CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


第5次フィリピン減災・環境保全活動(9月3日) [2018年09月04日(Tue)]
 今日はラオ―で活動する最後の日です。
 朝6時半に集合して恒例の朝のエクササイズをし、その後カウンターパートのKADREの方が作ってくれた朝食を食べました。

 朝食後はピナグバヤナン地区の小学校に移動し、防災ワークショップを行いました。60人を超える子どもたちが参加してくれました。

180903philippines_1.jpg

 最初に、誕生日月ごとに並ぶゲームと人間知恵の輪をアイスブレイクとして行いました。子どもたちは英語が分からず、私たちはフィリピンの言葉であるタガログ語が分かりません。
 しかし、ゲームを通して通じ合うことができました。

 スナックタイムには、子どもたちと一緒に折り紙をしました。言葉が通じない分教えるのは難しかったのですが、鶴や紙飛行機などを作ることができました。

180903philippines_2.jpg

 スナックタイムの後は地震、家事、洪水の時の対処法をジェスチャーゲームを通して学ぶゲームをしました。簡単な体を使うゲームだったので、楽しみながら防災についての知識を学ぶことができました。

180903philippines_3.jpg

 そして最後に、ポスターに災害に強い地域にするために必要なことを書き込んでいきました。

180903philippines_4.jpg

 小学校企画の後はKADREの集会所に戻り、自分の考えや疑問を共有するふり返りをしました。
 小学校企画を終えて、それぞれの反省点や疑問を共有することで自分の考えをより深めると共に新たな視点に気づくことができました。

180903philippines_5.jpg

 その後解散し、ホームステイ先の家に帰ったり、KADREのお母さんたちの料理の準備を手伝ったりとそれぞれフリータイムを過ごしました。

 夕方にまた集合し、お別れパーティの「ソリダリティーナイト」の準備をしました。その中で日本の踊りの練習や、フィリピンの踊りの練習をしました。それぞれの文化を知り、楽しんで踊りました。

 その後夕食を食べてからソリダリティナイトが開催されました。それぞれの団体の代表が一人ずつ挨拶をし、5日間をふり返るムービーを見た後、ダンスをしながら地元の方、カウンターパートのBINHI、KADRE、そしてIVUSAと交流し、ラオー市での最後の夜を充実したものにすることができました。
 地元のバランガイの長や教会の神父さんにも来ていただきました。

180903philippines_6.jpg

 明日は朝に考えを共有するシェアタイムをした後、バスに乗ってマニラへ向かいます。BINHIの学生と過ごす最後の時となるので残された時間を充実した時間にしていきます。

 今回の活動は、株式会社ビジョンよりグローバルWi-fiをレンタルさせていただきました。
#グローバルWi-Fi #GOBEYOND
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml