CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風15号災害救援活動 館山市(9月21日) [2019年09月22日(Sun)]

 館山市では学生50名、事務局2名で活動しました。内容としてニーズ調査、瓦礫の撤去や畳の撤収作業、集積所のゴミの分別などをメインに取り組みました。

 終日4つの現場に分かれ作業をしました。ニーズ調査では、屋根のブルーシート貼りなどの学生では出来ない部分のニーズも多かったですが、学生は学生ができる瓦礫の撤去などの最大限の事をしました。

 畳の撤収作業では、現地の方のお宅に訪問し、屋内の畳を剥がしブルーシートを敷く作業をしました。
 ご年配の方がひとりで暮らしておりマンパワーが足らない状況であり、私たち学生の力を十分に発揮する事ができました。
 作業後には「ありがとう」「本当に助かりました」と声をかけて頂き、私たち学生が行く意味を改めて実感しました。

190921tateyama_1.jpg

190921tateyama_2.jpg

190921tateyama_3.jpg

 瓦礫の撤去では、声を掛け合いながら多くの瓦礫を撤去することができました。

190921tateyama_4.jpg

 ゴミの集積所では、台風の影響で出た多くの家財やゴミを分別しました。

190921tateyama_5.jpg

 今回の災害救援では3日間合計で300人以上の学生が活動に参加し、学生からは「作業は非常に大変だが、住民から多くのお礼の言葉を頂き自分たちが学生が現地へ行く意味が改めて分かった」「300人以上が参加するこの活動で学生のマンパワーそして多くの学生を活かし最大限の事を現地の方のためにしていきたい」などの声もありました。
 明日からも引き続き、現地のために自分たち学生が何が出来るかを考え、精一杯活動していきたいと思います。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風15号災害救援活動 鋸南町(9月21日) [2019年09月22日(Sun)]

 千葉県鋸南町では、学生207名、OB・OG18名、事務局員4名で活動しました。

 千葉県鋸南町は、電気は次第に復旧してきましたがまだ断水が続いている地域もあり、多くのニーズがある状態です。

 9時30分に現地に到着すると、各現場に分かれて活動を開始しました。

 鋸南小学校では、届けられた物資の仕分けや積み込みを行いました。体育館には多くの物資が運ばれており、種類ごとに分けられています。近くの保育園の先生や一般の方も協力してくれ、中学校に運びました。

190921kyonan_1.jpg

 また町内各地では、ボランティアに来られた方々の車の誘導を行いました。若い人からお年寄りまで、たくさんの方が現地にボランティアとして来ています。スムーズに活動ができるよう、連携を取り合って案内しました。

190921kyonan_2.jpg

 午後からは、お宅に訪問し家財の運び出しや掃除、町内を歩きニーズ調査などを行いました。
 町内を歩いていると町の方から「ご苦労様」「ありがとうね」と声をかけていただくことが多く、私たちも身が引き締まる思いで活動に臨みました。

 訪問したお宅は天井が剥がれていたり柱や床壁が雨に濡れてしまっている状態で、カビの繁殖を防ぐために清掃を行いました。家の中にあった机や荷物を外に運び出した後、掃き掃除と水拭きをしました。天井にカビが繁殖していたため、脚立に乗って隅々まで清掃しました。

190921kyonan_3.jpg

 本日の各現場での活動を終え、この活動のリーダーである高橋龍介(法政大学4年)より「現地の方々の笑顔と元気に繋がる活動になったと思う」と挨拶がありました。

190921kyonan_4.jpg

 本日のみの活動であった学生はバスに乗って新宿駅へ向かい、明日も活動する学生は現地に宿泊し明日も活動を行います。
 少しでも多くの救援活動ができるよう、明日も精一杯取り組みます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml