CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年台風19号災害救援活動(12月22日) [2019年12月23日(Mon)]
 今日は昨日同様宮城県伊具郡丸森町にて、学生8名.事務局員1名、OB・OG2名で活動しました。

 朝7時頃に宿舎として使わせていただいている普門寺を出発し、丸森町災害ボランティアセンターへ向かいました。
 朝礼に参加した後、昨日のミーティングで消毒の徹底ができていなかったという反省点から、消毒のやり方の講習を20分ほど他の一般ボランティアの方々と一緒に受けました。

 そもそもなぜ消毒をする必要があるのかなどといった一つひとつの作業の目的や意図、またどの道具をどのような場面で使えばいいのかなどを学ぶことができ、災害ボランティアにおける消毒作業の重要性を改めて認識することができました。

191222marumori_1.jpg

 その後1件の母屋と2件の離れで床下の土砂のかき出しや、消毒を行いました。消毒の際には先ほどの講習で学んだ知識を活かしつつ、隊員同士でコミュニケーションを取りながら作業を進めていきました。

191222marumori_2.jpg

 離れで行った土砂のかき出しでは、元々お宅のご主人が使っていたお部屋で、趣味にしているゴルフボールや、洋服などを床下から取り出すことができ、思い出の品をお宅の方にお見せすることができました。
 改めて、日常や思い出の品や場所を一瞬で変えてしまう災害の怖さを感じました。

191222marumori_3.jpg

 作業終了後、ボランティアセンターへ戻り作業の結果を報告し、丸森町を後にしました。 発災から2ヶ月経ちましたが復旧復興に向けて、まだ人手が必要だと感じました。そのために現地に足を運び、学生の元気を置いてくるということの重要性を感じました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動(12月21日) [2019年12月21日(Sat)]
 宮城県丸森町で今日から学生7名、事務局員1名で活動を開始しました。

 今日は7時頃に宿舎として使わせていただいてる宮城県山元町にある普門寺を出発しました。丸森町の災害ボランティアセンターにてミーティングを行った後、現場へと向かいました。

191221marumori_1.jpg

 今回は除北地区のお宅で床下と家財の消毒をさせていただきました。除北地区は1.5m程浸水したそうで、実際お宅の人は現在仮設住宅で暮らしているようでした。床下はもちろん、思い出が詰まっている品々を丁寧に丁寧に洗浄しました。

191221marumori_2.jpg

191221marumori_3.jpg

 昼食をとった後、大張川張地区で床下に溜まった土砂のかき出しを行いました。その地区は台風19号で氾濫した阿武隈川に近い場所であり、発災から2ヶ月程経った今でも、生々しい爪痕が残っていました。

 狭く暗い床下の中での作業だったため、泥を効率よくかき出すことに苦労しました。初めて会ったボランティアの方々とも声を掛け合いながら作業を進めることができたため、ほとんどの土砂のかき出しを終わらすことができました。

191221marumori_4.jpg

 お宅での作業が終了した後、ボランティアセンターでふり返りのミーティングに参加しました。各現場の申し送りを共有することで、反省や良かった点を翌日の活動に活かしていこうと思いました。

191221marumori_5.jpg

 活動を終え、宿舎として使わせていただいている普門寺に到着しました。夕食を終え、明日に備え就寝しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動(12月1日) [2019年12月01日(Sun)]
 今日は、計121名で昨日作業を行わせていただいたお宅と新たに数軒のお宅を合わせた11軒のお宅にて作業をさせていただきました。参加者の内訳はIVUSAの学生58名、OB・OG10名、事務局員3名、日本体育大学の学生45名、引率の教授1名、東北大学の学生1名、その他3名です。

 作業に入る前に、丸森町災害ボランティアセンターにて、本日ボランティア活動を行う団体が集まりミーティングを行いました。
 ミーティング中にはIVUSAが全体を盛り上げ、皆気合い十分でそれぞれの作業へ向かいました。

191201marumori_1.jpg

191201marumori_2.jpg
 
 昨日と同様に、今日も複数の地区に分かれ作業を行わせていただきました。山間部に位置する大畑地区では、20名ほどの学生がお宅の周りに堆積した泥や木、スチールパイプ等の廃材の撤去作業を行いました。

191201marumori_3.jpg

191201marumori_4.jpg

 作業させていただいているお宅の側には普段から水が流れている箇所があったそうですが、台風が来た際には、大雨による増水で、別の箇所でも土がえぐられるほどの水の流れができたそうです。今現在も、その様子が見てとれました。
 作業させていただいているお宅の方は、当時これほどまでの被害を想定しておらず、お話を伺っていた際に、「今までも多少川が氾濫することはあったが、まさかこんなに大きな被害を受けるとは思わなかった」と仰られていました。

191201marumori_5.jpg

191201marumori_6.jpg

191201marumori_7.jpg

191201marumori_8.jpg

 また、土砂崩れにより道路脇のガードレールがひしゃげてしまっている箇所もありました。

191201marumori_9.jpg

191201marumori_10.jpg

 その他にも、住宅のすぐ近くで川が決壊した地区では、2m近くの土石流が流入した所もありました。作業を行わせていただいたお宅の方は、建物を修復し今後も使っていくのか、取り壊してしまうのか、まだ決め切れていないとのことでした。

191201marumori_11.jpg

 今回の活動では大きな被害を受けたお宅でも作業をさせていただきましたが、作業中には学生らで声を出して盛り上げ、作業の合間にはお宅の方々と学生らとで談笑する様子もありました。目の前の作業に集中しながらも、学生持ち前の元気や明るさを発揮しつつ作業に取り組んでいました。

191201marumori_12.jpg

191201marumori_13.jpg

191201marumori_14.jpg

 本活動では、3日間合わせて13軒のお宅で作業を行わせていただき、3軒のお宅にて予定していた作業を完了しました。その他のお宅では、今後もボランティアが入り、床下の泥かきや家財の運び出し等を行なっていくことになります。被害の大きかった地域はもとより、丸森町全体としても被害を受けたお宅の復旧作業にまだまだボランティアの手が必要な状況です。

 今日で本活動は終了となりますが、丸森町の復旧に向け、当協会としてもできる限りの支援を続けていきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動(11月30日) [2019年11月30日(Sat)]
 今日から、日本体育大学、東北大学の学生らとともに活動を開始しました。

 今日は、午後に本隊が丸森町に到着し、前もって活動をしていた学生らと合わせて計120名で活動しました。参加者の内訳は、学生57名、OB・OG10名、事務局員2名、日本体育大学の学生45名と引率の教授1名、東北大学の学生5名です。

 本隊到着後は、5地区に分かれ8つのお宅で作業を行わせていただきました。また、ボランティアセンターにて一般社団法人OPEN JAPANが行う炊き出しの手伝いもさせていただきました。

 竹谷地区では、場所によっては1.5〜2mほど浸水した跡があるお宅もありました。これまでは自宅の2階に住みながら泥出しなどの片付けを行なっていた方々もいらしたそうですが、現在は仮設住宅やアパートに住まわれている方も多くいらっしゃるそうです。

 竹谷地区で生活されている方は、「12月になると雪も降り始め、1階が住めない状態になってしまっている今、住み続けるのは難しい。近々アパートへ移ろうと考えている」とおっしゃっており、復旧作業を進めていても、一時的に他所へ移らなければならない現状が垣間見えました。

191130marumori_1.jpg

191130marumori_2.jpg

 今日入らせていただいたお宅では、床下の泥かきや消毒、浸水してしまった壁剥がしや災害廃棄物の搬出作業を行いました。床下に溜まった泥は時間が経過しているため乾いていましたが、堆積した量が多く、また床下の狭い場所での作業だったため、泥のかき出しに苦労しました。

191130marumori_3.jpg

191130marumori_4.jpg

191130marumori_5.jpg

191130marumori_6.jpg

191130marumori_7.jpg

 また、稲葉地区で作業を行わせていただいた際には、お宅の方とも色々なお話をすることができました。会話の中で、「今日のうちに予定している作業が完了すれば、明日は休めるかな」といったことも話されており、そのお気持ちに応えるため、みな声を掛け合いながら効率よく作業に取り組みました。
 結果として、そのお宅で予定していた作業は完了することができました。

 また、同じ方から「若い子たちの明るさはやっぱいいなあ。みんなキラキラして見える」とも仰っていただきました。私たち学生の姿によって、少しでも元気を届けられたと思うと、私たちとしても活動を行なっている意義を感じられる出来事でした。

 活動後には、今回宿舎として使わせていただいている宮城県山元町にある普門寺にて、夕食を済ましました。
 一日の最後に、普門寺の住職から、「若い学生が来るだけでパワーがあるし、被災された方々に元気を与えられる。自分たちのその武器を活かし、明日も頑張ってほしい」とお話をいただきました。

191130marumori_8.jpg

 明日は、今日させていただいた作業を引き続き行います。一軒でも多くのお宅で作業を完了させられるよう、短い時間ではありますが集中して取り組んでいきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
令和元年台風19号災害救援活動(11月29日) [2019年11月30日(Sat)]
 先週に引き続き、本日から学生5名、事務局員2名で宮城県伊具郡丸森町にて作業を実施しています。

 IVUSAの東日本大震災復興支援活動の活動拠点でもある宮城県亘理郡山元町の隣が丸森町であり、お世話になっている住職さんから、「IVUSAも是非一緒に丸森で活動してくれないか」とのお声があり現地入りをすることになりました。

191129marumori_1.jpg

191129marumori_2.jpg

 1日目は2日目の現場の調整と、一軒のお宅に入り作業をしました。丸森町は全壊や一階部分の浸水による家屋の被害が多く目立ち、未だに多くの支援を必要としている人々がいるのが現状です。

 今日入らせて頂いたお宅では、床板をあげたり、壁や家具などを汚さないようビニールで保護する作業などを行いました。明日は床下の泥のかき出しや、消毒などを行う予定です。

191129marumori_5.jpg

 明日は本隊と合流し、IVUSAの学生 61人、事務局3人、OB・OG13人、日本体育大学の学生47人、日本体育大学の先生1人、計125人で活動します。今回一緒に活動する日本体育大学は、IVUSAの理事と救命医療学科の先生の繋がりがあり、共に活動するきっかけとなりました。

191129marumori_3.jpg

 ボランティアセンターを運営しているオープンジャパンさんからは、「丸森に元気をたくさん置いていってほしい」と激励のお言葉をいただきました。

191129marumori_4.jpg

 明日は125人の力を合わせて、より一層元気を出して作業に望みたいと思います。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施ししています。
令和元年台風19号災害救援活動(11月24日) [2019年11月25日(Mon)]
 今日も、学生5名、事務局員3名、OBOG11名で、昨日に引き続き、宮城県伊具郡丸森町にて作業を実施しています。

191124marumori_1.jpg

 今日は1件のお宅の主屋と離れの2棟で、床剥がし、床下の泥の撤去、床板の消毒の作業を行いました。
 すぐ側が決壊場所で、割れたコンクリートや流木があり、鉄砲水のように土砂が流れ込んできて、様々なものを奪っていったことを改めて認識しました。

191124marumori_2.jpg

 しかし、お宅の方はとても気さくで明るく、お昼に暖かいお湯を提供してくださり、帰る際には笑顔で私たちを見送ってくださいました。

191124marumori_3.jpg

 昼間も寒さで白い息が出るようになってきましたが、現地の少しでも早い復旧のため、寒さとに負けじと元気に声をかけあいながら作業をさせていただきました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しました。
令和元年台風19号災害救援活動(11月23日) [2019年11月24日(Sun)]
 今日から、学生5名、事務局員3名、OBOG11名で宮城県伊具郡丸森町にて作業を実施しています。今日は複数の現場に分かれて、壁剥がし、家の柱磨き、消毒、泥のかき出し、皿洗いをしました。

191123marumori_1.jpg

 私たちは各お宅で一歩一歩丁寧に作業を進めています。

 私たちは、現地の方々の声に耳を傾けながら丸森町にいられる時間を大切に作業していきたいです。

191123marumori_2.jpg

 11月中旬になり、寒さも本格的になり、雨の中の作業でしたが、現地の復旧に貢献できるよう、活動していきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しました。
令和元年台風19号災害救援活動(11月10日) [2019年11月10日(Sun)]
 学生61名、事務局員2名、OB・OG4名の計67名で、昨日に引き続き、長野県長野市津野地区にて作業を実施しています。

 作業開始前に円陣を組み、各現場に分かれて作業を開始しました。

191110nagano_1.jpg

 本日は、りんご農園を営む2軒のお宅にて、園内に流れ着いた災害廃棄物の撤去、りんごの木の根本付近の泥かき作業をさせていただきました。園内には多くの泥が入り込んでおり、木の根本を覆った泥を放置していると木の腐食につながります。来年以降栽培できるよう、根周りの土砂を掻き出し消毒を行える準備をしました。

191110nagano_2.jpg

191110nagano_3.jpg
 
 また、被災した住宅でも作業させていただき、床下の泥出しを行いました。

191110nagano_4.jpg

191110nagano_5.jpg

 作業に入らせていただいたお宅では、予定していた範囲の作業を完了することができました。

191110nagano_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しました。
令和元年台風19号災害救援活動(11月9日) [2019年11月09日(Sat)]
 今日から2日間、関東学生20名、関西学生41名、OB・OG5名、事務局2名の計68名で長野県長野市津野地区にて作業を実施しています。今日は津野地区に到着後、2つの場所に分かれて、作業を開始しました。

 りんご農園では、多くのりんごが浸水の被害を受け、災害廃棄物が流れ込んでいる状況です。農園の復旧に向けて、災害廃棄物を搬出し、種類ごとに分別をしました。

191109nagano_1.jpg

191109nagano_2.jpg

 夕食後、IVUSA特別顧問の黒澤司さんから、「夜間の作業は、一般車両の出入りが少ない分、災害廃棄物の搬出がスムーズに行えます。学生も力を合わせて効率的に取り組んで欲しい」というお話をいただきました。その後、隊員全員で円陣を組み、気合いを入れました。

191109nagano_3.jpg

 これから地区内に点在する災害廃棄物を夜間の間に一か所に集め、分別を行い、明日の運搬の効率化を図ります。また、屋内の土砂かきも並行して行います。

191109nagano_4.jpg

191109nagano_5.jpg

 11月に入り、寒さも本格的になる中、現地の方の生活の再建に繋がるよう、全力で学生の活力を発揮していきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しております。
令和元年台風19号災害救援活動(11月3日) [2019年11月03日(Sun)]
 今日は学生10名、事務局員2名、OBOG6名の計18名で長野県長野市津野地区にて活動しました。

 昨日に引き続き、被害を受けたお宅での溜まった泥のかき出しや床板剥がし、家財の搬出作業を行いました。

191103nagano_1.jpg

 泥に浸ってしまった家財の運び出し作業中には、お宅のご家族の写真が見つかりました。写真をお渡しした際のお宅の方のほっとした表情はとても印象的でした。

191103nagano_2.jpg

191103nagano_3.jpg

 被害を受けた地域は、復旧に向けまだまだ人手が必要な状況です。現地の復旧のため引き続きIVUSAも災害救援活動を行っていきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml