CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


大阪北部地震救援活動(6月20日) [2018年06月20日(Wed)]
 本日も昨日に引き続き、朝9時頃大阪府茨木市福祉文化会館に学生36名と事務局3名が集合し、災害救援活動を開始しました。

 午前中は各グループに分かれ、トラックの誘導や地震の被害にあわれたご家庭での家具の移動を行いました。
 山水温泉では駐輪場の整備を行うとともに、茨木市中央南グランドでは土嚢づくりを実施しました。この土嚢は損壊した屋根にかけたブルーシート上に重りとしてのせるために利用されます。
 学生同士声を掛け合いながら342袋を作り、午前中の活動を終了しました。

S__34922562.jpg

S__34922563.jpg

 お昼ご飯をとり新たに学生5名が加わった後、再びグループに分かれ午後の活動を開始しました。
 茨木市の避難所をまわり、災害ボランティアセンター開設のお知らせのポスターやビラを配ったり、避難された方がどういったことに困っているのか、直接お話を伺いました。

S__34922564.jpg

S__34922565.jpg

 避難所では余震や雨による二次被害を恐れている方、未だに復旧しないガスに不安を募らせている方が多くいらっしゃいました。

 そして午前に引き続き行った土嚢づくりでは、午後は180袋、今日1日で522袋を作りこの日の活動を終了しました。

S__34922566.jpg

 参加した学生からは「実際に被災地へ行くことが重要であり、被災された方のために自分たちができることをしていかなければならない」といった感想もありました。

 明日からの活動に向けて、私たち学生ができることが何なのか一人一人考え、気を引き締めて取り組んでいきます。
大阪北部地震救援活動を開始しました(6月19日) [2018年06月20日(Wed)]
 6月18日午前7時58分ごろ、大阪北部を震源とした最大震度6弱の地震が発生し、高槻市で約4万6,000戸、茨木市で6万4,000戸のガスの供給が停止され、高槻市では南部を中心に大規模な断水が起こっています。

 6月19日、大阪府茨木市にて災害ボランティアセンターが開設されました。そのセンターが設置されている茨木市福祉文化会館に、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の学生4名と事務局3名が向かいました。

 ボランティアセンターでは、@打ち合わせを行うグループ、A二軒のお宅での室内作業をお手伝いするグループの2組に分かれて活動しました。

180619osaka_1.jpg

 一軒目のお宅では、倒れたタンスの移動をお手伝いしました。
 そして二軒目のお宅では、床に散乱した食器・家具の整理や崩れた土壁の清掃、壁に掛けられている大きな額の移動作業を行いました。

180619osaka_2.jpg

180619osaka_3.jpg

 約1時間30分と短い作業時間でしたが、お宅の方からは、「一人では作業がはかどらなかったから、とても助かった」という言葉を頂きました。

 6月20日から、OICの学生たちを中心に救援活動を行う予定です。今後増えてくるニーズに対応できるよう、準備を進めます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml