動するきっかけとなりました。

191129marumori_3.jpg

 ボランティアセンターを運営しているオープンジャパンさんからは、「丸森に元気をたくさん置いていってほしい」と激励のお言葉をいただきました。

191129marumori_4.jpg

 明日は125人の力を合わせて、より一層元気を出して作業に望みたいと思います。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施ししています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml