CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


備前焼まつりのお手伝いをしました(10月21日) [2018年10月22日(Mon)]
 10月20日から21日にかけて、岡山県備前市にて開催される備前焼まつりに2日間、合わせて学生10名が参加させていただきました。

 2日目の本日は、昨日に引き続き、日本遺産である閑谷学校と伊部町の2グループに分かれて、備前焼まつりとCeramic Art Bizen in Shizutaniというアートイベントの運営補助をしました。

181021bizen_1.jpg

181021bizen_2.jpg

181021bizen_3.jpg

 朝から肌寒い陽気が続きましたが、昼頃から雲1つない青空が広がり午後からは来られるお客様も徐々に増えていき、一層賑わいが増していました。

 地元の方々だけでなく、備前焼のファンになり各地から毎年何度も足を運ばれている方も多く、備前焼の魅力が少しずつ全国に広がっている様子が感じられました。

181021bizen_4.jpg

181021bizen_5.jpg

 午後のお手伝いも無事に終了し、参加した学生はお土産の備前焼や日生みかんを持って無事に帰路につきました。

 今回は初めての参加ということで、備前焼の魅力を感じるとともに、おまつりの雰囲気を楽しみながら活動しました。
活動を通して、今の備前市やこれからの備前市のことについて考えることができました。

181021bizen_6.jpg

181021bizen_7.jpg

また、お客様、運営をされている方、作家さんとのお話の機会から、備前焼について新たに学ぶことが多くありました。

181021bizen_8.jpg

イベント終了後には、運営側の方から「次はIVUSAとこんなことをしてみたい。また備前市に遊びに来てね」とお声をかけていただきました。

この2日間の経験から考えたことや学んだことをしっかり深め、今後の活動に活かしていきます。
備前焼まつりのお手伝いをしてます(10月20日) [2018年10月22日(Mon)]
 10月20日から21日にかけて、岡山県備前市にて開催される備前焼まつりに2日間合わせて学生10名が参加させていただきます。

 備前焼とは、日本六古窯の一つであり、釉薬を一切使わず、独特な焼き方によって生まれた赤みの強い味わいが特徴的です。一点として同じ形や模様がなく、土味がよく表れる焼き物です。

 その備前焼の魅力を発信するため、そして新たな可能性を見出すことを目的に年に一度、備前焼まつりが開催されています。

181020bizen_1.jpg

 同日開催で、日本遺産である旧閑谷学校にて、備前焼を用いて、国内外のアーティストが作品の展示、販売、ワークショップなどのアートイベント Ceramic Art Bizen in Shizutaniがあります。

181020bizen_2.jpg

181020bizen_3.jpg

 1日目の本日は、日本遺産である閑谷学校と伊部町の2グループに分かれて、計9名で備前焼まつりとCeramic Art Bizen in Shizutaniというアートイベントの運営補助をしました。

 閑谷学校のグループでは、お客さんの案内や販売のお手伝いを、もう一グループでは、備前焼の販売や展示のお手伝いをしました。

181020bizen_4.jpg

181020bizen_5.jpg

 運営のお手伝いの中で、お客様や作家さんの方々とのお話しを通して、備前焼の知識を新しく学び、備前焼の魅力にも改めて触れることができました。

 夜には、宿泊施設である岡山県青少年教育センター閑谷学校で、備前焼まつりやCeramic Art Bizen in Shizutaniの主催者の方々とイベントに関わった方々との交流会が行われました。

181020bizen_6.jpg

 また、交流会後は、学生間でそれぞれが考えたことを明日に活かすために共有し合いました。

 最終日の明日は、メンバーを入れ替えて活動を行い、地元の方によそ者の視点から発信できる策を模索していきます。
竹林整備活動@こどもの国(10月21日) [2018年10月22日(Mon)]
 神奈川県横浜市にある「こどもの国」は100ヘクタールほどの広大な児童厚生施設です。多摩丘陵の自然を生かした施設で牧場などもあります。この広大な敷地の整備は数名のスタッフで行っており、下草刈や、間伐、遊歩道の修復といった森林整備が大きな負担となっています。
 園内整備のお手伝いをすることによって来園する子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。

 10月21日の活動は、14名で活動しました。活動に参加経験のある学生が沢山いたため、現場経験者が初心者を指導し、スムーズに作業することができました。

181021chikurin_1.jpg

 午前中は、傾いている危険な竹を切りました。
 人数に対して活動現場が広かったため、班毎に広範囲に散らばって作業しました。
 その後、切り倒した竹を3メートル間隔に切り、枝打ち処理を行いました。

181021chikurin_2.jpg

 午後は、先日の台風の影響により、折れたり散乱してしまった竹林の修正作業を行いました。折れてしまった竹や、倒れそうな木を伐採し、竹林の足場を安全な状態にしました。新しい試みでしたが、経験を活かしてコミュニケーションを取りながら協力して作業することができました。

181021chikurin_3.jpg

 本日は、こどもの国の方々のニーズから、竹林の安全確保をすることが出来ました。また、本日は怪我人を出すことなく、終えることをできました。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml