CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風19号災害救援活動(11月2日) [2019年11月03日(Sun)]
 今日は学生10名、事務局員2名、理事1名、OBOG6名の計19名で長野県長野市津野地区にて活動しました。

191102nagano_1.jpg

 9時から作業を開始し、夕方頃まで被害を受けたお宅での泥かき作業をしました。また、日中は大きな作業車を使っての作業が難しいため、日が落ちてからボランティアや行政が協力し、道路脇に集められた土のうを回収しました。

191102nagano_2.jpg

191102nagano_3.jpg

 作業に入らせていただいたお宅の住民の方は、「今回の災害によって多くのりんご園が被害を受けた。これを機に農家を辞める人もいるだろうし、ここからまた再開するにしても長い時間と労力がかかり大変だろう」とお話されていました。

 昼夜の寒暖差が激しく、厳しい環境ではありますが、少しでも早く被災された方々の生活が元通りになるよう集中して明日も作業に取り組んでいきます。

191102nagano_4.jpg
 
 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動長野隊(10月27日) [2019年10月28日(Mon)]
 今日は学生13名、事務局員2名、OBOG4名、OGの友人1名の計20名で長野県長野市津野地区で4つの現場に分かれて活動しました。

191027nagano_1.jpg

191027nagano_2.jpg

 午前中は住民や他のボランティアの方々と協力しながら床下のヘドロ出しのお手伝いや側溝の土砂のかき出しなどの作業を行いました。

191027nagano_3.jpg

 午後からは雨が降りはじめ、悪天候の中ですが最後まで精一杯活動させていただき、無事に活動を終えることができました。

191027nagano_4.jpg

191027nagano_5.jpg

 最後に当協会顧問の黒澤司氏から、「授業や学園祭など忙しいと思うが、またこの地域のためにボランティアに来てください。昨日の夜遅くまでの活動お疲れ様でした」とご挨拶いただきました。

191027nagano_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動八王子隊(10月21日〜27日) [2019年10月27日(Sun)]
 台風19号の被害があった八王子市子浅川周辺地域で、IVUSA学生延べ20名が復旧作業をお手伝いしました。

191027hachi_1.jpg

 泥かきや土嚢積みなど、各ご家庭のニーズは様々ですが、学生と一般ボランティアの方々で協力して作業しました。

191027hachi_2.jpg

191027hachi_3.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動世田谷隊(10月27日) [2019年10月27日(Sun)]
 今日は学生5名、事務局員1名、OB7名の計13名で東京都世田谷区玉堤で二つの現場に分かれて活動しました。

 どちらも床上1.5〜2m近くの床上浸水の分譲マンション。
 改修して、リフォームが必要なお宅の、壁・床剥ぎなどの技術支援を行いました。

181027setagaya_1.jpg

 作業したお宅の方やご友人の職人の方には、「ボランティアさんの姿を見て、今後自分もボランティアをしてみようと思った」「大人数で作業すると元気が出るしはかどるね」とおっしゃっていただきました。

181027setagaya_2.jpg
  ↓
181027setagaya_3.jpg

 参加した学生からは、「壁などのカビもひどく、まだまだ時間と人手が必要だと感じた。一日でも早く日常が戻るよう活動に参加し続けたいと思う」との声がありました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動長野隊(10月26日) [2019年10月27日(Sun)]
 関西の学生10名、事務局員1名、OB1名が台風19号により被害を受けた長野県長野市津野地区で活動しています。
 津野地区では、まだ家屋の中や庭に土砂が溜まっているお宅が多くあります。

191026nagano_1.jpg

 午前中は家屋に入り込んだ土砂のかき出しや、溝に堆積した土砂の除去などの作業を4つの現場に分かれて行いました。

 午後からは関東学生3名、事務局員1名、OB1名も合流し、引き続き土砂の除去をしました。

191026nagano_2.jpg

191026nagano_3.jpg

 他のボランティアの方とも力を合わせて作業し、本日中のニーズを完遂することができました。

191026nagano_4.jpg

 夜からはガレキや土砂を運搬するための積み込みを行います。
 暗い中での作業になるのでいつも以上に慎重に作業を進めます。

191026nagano_5.jpg

191026nagano_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動埼玉隊(10月20日) [2019年10月22日(Tue)]
 学生3名が台風19号により被害を受けた埼玉県川越市で活動しました。

 午前中は、社会福祉法人けやきの郷 初雁の家と川越市ボランティアセンターの2箇所に分かれて活動しました。
 初雁の家では、土や泥をかぶり使えなくなってしまった家財の分別をしました。

191020kawagoe_1.jpg

 また、川越市ボランティアセンターの運営の補助をしました。

 午後は、学生3名が社会福祉法人けやきの郷 初雁の家にて活動しました。
 主に、家財や食料品の分別、藁の撤去、施設内の水抜きを行いました。

191020kawagoe_2.jpg

191020kawagoe_3.jpg

 活動に参加した学生からは、「1日の活動を通して、マンパワーの必要性を感じた。施設が一日でも早く元通りになることを願い、今後も学生としてできることをしていきたい」との声がありました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施してます。
令和元年台風19号災害救援活動世田谷隊(10月20日) [2019年10月21日(Mon)]
 学生94名、OB・OG6名、事務局1名の計101名で活動しました。

 前日に引き続き、ヒアリングにより上がっていたニーズに対して活動しました。一日を通して、16軒のお宅で作業をしました。
 浸水してしまってたお宅では床板をはがし、床下にたまった泥のかき出し、洗浄・消毒の作業をしました。

191020setagaya_1.jpg

191020setagaya_2.jpg

 また、民家だけでなく泥がたまってしまっている小道の清掃作業も行いました。

 20日の作業でも、ニーズ調査を作業と同時に行い、200軒以上のお宅を回りました。一軒一軒回ってみると、まだ泥や砂が履き出せてなかったり、家財が運び出せてなかったりと、被害の残るお宅も見られました。区内の公園や施設など日常の風景を取り戻している場所と台風による被害が残る場所が、すぐ近くにあるということが印象的でした。

191020setagaya_3.jpg

191020setagaya_4.jpg

 台風が来てから一週間がたち日常を取り戻しつつありますが、今後も台風の被害からの復旧に向け、自分にできることを考え行動していきたいです。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施してます。
令和元年台風15号災害救援活動(10月20日) [2019年10月20日(Sun)]
 今日は学生7名で昨日に引き続き館山市、鋸南町で活動しました。

 館山市では、濡れて重くなってしまった畳の運び出しと、木材やトタンの運搬を行いました。ほとんどの木材を無事撤去することができました。

191020chiba_1.jpg

191020chiba_2.jpg

 鋸南町では、ガラス片やトタンの運搬、家財の運び出しを行いました。
 また、庭に散乱してしまったブロック塀の撤去をし、こちらも無事に完遂できました。

191020chiba_3.jpg

191020chiba_4.jpg

 暑い中の活動ではありましたが、安全に気をつけて作業をすることができました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団から助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動長野隊(10月20日) [2019年10月20日(Sun)]
 活動最終日、関東学生18名、関西学生42名、OB9名、事務局4名、理事1名で作業しました。

 昨日に引き続き長野市津野地区で活動を行いました。現場に到着後、7軒のお宅に分かれて、昨日に引き続き家屋に入り込んだ土砂の搬出や、泥だらけになった家財の運び出しなどのお手伝いをさせていただきました。

191020nagano_1.jpg

191020nagano_2.jpg

 堆積した土砂の中には、子どもたちが遊んでいたおもちゃ、昔にお父さんに作ってもらった椅子、思い出のある時計など、住民の方がそれぞれに大切にされていたものが埋まっていました。
 最後まで見つけられない物もありましたが、見つけられた物は住民さんにお渡しすると、とても喜んでいただけました。

191020nagano_3.jpg

 また、あるお宅では、他のボランティアの方と作業の段取りを良くするためのミーティングを行いながら作業を進めました。団体の垣根を超えて、住民の方にとって一番良いことは何か、ということをお互いに真剣に考えながら作業をさせていただきました。

 関東の学生は14時ごろ、関西の学生は16時過ぎに作業を終えました。

191020nagano_4.jpg

 今回の活動で地域の方のために、できたことは限られていましたが、その中でも最後まで精一杯に作業をさせていただきました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動群馬隊(10月20日) [2019年10月20日(Sun)]
 今回の活動では、全19名の隊員が、高崎市二ヶ所と富岡市に分かれて活動しました。
 高崎市の阿久津町では、被害にあった倉庫内の片付けを行いました。物品の取り扱いに細心の注意をはらいながら活動しました。
 高崎市の吉井町では、鏑川の氾濫によって散乱した木材や家財の回収を行いました。

191020gunma_1.jpg

191020gunma_2.jpg

 また、富岡市では、床下の泥出しや消毒・家の中の掃除をしました。

191020gunma_3.jpg

 今回の活動で、3件のニーズを完遂しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml