CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


第16回印旛沼流域環境・体験フェア〜まるごといんばぬま〜に参加しました(10月28日) [2018年10月29日(Mon)]
 10月28日、千葉県佐倉市佐倉市ふるさと広場向かい側にて第16回印旛沼流域環境・体験フェアが開催されました。
 このフェアは多くの方々に参加いただけるイベントとして、印旛沼の持つ魅力を発信し、流域住民・県民に対して、印旛沼への関心を深めるとともに、印旛沼の水循環再生への機運を高めることを目的としています。

 28日はIVUSA学生9名が参加しました。私たちが担当したのは、「印旛沼クリーン大作戦」の展示とお芋の販売、ナガエツルノゲイトウを染料にして染物を行う「ナガエ染め」のお手伝い、Eボートの乗船お手伝いの三つでした。
 会場に着き次第、三つのグループに分かれ、作業を開始しました。

181028inbanuma_1.jpg

 Eボートの乗船お手伝いでは、受付やボートの先導のお手伝いをしました。ボート乗船2回目で先導権を持たせていただき、印旛沼の景色を楽しみにながら、ボートを先導をしました。

181028inbanuma_2.jpg

 ナガエ染めのお手伝いでは、ナガエツルノゲイトウの葉っぱを摘むところから手伝いました。染める工程も教えていただき、一緒に染物を楽しめました。二回に分けて染物体験を開催し、子どもから大人までたくさんの方々が来てくださいました。

181028inbanuma_3.jpg

 IVUSAの展示ブースでは、興味を示してくれた来場者の方々に活動の説明をしたり、クイズに答えていただきました。千葉県のマスコットキャラクターであるチーバくんを自由を書けるコーナーでは、たくさんの個性豊かなチーバくんが誕生しました。

181028inbanuma_4.jpg

 フェアでは、お手伝いだけではなくブースを回って印旛沼を知りながら、楽しみました。調理されたナガエツルノゲイトウや、カミツキガメのスープも食べることができました。とても美味しかったです。

181028inbanuma_5.jpg

 この二日間で、印旛沼をより知ることができ地域と一体になって印旛沼の未来について考えることができました。2018年度の印旛沼は今回が最後になりますが、来年度も積極的に関わっていきます。

181028inbanuma_6.jpg
大阪茨木クラブが実施した第2次コウノトリ野生復帰活動の様子が9月21日付の神戸新聞で紹介されました [2018年10月29日(Mon)]
180921kobenp.jpg
琵琶湖淀川水系ハロウィン清掃大作戦〜trick or clean〜 [2018年10月29日(Mon)]
 10月28日、淀川河川公園島本地区から、近畿地区整備局淀川工事事務所山崎出張所までの間を、IVUSAの学生60名と事務局3名が仮装して清掃しました。

 午後12時半から、作業の進め方や活動スケジュールについて、それぞれ担当の学生から説明がありました。

181028clean_1.jpg

181028clean_2.jpg

 その後、2つのグループに分かれて清掃活動を開始しました。
 学生たちは、それぞれ思い思いの仮装をしながら作業を進めていきました。
 作業するにあたり、一列になってもれなくゴミを拾うなど工夫も忘れません。

181028clean_3.jpg

181028clean_4.jpg

 活動は15時に終了し、本活動のリーダーの岩谷亮佑(関西大学4年)からの挨拶や、本活動でどれだけのゴミが回収できたかの成果報告をしました。

181028clean_5.jpg

181028clean_6.jpg

181028clean_7.jpg

 学生たちは、ゴミ拾いを仮装しながらするという親しみやすい形のボランティアを楽しみました。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml