CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


沖縄県戦没者遺骨収集活動2019(2月20日) [2019年02月21日(Thu)]
 活動2日目の本日はあいにくの曇り空でした。本日は資料館見学と、現場見学を行いました。

190220okinawa_1.jpg

 最初に資料館見学を行いました。3つのグループに分かれて、糸数アブチラガマ、旧海軍司令部壕、ひめゆりの塔を巡りました。

 学生たちは当時の状況を想像して、感じたことを忘れてしまわぬよう、ノートに書き記していました。

 事前に行われた2回の勉強会で得た知識に加えて、実際にガマや壕に入り当時の状況に想いを馳せ、貴重な経験をすることができました。

190220okinawa_2.jpg

 資料館見学の後、現場研修に向かいました。実際の現場での道具の使い方の再確認や、現場でのリスク想定を行い、明日からの作業に向けて意見交換を行う学生の表情はとても真剣でした。

190220okinawa_3.jpg

 その後、宿泊施設に戻り、戦中に現場付近に住んでいた、仲西冨士子さんのお話を聞きました。
 講話を聞いた学生は、「実際に戦争を経験した方の貴重なお話を聞くことができた。明日からの活動をより真摯に取り組むことができると思う」と話しました。

 明日から遺骨収集活動が始まります。それぞれの学生が、実際に現地に来て感じたことをふり返り、改めて、どんな思いで活動に取り組むのか考えて、明日に備えます。
第12次インド生活支援活動(2月20日) [2019年02月21日(Thu)]
 7日目の今日は、昨日と同様に3グループに分かれ、ろ過装置の設置作業を行ないました。一日を通して、6つのろ過装置を設置しました。

190220india_1.jpg

 午前の活動場所の一つであるAMRITA VIDYALAM PATHANAMTHITTAでの作業では、そこへ通う学生も作業を手伝ってくれる場面もありました。

190220india_2.jpg

 午後には、作業を行なった村にインドの国内メディアのアムリタTVがJivamritamプロジェクトの取材に訪れました。その際、今回の活動のリーダーである下道寛人(法政大学4年)もインタビューを受け、「このプロジェクトへの参加を通して、水問題の深刻さやろ過装置を設置することの重要性を改めて感じた。実際にろ過装置の設置をすることで、多くの人の命を救うことにつながるということに大きなやりがいや意味を感じる」と話しました。

190220india_3.jpg

 また、私たちが作業をしていた際に、村の人々が、私たちが用意した衛生教育の資料を自ら手に取り、眺める姿も見受けられました。

190220india_4.jpg

 作業後に行なった衛生教育では、村に暮らすお年寄りから子どもまでたくさんの人が集まり、興味を持って私たちの話を聞いている様子でした。

190220india_5.jpg

 活動も折り返しを迎えましたが、引き続き集中して活動に取り組んでいきます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml