• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和6年能登半島地震救援活動14次隊は無事に終了しました (4月21日 輪島組) [2024年04月21日(Sun)]
 学生5名、事務局1名、卒業生1名、宮城県山元町のテラセン、DRT JAPAN栃木メンバー他6名の計13名が石川県輪島市の地区にて、以下の作業をしました。

・ブロック塀の解体
・家財の搬出
・納屋の解体・撤去

240421wajima_1.jpg

240421wajima_2.jpg

240421wajima_3.jpg

 お昼には、お宅の方がお弁当と温かいスープ、筍のおにぎりを用意してくださり、お話をしながら美味しくいただきました。また、作業後には「本当にありがとうございました。おかげさまで元気が出ました。この思いを輪島のみんなに伝えます」という言葉もいただきました。

240421wajima_4.jpg

240421wajima_5.jpg

 16時に輪島市を出発し、無事に14次隊は終了しました。少しでも被災された方々に元気を届けられるよう、これからも活動を続けていきます。

 宿泊先を提供してくださった指崎様、お世話になりました関係者の皆様、そして地域の方々、誠にありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しました。
令和6年能登半島地震救援活動14次隊(4月21日 珠洲組) [2024年04月21日(Sun)]
 学生10名、事務局1名、OBOG2名が石川県珠洲市で作業と炊き出しを行いました。

【作業組】
 学生7名、OBOG2名が、珠洲市馬緤地区で以下の作業をしました。

・簡易水路の整備
・家財の搬出作業
・瓦拾い

240421suzu_1.jpg

240421suzu_2.jpg

240421suzu_3.jpg

 地域の方々が沢山気にかけて親切にして下さったり、話しかけて下さって、珠洲市の方の暖かい雰囲気を感じることができました。
 
【炊き出し組】
 学生3名、事務局1名が、旧飯塚保育所にて約40人の方に昼食を提供させていただきました。

 本日のメニューは、

・筍と枝豆の混ぜご飯
・鶏の手羽元と大根の煮物
・味噌汁(小松菜、しめじ、油揚げ)
・酢の物(きゅうり、わかめ、かにかま、しらす)
・たくあん

 でした。

240421suzu_4.jpg

240421suzu_5.jpg

240421suzu_6.jpg

240421suzu_7.jpg

 お味噌汁には、道の駅狼煙で購入した大浜大豆味噌を、酢の物には珠洲市三崎町産のわかめを使用しました。帰り際には、避難所のお母さん方が作られたカゴバッグのお土産とともに、「また待ってるからね」とのお言葉をいただきました。二日間の炊き出しで、少しでも住民さんに楽しい時間を提供できていたら幸いです。

240421suzu_8.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動14次隊(4月20日 珠洲組) [2024年04月20日(Sat)]
 学生10名、事務局1名、OBOG2名が石川県珠洲市で作業と炊き出しを行いました。
 
【作業組】
 学生7名、OBOG2名が、珠洲市狼煙地区のお宅で以下の作業をしました。

・家財の仕分け、搬出
・漆器の整理

240420suzu_1.jpg

240420suzu_2.jpg

240420suzu_3.jpg

240420suzu_4.jpg

 作業をさせていただいたお宅の方からは「自分たちだけじゃ全く進まなかったけど、人が手伝ってくれるって凄いな」と明るい言葉を仰って下さった反面、時々搬出される家財を見て寂しそうな表情で見届けていた様子から被災の悲惨さを痛感しました。

【炊き出し組】
 学生3名、事務局1名が、旧飯塚保育所にて約40人の方に、昼食を提供させていただきました。

 本日のメニューは、

・ひじきの混ぜご飯
・たこと里芋の煮物
・にんじんといんげんの胡麻和え
・味噌汁
・白菜の浅漬け

 でした。

240420suzu_5.jpg

 お味噌汁には、道の駅狼煙で購入した、大浜大豆味噌と珠洲市三崎町産のあおさを使用しました。「優しい味付けで美味しかった」「また来てくれて嬉しい」と言っていただきました。

 NHKラジオの取材で来られていた歌手の加藤登紀子さんとお話しし、生歌を聴かせていただきました。登紀子さんの姿に住民さんにもたくさんの笑顔が見られ、私たちまで元気をもらうことができました。

240420suzu_7.jpg

240420suzu_6.jpg

 明日は、今日よりもさらに多くの人に元気を届けられるように頑張ります。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動14次隊が始まりました(4月20日 輪島組) [2024年04月20日(Sat)]
 学生5名、事務局1名、OB1名が石川県輪島市河井地区にある4軒のお宅で、以下の作業を行いました。

・池に落ちた瓦と植木鉢の回収
・崩れ落ちた土壁の除去作業
・家財の仕分け、搬出
・お部屋の片付け

240420wajima_1.jpg

240420wajima_2.jpg

 作業をさせていただいたお宅の方からは「こんなにやってもらって本当に助かった。すっきりした。ありがとうね」という言葉をいただきました。

240420wajima_3.jpg

240420wajima_4.jpg

 明日も、河井地区で家財の搬出とブロック塀の解体作業をする予定です。少しでも被災された方の力になれるよう、明日も活動していきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動13次隊は無事に終了しました (4月14日) [2024年04月14日(Sun)]
 本日も学生8名、事務局3名の計11名が、石川県珠州市の狼煙地区と三崎地区にて、作業組と炊き出し組に分かれて活動しました。

【作業組】
 狼煙地区にある3軒のお宅で以下の作業をしました。

・タンスの解体
・着物の選別
・倒れてしまった食器棚を起こす作業
・外れかけている襖の移動
・家財の搬出、集積所へ運搬
・お部屋の片付け

240414noto_1.jpg

240414noto_2.jpg

 作業させていただいたお宅の方は「孫が沢山できたみたいで嬉しい。本当にありがとう」と涙を浮かべていました。

240414noto_3.jpg

240414noto_4.jpg

【炊き出し組】
 三崎中学校(三崎公民館)にて約50人の方に、昼食を提供させていただきました。

240414noto_5.jpg

 本日のメニューは、

・筍と枝豆の混ぜご飯
・小松菜とわかめとしめじの味噌汁
・たくあん
・酢の物
・鶏の手羽元と大根の煮物

 でした。

240414noto_6.jpg

 避難所の方からは「2日間ともとても美味しかった、お味噌汁の出汁が良かった」、「またぜひ来て炊き出しをしてください」と言っていただきました。

240414noto_7.jpg

 炊き出しを通じて地域の方々の優しさ、明るさに触れることができました。

240414noto_8.jpg

 16時に珠洲市を出発し、無事に13次隊は終了しました。今後も地域の方々のお力になれるよう、私たちにできることを精一杯行っていきます。

 お世話になりました関係者の皆様、そして地域の方々、誠にありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しました。
令和6年能登半島地震救援活動13次隊が始まりました(4月13日) [2024年04月13日(Sat)]
 学生8名、事務局3名の計11名が、石川県珠州市の野々江地区と三崎地区に作業組、炊き出し組に分かれて活動しました。午後からは、炊き出し組が作業組に合流しました。

【作業組】
 以下の作業をしました。

・野々江地区の倉庫の解体
・蛸島地区での炊き出しのお手伝い
 
240413noto_1.jpg

240413noto_2.jpg

 蛸島地区での炊き出しの中で、地域の方と好きな歌の話で盛り上がり、「とっても美味しかった。ありがとうね。またね」という言葉をいただきました。

240413noto_3.jpg

 明日は、狼煙地区で家財の搬出を行う予定です。

【炊き出し組】
 炊き出し組は、三崎中学校(三崎公民館)にて50人の方に、昼食を提供させていただきました。

240413noto_4.jpg

240413noto_5.jpg

 本日のメニューは、

・ひじきの混ぜご飯
・いかと里芋の煮物
・いんげんと人参の胡麻和え
・白菜の浅漬け
・キャベツと人参と玉ねぎの味噌汁

 でした。

240413noto_6.jpg

 避難所の方からは「とても美味しかった、特にお味噌汁が美味しかった」と言っていただきました。

240413noto_7.jpg

 明日も三崎中学校にて炊き出しを行います。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動12次隊は無事に終了しました (4月8日) [2024年04月08日(Mon)]
 最終日である本日は氷見市にて、学生12名、事務局3名、計15名で活動しました。

 お借りした宿舎の清掃や活動で使用した道具の片付け、次の活動に向けての準備をしました。

240408noto_1.jpg

240408noto_2.jpg

240408noto_3.jpg

 12次隊では、石川県珠洲市で炊き出しや家財の運び出し、キリコ倉庫の撤去作業などを行いました。

 能登半島地震が発生してから約3ヶ月が経ちましたが、今も尚、避難所生活を強いられている方が多く、「自宅の片付けをしたいが、何から作業を進めればいいか分からない」とお話して下さった地域の方もいらっしゃいました。

地域の方と一緒に活動させて頂く機会がありましたが、「学生の活気ある姿に、元気を貰えたよ」と言ってくださる方がたくさんいらっしゃいました。学生が災害現場でボランティアをすることで、少しでも地域の方のお力になることが出来ていると感じました。

 今後もIVUSAのマンパワーを生かし、地域の方々のお力になれるように、精一杯活動していきます。

240408noto_4.jpg

 宿泊場所を提供して下さった指崎様、関係者の皆様、地域の方々、誠にありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しました。
令和6年能登半島地震救援活動12次隊 (4月7日) [2024年04月07日(Sun)]
 本日も昨日に引き続き、学生12名、事務局3名の計15名で石川県珠州市の狼煙地区と横山地区で片付け作業を、旧本小学校で炊き出しを行いました。

【片付け作業組】
 学生9名、職員2名の計11名で活動しました。
 
 午前中は、珠洲市狼煙地区にて側溝清掃を、珠洲市横山地区にて昨日に引き続き、横山地区のキリコ倉庫からキリコの救出と撤去作業を行いました。

240407noto_1.jpg

240407noto_2.jpg

 午後は、狼煙地区にあるお宅の家財の運び出しと、屋根から落下した瓦礫の撤去作業を行う2組に分かれて活動しました。

240407noto_3.jpg

240407noto_4.jpg

 瓦礫作業を行ったお宅の方からは、「解体するにあたって能登の灯台に行く道を塞いでしまうため、自分一人ではこの大量の瓦をどうすればいいか困っていた。でも、学生がスピーディーに撤去してくれたおかげで助かった」というお言葉を頂きました。

【炊き出し組】
 炊き出し組は、旧本小学校にて55人の方に、昼食を提供させていただきました。

240407noto_5.jpg

240407noto_6.jpg

 本日のメニューは、

・筍と枝豆の混ぜご飯
・豚の生姜焼き
・千切りキャベツ
・プチトマト
・たくあん
・小松菜としめじのお味噌汁

 でした。

240407noto_7.jpg

 避難所の方からは、「美味しいご飯で満腹になったよ。是非また来てね」と言ってきただきました。

 また、活動開始前に、週2日(木曜日、日曜日)限定での営業を再開した「道の駅 狼煙」に行きました。学生は珠洲市特産の食べ物やグッズを購入させていただきました。

240407noto_8.jpg

 今日で珠洲市での活動を終え、明日は氷見市で活動最終日を迎えます。最後まで気を抜くことなく、活動していきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動12次隊(4月6日) [2024年04月06日(Sat)]
 学生12名、事務局3名の計15名で石川県珠州市の狼煙地区と横山地区で片付け作業を、旧本小学校で炊き出しを行いました。

【片付け作業組】
 狼煙地区へ向かい、学生9名、職員2名の計11名で活動しました。
 
 午前中は、 NPO法人災害救援レスキューアシスタントの方々と共に、地震により崩れたキリコ倉庫を解体しました。

240406noto_1.jpg

240406noto_2.jpg

 午後は、横山地区にある集会所横の同じくキリコ倉庫の瓦の片付けを行いました。屋根にある瓦をバールやニッパーを使って全て取り除きました。

240406noto_3.jpg

240406noto_4.jpg

 地域の方からは、「学生の若い力のおかげで、あっという間に瓦を片付けることが出来たよ」と言っていただきました。

 明日も引き続き狼煙地区と横山地区で活動する予定です。

【炊き出し組】
 炊き出し組は、旧本小学校にて約40人の方に、昼食を提供させていただきました。

240406noto_5.jpg

240406noto_6.jpg

 本日のメニューは、

・ひじきの混ぜご飯
・いかと里芋の煮物
・いんげんと人参の胡麻和え
・白菜の浅漬け
・味噌汁

 でした。

240406noto_7.jpg

「和食中心のメニューでありがたい」「味付けもちょうどよくて美味しかった」と言っていただきました。避難所で生活されている方だけでなく、在宅避難の方々にも提供することができました。

240406noto_8.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
令和6年能登半島地震救援活動12次隊が始まりました(4月5日) [2024年04月05日(Fri)]
 関東組は7時に東京を、関西組は8時半に大阪を出発し、学生12名、職員3名の計15名が14時頃に氷見市に到着。明日からの珠洲市での活動に向けて、炊き出しに必要な食材の買い出しや道具の積み込みをしした。

240405noto_1.jpg

240405noto_2.jpg

240405noto_3.jpg

 いつもお宅のガレージやお部屋を宿泊施設としてお貸しして頂いている指崎さんから、「今回もご苦労さま、頑張ってね」と言っていただきました。この言葉を励みに、明日からの活動に精一杯取り組みます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml