• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動9次隊は無事に終了しました(11月27日) [2022年11月27日(Sun)]
 今日は学生19名、事務局1名、OBOG2名の計22名で活動しました。

 昨日に引き続き、静岡県静岡市葵区油山地区にあるいちご農園の方の納屋のお掃除を隊員数名でさせていただきました。台風の影響でこの納屋は1mほど水に浸かってしまったそうで、私たちは納屋の中に残っていた土を外に運び出す作業をしました。

221127shizuoka_1.jpg

 他の隊員は松野小学校のビオトープに向かいました。作業が始まる前に納屋の作業を終えた隊員と合流し全員で活動を開始しました。ビオトープでは流れが悪くなっていた川を土の量や石を置き直して流れやすいように整え、上流の水際にリュウノヒゲのという植物を植えました。

 川の流れを良くするための少しの高さ調整が難しく、土を削ったり石を置いたりとちょうど良い高さになるまで調整しました。それらの作業が終わった隊員から周りの落ち葉やゴミを拾い、10時すぎには作業を終えました。

221127shizuoka_2.jpg

221127shizuoka_3.jpg

 その後は松野小学校の運動会を見させていただきました。台風で運動場が使えなくなり、運動会が延期されてから、今日は小学生にとって待ちに待った日となりました。天気も良く運動会日和となり、小学生が元気に走ったり踊ったりする姿を見ることができました。

 私たちも小学生を応援したり一緒にソーラン節を踊ったりととても楽しませていただきました。

 松野小学校の校長先生は「みなさんのおかげでこうして生活はもちろん、運動会もできるようになりました。私も子どもたちもこのご恩は一生忘れません。ありがとうございました」と仰ってくださいました。今回の隊は台風15号災害救援活動に初めて参加する学生が多く、校長先生のお言葉で9次隊まで繋げてきてくれた仲間の大切さを感じました。

221127shizuoka_4.jpg

 お昼には一緒に活動をしていた方から温かいうどんをいただき、午後の活動のためのエネルギーを蓄えました。午後からは活動で使用した装備や重機などの洗浄、ボランティアセンターの落ち葉掃きなどを行いました。

221127shizuoka_5.jpg

 特に重機やダンプは土が多く付いていて、外側は高圧洗浄機で洗い、車内は雑巾で丁寧に拭き取りました。
 装備も一つひとつ洗うことで、活動中当たり前のように使っていましたが、綺麗にしたり手入れしたりすることの大切さを実感しました。

 また他にも、流木を片付けたり道路についた土を落としたりという作業をしました。乗り物や装備、場所など今回の9次隊までお世話になったということを忘れず、感謝の気持ちを込めて行いました。

221127shizuoka_6.jpg

221127shizuoka_7.jpg

 お昼のうどんに加え、作業後には煮込んだ玉こんにゃくをいただき、日も暮れて肌寒くなってきた体にしみるほど美味しかったです。

 最後に、これまで一緒に活動してくださったIVUSA特別顧問の黒澤司さんから、「これまで何回もの災害救援派遣をし、一緒に活動してくれてありがとう。自分たちの活動に誇りをもってください」という言葉をいただきました。

 17時過ぎに帰路につき、関東組・関西組ともに21時ごろに無事到着しました。

 令和4年台風15号災害救援活動は今回の9次隊をもって最後となります。私たちの活動に協力していただいたみなさま、ありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動9次隊が始まりました(11月26日) [2022年11月26日(Sat)]
 活動1日目の今日は、学生20名、事務局2名、OBOG5名の計27名で活動しました。

 先々週からお手伝いさせていただいている静岡県静岡市葵区油山地区にあるいちご農園にて、IVUSA特別顧問の黒澤さんたちとも一緒に作業をしました。

 ビニールハウスの中と外の二手に分かれました。ビニールハウスの中では奥に残っていた泥を剣スコップや角スコップですくい、一輪車で外に運び出しました。
 外では、ビニールハウスとビニールハウスの間の15cmほどの堆積した泥を金バケツや角スコップを使って除去しました。今朝降った雨により泥が水っぽくなってしまっていましたが、隊員たちは声を掛け合いながら、どうやったら効率よく作業ができるか、どの装備を使ったらいいか試行錯誤していました。

221126shizuoka_1.jpg

221126shizuoka_2.jpg

 お昼には、いちご農園のお母さんとご近所のお母さんが豚汁とみかんを用意してくれ、お弁当と一緒にいただきました。午後の最初は隊員全員で円陣を組み、気合い入れをしました。

221126shizuoka_3.jpg

 まず、ビニールハウスの奥の泥を外へ運び出す作業を進めました。午前中に半分以上を終えていたためラストスパートを隊員みんなで協力してやりきりました。

 それと同時にビニールハウスの間の泥だし作業も行いました。最終的に泥の下に埋まっていたマルチまで剥がし、隙間に埋まっていた土も取り除きました。

221126shizuoka_4.jpg

 最後に、ビニールハウスの中のゴミを拾ったり天井に付いていた紐をとったりと全体的な整備をしました。作業が終わったビニールハウスは、いちご農園のお父さんからいただいた台風直後の写真と見比べて、見違えるほど綺麗になりました。
 このビニールハウスはいちごの苗用のハウスで、今後は泥出しをした地面にシートを敷いて苗を置いていくそうです。

221126shizuoka_5.jpg

221126shizuoka_6.jpg

 作業終了後は、使用した装備を洗ったり道路やガードレールなどを綺麗にしたりしました。いちご農園のお母さんからは「こんな大変な仕事を笑顔を絶やさずやってくれたことが嬉しくて涙が出た。長い間ありがとうございました」という言葉をいただきました。

 令和4年台風15号災害救援活動はこの9次隊をもって最後となります。明日最後まで真剣に、そして笑顔を絶やさずに活動します。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動8次隊は無事に終了しました(11月20日) [2022年11月21日(Mon)]
 活動2日目の本日は、学生11名、事務局1名、OBOG11名の計23名で、昨日も入らせていただいた静岡県静岡市葵区油山地区にあるいちご農園で活動しました。

 いちご農園では細かい泥のかき出しとブロック状の土の運び出しを行いました。
 砂埃が舞うといちごの出荷に影響をしてしまうため、他のボランティアの皆さんと一緒に手作業で細かい砂も丁寧に取り除きました。

221120shizuoka_1.jpg

221120shizuoka_2.jpg

 11月末に収穫や出荷がはじまるそうで、いちごを傷つけないように注意しながら細かい砂や土の運び出しを行い、砂の大部分を取り除くことができました。

221120shizuoka_3.jpg

 一方で、育苗のためのハウス内にはまだ土砂が残っているため、静岡での最後の活動となる来週末の活動で、最後まできれいにできればと思います。

 今日をもって8次隊の活動は終了しました。
 来週末には静岡での最後の活動となる9次隊の派遣も予定しており、引き続き静岡の皆さまのお力になれるよう努めます。
 お世話になった皆様、誠にありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動8次隊が始まりました(11月19日) [2022年11月19日(Sat)]
 学生11名、事務局1名、OBOG6名の計18名で活動しました

 先週も入らせていただいた静岡県静岡市葵区油山地区にあるいちご農園と油山苑の2つの場所に分かれて作業をしました。

 いちご農園では泥のかき出しを行いました。いちご農園の方と他のボランティアの皆さんと協力しながら作業し、溜まっていた泥の大部分を取ることができました。すれ違う住民の方々が「ありがとう」と声をかけて下さり、とても嬉しかったです。

221119shizuoka_1.jpg

221119shizuoka_2.jpg

 油山苑では外壁のブラッシング、窓洗浄、玄関口の清掃を行いました。旅館の方と道具を使いながら協力して活動しました。旅館の方が「大変な作業をやってくれてありがとう」と喜んでくださいました。

221119shizuoka_3.jpg

221119shizuoka_4.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動7次隊は無事に終了しました(11月13日) [2022年11月13日(Sun)]
 活動2日目の今日は、学生24名、事務局1名、OBOG10名の計35名が、静岡県静岡市葵区にある油山苑、いちご農園の2ヶ所に分かれて活動しました。

 油山苑では、午前中は、昨日に引き続き受付の床下の泥出しを行い、全ての泥出しを完了することができました。
 午後からは受付の床下のブラッシング消毒をしました。

 経験者からやり方のコツを学びながら全員で一致団結して取り組みました。その結果、ブラッシング、消毒を終えコンパネを敷いて生活の導線を確保し作業を終えることができました。

 作業終了後、若女将さんが「静岡の家として帰ってきて。行ってらっしゃい。」と言ってくださり、油山苑の方の温かみを感じ、今後も繋がりを大切にしていきたいと思いました。

221113shizuoka_1.jpg

221113shizuoka_2.jpg

221113shizuoka_3.jpg

 いちご農園では、20cmほど積もる土砂の除去作業をしました。大変体力のいる作業でしたが、互いに鼓舞し合うことで、雨の中ですが全体の半分ほどを完了することができました。

 活動の合間には、いちごハウスの方にも話を聞くことができました。
「重機を入れてはいちごがダメになってしまうため、手作業でやってくれる若者たちが来てくれて本当にありがたい」とのお言葉をいただき、活動の意義を肌で実感することができました。

221113shizuoka_4.jpg

221113shizuoka_5.jpg

221113shizuoka_6.jpg

221113shizuoka_7.jpg

 3週間土日に渡り活動させていただいた松野小学校のビオトープが昨日完成し、実際に水が溜められている様子を朝全員で見てきました。重機を使うこともありましたが、最後は人力で完成させることができました。子どもたちが長く遊べて愛される場所になることを願っております。

221113shizuoka_8.jpg

221113shizuoka_9.jpg

 本日をもって7次隊が無事終了しました。
 引き続き静岡の皆さまの力になれるよう尽力いたします。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動7次隊が始まりました(11月12日) [2022年11月12日(Sat)]
 活動1日目の今日は、学生25名、事務局1名、OBOG11名の計37名で、静岡市葵区にある安立寺と松野小学校のビオトープ、油山苑の3ヶ所に分かれて活動しています。

 安立寺では、ボランティアセンターにいらっしゃったボランティアの方と一緒に活動しました。作業場2つの側溝の土砂を除去し、15時までに終了したため、墓地につながる階段も追加で清掃しました。疲れが出てくる午後はより一層声をかけ合いました。ご住職の娘さんご家族も来てくださり、小さなお子さんも一緒に土嚢袋を運んでくれました。

221112shizuoka_1.jpg

221112shizuoka_2.jpg

221112shizuoka_3.jpg

 松野小学校のビオトープでは、側溝の泥を撤去しました。また、石を運び、小川の側面に石積みを行いました。小学校の全校生徒がお礼を言いに来てくださりました。生徒代表の方がお礼とともに、「ビオトープを守っていきます」と言っていたことが印象的でした。

 午後には、小川脇の石積み、木道の清掃作業をしました。ビオトープをより良くするため、他団体のボランティアの方と考え、こだわって仕上げ作業を行いました。無事にビオトープを完成することができました。

221112shizuoka_4.jpg

 油山苑では、受付の床下の泥出しと外の土砂出しをしました。みんなで声掛けをしながら元気よく活動できました。

 午後は外の土砂出しを行っていた人たちも合流し、全員で受付の床の泥出しをしました。午前に作業を行った中で効率の良かった点を共有し、工夫をしながら作業に取り組みました。

 活動後に油山苑の方から、「また明日も元気な声掛け待ってるね」と仰って下さり、元気を届けることができていたのかなと嬉しい気持ちになりました。

221112shizuoka_5.jpg

221112shizuoka_6.jpg

 明日も、引き続き葵区の方のために精一杯活動します。

221112shizuoka_7.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動6次隊が無事に終了しました(11月6日) [2022年11月07日(Mon)]
 活動2日目の今日も、学生18名、事務局1名、OBOG6名の計25名で、静岡県葵区で活動をしています。
 昨日と引き続き、油山地区の温泉旅館油山苑、松野小学校ビオトープと葵区にある茶畑の3つの場所にわかれて作業をしています。

 油山地区にある温泉旅館油山苑では、昨日に引き続き床板剥がしと床下の泥だし作業や消毒などを行いました。
 旅館の方は、「被災当初は旅館も畳まなくてはならないかもと不安だったが、IVUSAの姿を見て自分にも何か出来るかも、これから頑張りたいと思えた」と仰っていました。現地に学生の力で希望を届けることができたと実感しました。

 また、作業後には、旅館の方々と一緒に上流の被災現場を見に行きました。川に土砂が流入し未だ道路と川が逆転している場所もありました。発災から1ヶ月以上経っていますが、助けを必要としている人はまだまだいらっしゃることを痛感しました。

221106shizuoka_1.jpg

221106shizuoka_2.jpg

221106shizuoka_3.jpg
 
 松野小学校のビオトープでは、昨日に引き続きビオトープと水車の整備を行いました。石を並べて松野小学校の校章を作ったり、階段作りやホタルを育てるための場所も整備することができ、目標としていた作業をおおむね完了することができました。

 最後に校長先生からは、「以前のビオトープよりも綺麗になり、本当に感謝しています」とお礼の言葉をいただきました。
 来週でビオトープの作業を完成させられるよう頑張ります。

221106shizuoka_4.jpg

221106shizuoka_5.jpg

221106shizuoka_6.jpg

 葵区の茶畑では昨日に引き続き通路と法面の整備を行いました。昨日の反省を活かし、役割分担をより明確にして進めたため、効率よく作業をすすめ、整備を終わらせることができました。作業終了後には、お父様から、「来てくれてありがとう。本当に助かったよ」とのお言葉を頂きました。

221106shizuoka_7.jpg

221106shizuoka_8.jpg

 作業後に関係者にご挨拶をし、関東組・関西組ともに無事に到着し、解散しました。今回もお世話になった皆様、誠にありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動6次隊が始まりました(11月5日) [2022年11月05日(Sat)]
 学生18名、事務局1名、OBOG6名の計25名で、静岡県葵区での活動が始まりました。

221105shizuoka_1.jpg

 油山地区の温泉旅館油山苑、松野小学校ビオトープと葵区にある茶畑など、3つの場所に分かれて作業をしました。

 油山地区にある旅館では、床板剥がしと床下の泥出し作業を行いました。IVUSAが来るよと近所の人に知らせると、皆がとても喜んでたよと旅館の方が仰っていました。「また来てくれてありがとう」と笑顔で受け入れてくださりました。

 女将さん方がお昼におにぎりとお味噌汁を作ってくださり、みんなで美味しくいただきました。そのおかげで午後も元気に活動することが出来ました。まるで「故郷」のような暖かさがあり、心も身体も温まりました。

221105shizuoka_2.jpg

221105shizuoka_3.jpg

 葵区にある茶畑では、抉れてしまった通路の整備と土砂と石を積み上げて土留を作りました。天候も良かったことから、学生たちの作業も捗りました。通路は元通りになり、元の美しい茶畑の姿を取り戻しつつあります。土砂の中には大きな岩も混じっており、掘り起こすだけでもかなり体力を消耗しましたが、地域の方から「だいぶ進んだね。ありがとう」と笑顔を見せてくださり、活動を頑張ることが出来ました。作業を行った学生からは、「土砂の撤去は腰を低くして行うため、私たち学生がよりマンパワーを発揮していきたい」と決意を固めていました。

221105shizuoka_4.jpg

221105shizuoka_5.jpg

 松野小学校ビオトープは、普段から地域の方々や小学校の児童の憩いの場として使われており今回の台風の影響により使えなくなってしまいました。「たくさんの方がボランティアとして来てくれたおかげで復旧作業が予定よりも進んだ」というお言葉をいただきました。また、作業後に校長先生は、「まさか自分が被災するとは思ってなかった。助けてもらった分、私もどこかで災害があった時は、ボランティアに行きたいです」と仰っていました。

221105shizuoka_6.jpg

221105shizuoka_7.jpg

 私たち自身もいつ災害の被災に合うかは分かりません。そのいつ起こるか分からない災害で、助けてもらうだけではなく、自分や周りの大切な人を助けられる術を、この災害ボランティアでたくさん吸収して、活かしていきたいと強く感じました。

 静岡市の復興が一日でも早くなるように、明日の活動も精一杯頑張ります。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動5次隊は無事に終了しました(10月30日) [2022年10月30日(Sun)]
 活動2日目は、学生12名、事務局1名、OBOG2名の計15名で活動しました。

 朝に昨日入らせていただいた静岡県静岡市葵区内牧にあるお宅の仕上げをした後、葵区松野にあるお宅と小学校のビオトープ2つの場所にわかれて作業しました。

 内牧のお宅は、床板を戻すなどの現状復帰を行いました。3次隊から長く入らせていただいたお宅のニーズを完遂することができました。

 松野のお宅は住居兼美容室で、床下の泥だしやブラッシング、消毒をしました。お宅のお父さんや大工さん、他のボランティア団体の皆さんと一緒に活動し、ニーズは完遂することができました。大工さんからは静岡おでんの差し入れをいただき、ご当地の味を堪能しました。

221030shizuoka_1.jpg

 お宅のお母さんは綺麗になったお家を見て、「ありがとう。それしか言葉が出ない」と涙しながら喜んでくださいました。

221030shizuoka_2.jpg

 小学校では建物裏の泥かきやビオトープに流入した土砂出しをIVUSA特別顧問である日本財団の黒澤司さんたちと進めました。水を含んだ重い泥も、こぼさないように慎重に運びました。直接ありがとうの言葉を頂いて、とても嬉しく、頑張る糧になりました。災害救援に参加して、本当に良かったと感じました。

221030shizuoka_3.jpg

221030shizuoka_4.jpg

 少人数でしたが、一体となって活動することができました。
 来週末には6次隊の派遣も予定しており、引き続き静岡の皆さまのお力になれるよう努めます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動5次隊が始まりました(10月29日) [2022年10月29日(Sat)]
 学生10名、事務局1名、OBOG3名の計14名で活動しました。

 今日は静岡県静岡市葵区内牧地域のお宅1軒にて、全員で作業しました。

 100年以上前に建てられた旧宅と新しく建てられた部分からなる大きなお家でした。
 そのため床下浸水した範囲も広く、全員で床下に潜り泥出しやブラッシング、消毒といった作業を進めました。

221029shizuoka_1.jpg

221029shizuoka_2.jpg

 泥の除去を完了させたあと、床下の清掃や木材のブラッシングを行いました。
 泥は乾燥していましたが、その分土ぼこりが舞う中での作業でしたが、消毒に備えて丁寧に進めました。

 その後消毒までの床下作業は完了させ、作業のために取り除いた根がらみ貫を再度取り付けました。
 明日床板や畳を戻すなどお部屋の原状復帰をしてニーズ完遂の予定です。

221029shizuoka_3.jpg

221029shizuoka_4.jpg

 お宅のお父さんは普段在宅ワークで、他の人が近くで働いていることが少ないとお話しされていました。
 そのため今日のように学生が側で作業に取り組んでいると、「一人ではやろうと思わない、みんながいるからできる」と作業をするモチベーションが上がるそうです。
 今日も私たちの側で作業されていました。

 お母さんやおばあさんも学生にたくさん声をかけていただき、飲み物やお菓子の差し入れもいただきました。
 とても温かい気持ちで今日の作業を終えました。

 明日は学生2名が合流し、合計15名での活動になります。
 全員で協力して明日も作業を進めます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml