CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風19号災害救援活動世田谷隊(10月19日) [2019年10月20日(Sun)]
 今日から明日にかけて、学生44名、OB4名、事務局1名で台風19号の被害が大きかった東京都世田谷区野毛、玉堤を拠点に災害救援活動を行っています。

191019setagaya_1.jpg

 今日はヒアリング調査を中心に行い、野毛と玉堤で合わせて15件のお宅のニーズ受付をしました。

191019setagaya_2.jpg

 野毛では2件のお宅に作業に入らせていただき、明日も継続して作業する予定です。
 玉堤では5件のお宅に、家財やガラスの運び出しなどの作業に入らせていただき、4件のお宅の作業を完了しました。1件のお宅には明日も継続して作業に入らせていただきます。

191019setagaya_3.jpg

191019setagaya_4.jpg

 尚、この活動は公益法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動長野隊(10月19日) [2019年10月20日(Sun)]
 先発隊と本隊が合流し、関東学生18名、関西学生42名、OB6名、事務局4名、理事1名が長野市津野で活動しました。

 津野地区は、まだ普段の生活で使用する道路に泥水が溜まっており、家屋には堆積した土砂や、土砂で汚れてしまった家財が残っているお宅が多くあります。

 先に現地に到着した関西の学生は、それぞれ被害を受けたお宅に別れて作業を始めました。土や泥をかぶり使えなくなった家財の運び出しや、家に侵入した土砂のかき出しなどのお手伝いをさせていただきました。

191019nagano_1.jpg

191019nagano_2.jpg

 実際に被害に遭ったお宅を拝見し、住民の方のお話を聞くことで被害の大きさを目の当たりにしました。

 午後は13時頃に関東学生も合流し、引き続き倒木の撤去や床下に堆積したヘドロの除去作業など、計13軒のお宅で作業をさせていただきました。
 帰りには現地の方に「ありがとう、本当に助かった」と声をかけていただきました。

191019nagano_3.jpg

191019nagano_4.jpg

191019nagano_5.jpg

191019nagano_6.jpg

 一日の最後にはディブリーフィングを行い、作業を通して感じたことや考えたことを共有し合いました。また、一日を通しての反省点や改善点も出し合ったので、明日の作業に活かしていきます。

 明日は作業最終日です。
 引き続き住民の方が少しでも早く元の生活に戻れるよう精一杯作業させていただきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風15号災害救援活動(10月19日) [2019年10月19日(Sat)]
 この活動では、先月発生した台風15号により多くの被害を受けた千葉県館山市、鋸南町にて、被災された方が一日でも早く元の生活に戻れるよう、活動を実施しています。
 今日は館山市4名、鋸南町3名の、計7名で活動しました。

 館山市では主に倉庫の解体を行いました。
 この倉庫は台風の際、竜巻のような突風によりほぼ全壊常態になってしまったといいます。
 途中まで現地の方が解体作業をしてある状態の倉庫を、最後の鉄筋コンクリートが見えるところまで解体することができました。

191019chiba_1.jpg

191019chiba_2 .jpg

鋸南町では、家財の運び出し・運搬や庭に散らばってしまったブロック塀の撤去、また土嚢作りなどを行いました。

191019chiba_3.jpg

191019chiba_4.jpg

 運搬やブロック塀の撤去は完遂出来たものの、使えなくなってしまったエアコンや室外機の処理を私たちでは手をつけられず、災害ゴミの処理の難しさを改めて実感しました。

台風15号による被害がまだまだ残っている中、台風19号の発生により被害が拡大しています。
 明日も私たちにできることを全力で取り組んでいきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施してます。
令和元年台風19号災害救援活動(10月18日) [2019年10月18日(Fri)]
 関東、関西の先発隊が長野市、飯山市で本隊受け入れの準備をしながら、何軒かのお宅で作業をさせていただきましまた。

 飯山市では本日、理事1名、事務局2名、学生2名、卒業生1名の6名で、朝から被害の大きかった市内の上町地区で、普段の活動でお世話になっている方のお宅の倉庫の片付けと薪の洗浄作業のお手伝いをさせていただきました。
 家屋の地下部分にあたる倉庫はほぼ全て水に浸かり、冬場のために備蓄されていた薪は全て泥だらけになっていました。

191018nagano_1.jpg

191018nagano_2.jpg

 長野市では、事務局2名、学生3名で津野地区の1軒のお宅で、家屋内に流入した土砂の搬出を行いました。土砂の量が多く、本日はお庭と玄関にある土砂の搬出のみとなりました。

191018nagano_3.jpg

191018nagano_4.jpg

191018nagano_5.jpg

191018nagano_6.jpg

 明日は本隊学生が関東、関西から約50名が集まります。本日に引き続き2市で活動させていただく予定でしたが、飯山市災害ボランティアセンターは雨天予報のためお休みのため、全員が長野市津野で引き続き作業をさせていただきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動(10月17日) [2019年10月18日(Fri)]
 10月17日の午前8時に東京から学生3名、事務局2名、OB1名が飯山市に向けて出発しました。

191017nagano_1.jpg

 13時頃に飯山市ボランティアセンターに到着し、情報共有や調整をしました。
 その後一軒のお宅に入り、家財の運びだしのお手伝いをしました。

191017nagano_2.jpg

191017nagano_3.jpg

 また、午前11時に大阪から学生2名、事務局2名が長野市に向けて出発しました。
 18時頃に長野市南部災害ボランティアセンター到着し、ボランティアセンターの方に挨拶をしました。

 明日は引き続き土日の本隊受け入れの準備と、ニーズへの対応をします。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風15号災害救援活動(10月8日〜10日) [2019年10月14日(Mon)]
 10月8日から10日まで千葉県館山市で屋根のブルーシート貼りの手元作業の補助を行いました。1日目は学生2名で主に館山市の山間部の地域で活動しました。足場が不安定な現場もありましたが、安全を確保しながら作業しました。

191008-10chiba_1.jpg

191008-10chiba_2.jpg

 2日目は3人、3日目は5人の学生が引き続きブルーシートを止めるための土のう袋を屋根に上げたり、落ちている瓦の撤去を行いました。屋根へのブルーシート張りは現地で一番求められているニーズです。安全に気をつけながら、一軒でも多くのお宅に貼れるように集中して行いました。

191008-10chiba_3.jpg

191008-10chiba_4.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
横浜市金沢区令和元年台風15号災害救援活動2次隊(神奈川白楽クラブ) [2019年10月03日(Thu)]
 9月28日、29日の2日間にかけて神奈川県横浜市金沢区工業団地の災害救援活動の協力をIVUSAの学生10名で行いました。2日間でニーズ調査と大きな被害を受けたリネツ金沢という温泉・プール施設にて土砂の撤去や側溝の泥かきなどの復旧作業をしました。

1909hakuraku2_1.jpg

1909hakuraku2_2.jpg

 ニーズ調査では、被害直後のお話や今の状況について聞くことができました。「機械が全てダメになってしまい、売り上げが全くなくお先真っ暗な状態。支援金がないと本当にやっていけない」「会社をやめようか考えている」など生の声を聞き、自分たちの力のなさにもどかしさを感じました。

 主に施設の外側の復旧作業を行い、土砂の撤去や倒れた木の撤去、側溝の泥かきを2日間にかけて行いました。まだまだ復旧作業が進んでいない状態を目の当たりにし、活動の必要性を改めて実感しました。参加者の皆さんと協力しながら、作業を進めていき、木や土砂を運び出すことができました。

1909hakuraku2_3.jpg

1909hakuraku2_4.jpg

 しかし、人手が足りないこともあり手がつけられていない部分もあり、来週も引き続き行います。
 この活動は、台風15号の影響で臨海部の防波堤が決壊し、甚大な被害を受けた神奈川県横浜市金沢区の工業地帯の災害救援活動です。台風15号金沢区工業団地を救う会主催のもと、神奈川白楽クラブが協力しています。
令和元年度台風15号災害救援活動(9月29日 [2019年09月30日(Mon)]

 午前8時頃より鋸南町、館山市で学生14名事務局1名で活動しました。

 各役場で現在の市町の被害状況や、ボランティアセンターの運営の状況のヒアリングと運営補助を行いました。また鋸南町の方では強風の影響で割れてしまったガラスハウスのガラスを撤去しました。

190929chiba_1.jpg

190929chiba_2.jpg

 破片が細かいものもありますが、一つひとつ丁寧に拾いました。午後は引き続きガラスハウスの作業と南房総市のボランティアセンターで現在の被害状況や、ボランティアの受け入れ状況などをお話しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
横浜市内で令和元年台風15号災害救援活動をしました(神奈川白楽クラブ) [2019年09月27日(Fri)]
 9月8日に発生した台風15号の影響で、神奈川県横浜市金沢区では沿岸部の工業団地が大きな被害を受けました。事務所の浸水や車両・機械の水没などの被害が483カ所にて確認されたそうです。
 9月22日にIVUSAの学生4名で工業団地にて災害ゴミの撤去や事業所の清掃をしました。

190922hakuraku_1.jpg

 午前は、海岸沿いのゴミ拾いのほか、屋根の一部や、工場から出たと思われる産業廃棄物の撤去作業をしました。午後は、被害を受けた事務所の整理や、清掃を行いました。
 海岸沿いでは木が倒れていたり、防波堤が決壊していたりと台風の被害を痛感しました。

190922hakuraku_2.jpg

190922hakuraku_3.JPG

 今後も神奈川白楽クラブとして金沢区の災害ボランティアに積極的に参加していきます。
令和元年台風15号災害救援活動(9月23日) [2019年09月24日(Tue)]
 最終日は、学生60名、事務局2名、OBOG7名の、計69名で活動しました。

 館山市では、ボランティアセンターが雨天強風が予想されたため中止になりました。

 学生たちはそれでも「ボランティアをしたい」と来た方たちの送り出しや、土嚢の作成・運搬などをしました。

190923chiba_1.jpg

 また、瓦礫やゴミが集まってしまっている箇所では撤去や分別をしました。
 地域の方々からは「本当にありがとう、助かりました」と声をかけて頂きました。

190923chiba_2.jpg

190923chiba_3.jpg

 鋸南町では、被害の情報が少ない地域などのヒアリング調査を学生が行いました。
 実務際にお宅にお邪魔し、家財の運び出しや雨漏りでカビがはえないよう除去作業などしました。

 現場では強風で屋根のブルーシートが剥がれたり、土嚢が落ちるなどの、二次的な災害も起きていました。

190923chiba_4.jpg

 お宅に伺うと「腰が痛くて、自分でできなかったから、来てくれて助かる」とお話を頂いたり、できない作業を待っている方も多く、まだ支援が行き届いていない地域があることを再確認しました。

190923chiba_5.jpg

190923chiba_6.jpg

 今日一日を通し、まだ支援が行き届いていない地域や、人手が足りていないところが多く見られました。そのような場所では、私たちがいなくなったあとも、引き続き支援が継続して欲しいと感じました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml