CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風19号災害救援活動(11月10日) [2019年11月10日(Sun)]
 学生61名、事務局員2名、OB・OG4名の計67名で、昨日に引き続き、長野県長野市津野地区にて作業を実施しています。

 作業開始前に円陣を組み、各現場に分かれて作業を開始しました。

191110nagano_1.jpg

 本日は、りんご農園を営む2軒のお宅にて、園内に流れ着いた災害廃棄物の撤去、りんごの木の根本付近の泥かき作業をさせていただきました。園内には多くの泥が入り込んでおり、木の根本を覆った泥を放置していると木の腐食につながります。来年以降栽培できるよう、根周りの土砂を掻き出し消毒を行える準備をしました。

191110nagano_2.jpg

191110nagano_3.jpg
 
 また、被災した住宅でも作業させていただき、床下の泥出しを行いました。

191110nagano_4.jpg

191110nagano_5.jpg

 作業に入らせていただいたお宅では、予定していた範囲の作業を完了することができました。

191110nagano_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しました。
新潟県長岡市子ども隊双葉寮が始まりました(11月9日) [2019年11月10日(Sun)]
 今日から2日間、新潟県長岡市の児童養護施設「双葉寮」にて子ども隊の活動が始まり、学生35名と事務局員1名が参加します。「双葉寮」で生活をする子どもたちと学生が遊び、今回の隊では愛に溢れた時間を過ごすことで学生、子ども共に自己肯定感を上げることを目標に活動します。

 前日に東京を出発したマイクロバスが無事現地に到着しました。朝食後に、子どもたちにとってかけがえのない時間を作るためには何をするべきかなどを考え、意見を交換しました。

191109tochio_1.jpg

 午後から子どもたちと合流し、始まりの会で学生と子どもの顔合わせを行いました。その後、夜に行うハロウィンパーティーの仮装用衣装を一緒に装飾しました。

191109tochio_2.jpg

 フリータイムでは子どもたちのパワーに学生たちが圧倒されつつも、負けじと共に走り遊ぶ姿が見られ、お互いがこの日を楽しみにしていた様子を感じられました。

191109tochio_3.jpg

 夕食後、作成した衣装を使ってハロウィンパーティーが開催され、班ごとに思い思いに作った仮装で写真撮影をしました。お菓子のサプライズもあり、企画は盛り上がりました。

191109tochio_4.jpg

 子どもたちが就寝した後、施設で暮らす子どもたちを取り巻く環境や現状について、双葉寮の職員の方からお話がありました。

 最後に班ミーティングを行い、本日の活動のふり返り、明日から何ができるのか学生で意見を交わしました。

191109tochio_5.jpg

 明日は最終日です。1日目の活動を踏まえ、子どもたちとかけがいのない時間を作ります!
静岡県西伊豆町ソーシャルビジネス・ヤーコンの里事業11月隊が始まりました(11月9日) [2019年11月10日(Sun)]
 11月8日から10日の活動に学生19名と事務局員1名が参加しました。

 この活動は、ソーシャルビジネスの事業モデルとして年間を通して取り組んでいるものです。宇久須地区の2箇所の休耕田をお借りして、クールベジタブル農法によるヤーコン、里芋、落花生の栽培をしています。

 8日夜20時に宮坂事務所を出発し、西伊豆町に24時頃到着しました。

 9日は、緑の地球ネットワークGENの藤原國雄さん、宇久須まちづくり協議会の浅賀和美さん、西伊豆町役場の山本良幸さんと一緒に、里芋と落花生の収穫をしました。

 里芋と落花生は今年度初めて作物に加えたもので、ヤーコンよりも栽培に苦労してきましたが、無事に収穫を迎えて学生たちは安堵の表情でした。

191109nishiizu_1.jpg

191109nishiizu_2.jpg

191109nishiizu_3.jpg

 また、浅賀さんが茹でた落花生を差し入れてくださり、その美味しさに感動しました。

191109nishiizu_4.jpg

 翌日の町内イベント「夕陽のまち西伊豆町ふるさとまつり」で提供するために、午後からは里芋と落花生を洗いました。
 木の棒でかき混ぜる芋洗いは思いのほか重労働で、「農家さんの苦労を体感した」と話す学生も見られました。

191109nishiizu_5.jpg

191109nishiizu_6.jpg

 さらにヤーコン畑では2月に肥料として撒く炭づくりや枯れた枝を切り落とす作業などをしました。
 2月にヤーコンを植えた学生は、台風の影響で一部が枯れてしまった光景を見て落胆していましたが、残りの苗に希望を持って手入れし、2月の収穫に思いを馳せました。

191109nishiizu_7.jpg

 明日は、「ふるさとまつり」で、ブースを出します。
 私たちの取り組みを発信し、ネットワークの拡大を目指します。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml