CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


竹林整備活動@こどもの国 [2020年12月24日(Thu)]
 12月13日に学生17人で神奈川県横浜市青葉区にある児童養護施設「こどもの国」での竹林整備活動を行いました。

 広い敷地に対して園内の整備は少数のスタッフで行っており、整備作業が大きな負担になっています。園内整備のお手伝いをすることによって子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。整備しなければならない竹林は膨大にあり、すべて整備し終わるのに10年かかると言われています。

 今回の活動の目的は、「こどもの国の景観を保護し、学生ひとりひとりが安全を考える」ことでした。竹林を整備し、こどもの国からのニーズである景観の保護をするとともに、ケガなく安全に活動することを目指しました。

201213chikurin_1.jpg

 今回は人数が多かったので3班に分け、各班長は経験豊富な人に担当してもらいました。
 そして感染対策のため全体ではなく班ごとに活動しました。
 竹林整備は、少しの油断が大きな事故に繋がりかねない作業であるため、少しでもその危険性を下げ、作業の効率性を上げるため、感染拡大に配慮し全体ではなく各班で切り方の研修を作業開始前に実施しました。
 学生たちは、研修を通して学んだ危機予測や竹林整備の注意点を意識して作業しました。

 午前中は竹を切り倒す作業、午後は枝打ちを行いました。事前の研修のおかげもあり効率的な作業を行うことが出来ました。学生にケガはなかったものの、作業中にてのこを落としてしまうという事件が3件あり、反省点もありました。

201213chikurin_2.jpg

 全作業終了後には、こどもの国職員の金子さんから、「大きな怪我も無く活動を終えることができてよかったです。ありがとうございました」とのお言葉を頂き、12月の竹林整備維持活動を締めくくることができました。

竹林整備活動@こどもの国 [2020年11月08日(Sun)]
 11月8日、学生4人で、神奈川県横浜市青葉区にある児童養護施設「こどもの国」での竹林整備活動を行いました。

201108chikurin_1.jpg

 広い敷地に対して園内の整備を担当するスタッフは少数で、整備作業が大きな負担になっています。園内整備のお手伝いをすることによって子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。整備しなければならない竹林は膨大にあり、すべて整備し終わるのに10年かかると言われています。

 今回の活動の目的は、「こどもの国の景観を保護し、学生ひとりひとりが安全を考える」ことでした。竹林を整備し、こどもの国からのニーズである景観の保護をするとともに、ケガなく安全に活動することを目指しました。 

 具体的には、枯れている竹を切り、3メートルにカットする枝打ちを行いました。4人という少ない人数ではありましたが、効率良く活動できました。

201108chikurin_2.jpg
守山市びわこ地球市民の森オオバナミズキンバイ除去活動に参加しました(2月27日) [2020年09月30日(Wed)]
 2月27日に滋賀県守山市びわこ地球市民の森の小川にて、滋賀県庁自然環境保全課 2名、都市計画課3名、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社3名、植栽業者4名、公園サポーター9名、IVUSA学生17名、計38名で、特定外来生物オオバナミズキンバイ(以下オオバナ)の除去活動に参加しました。

 今回の活動場所であるびわこ地球市民の森は、魚の住処や子どもの遊び場所など、市民にとって憩いの場となっています。しかしオオバナの繁殖によって、魚に住処が失われたり、景観が悪化したりするため、今回は、小川に繁殖するオオバナを完全除去することを目的に活動しました。

200227oobana_1.jpg

 まず、滋賀県庁自然環境保全課の岩本様よりオオバナの厄介な特徴と取扱いの注意、びわこ地球市民の森の小川における繁殖状況と対策について教えていただきました。参加者は今回の活動に対しての目的を理解し、意識を高めていきました。

200227oobana_2.jpg

 午前10時より、小川内に繁殖するオオバナを根こそぎ除去していきました。小川での作業は、胴長がぬかるみにハマり、オオバナの除去は困難でしたが根気よく1本1本抜いていきました。オオバナは網袋に入れて、陸まで引き上げました。集積したオオバナは、トラックに積込み、仮置き場まで運びました。そこで天日干した後、乾燥したものを焼却処分します。

200227oobana_3.jpg

200227oobana_4.jpg

200227oobana_5.jpg

 午前の活動終了後には、昼で帰られる参加者もいらしたので、午前の部の閉会式を行い、集合写真を撮りました。

200227oobana_6.jpg

 午後からは、まだ作業していないエリアでオオバナを抜くのと同時に、下流から上流に向けて、午前の作業での取り残しを回収したり、水面に浮いているオオバナの茎や葉を網で回収したり、15時15分に作業が終了しました。そして作業後には、活動で使用した胴長やゴム長手袋を洗いました。

200227oobana_7.jpg

200227oobana_9.jpg

 閉会式では、滋賀県庁の中井様より「皆さんとても上手にとっていただけたと思います。また機会があれば皆様の若い人の力でお力添えいただけたら、琵琶湖も、我々もとても喜びます」との言葉をいただきました。

 その後、今回の活動で感じたことついて、各自の意見を共有しました。初めて参加した学生からは「腰を曲げてオオバナを根から抜いたり、網袋の引き揚げたりする作業は想像以上に重労働ではあったが、作業後にオオバナがなくなって綺麗になった小川を見ると、大きな達成感を感じられた」「活動終了後に泥のついた装備をみんなで洗ったことを通じて、装備の大切さを改めて深く感じた」などの意見がありました。

 最後にリーダーである竹本和香(京都光華女子大学2年)から、「オオバナ除去活動には大人数の参加が必要となります。皆さんぜひ今後も活動に参加してほしい」との挨拶があり、今回の活動が終了しました。

 今回の活動では、びわこ地球市民の森の小川で、660u、2tのオオバナを除去できました。

200227oobana_12.jpg

 最後になりますが今回の活動実施にあたり協力してくださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(立命館大学1年 高下 怜真)


【プロジェクトリーダーより】
 私は、活動1ヶ月前に初めてびわこ地球市民の森に訪れた際、自然豊かでとても温かい公園だと感じました。
しかし、この自然豊かな公園にオオバナが繁茂してしまうと、公園の魅力が薄れてしまう危機感を感じました。

 はじめて活動リーダーをさせていただき、事前から滋賀県庁の方々と活動範囲や道具、運搬車両、仮置き場、施設利用、スケジュール等の打ち合わせを行い、オオバナ除去活動は沢山の人々の支え合いにより成り立っていることが身に締めて感じました。

 これからも多くの学生と一緒に、自然環境に関心を持ち、オオバナ除去を通じて自然豊かな公園や琵琶湖を守っていきたいです。

 今回の活動でお世話になりました関係者、参加してくださった方々に深くお礼を申し上げます。(京都光華女子大学2年 竹本 和香)
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月31日) [2020年09月01日(Tue)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月31日はJR船橋駅前にて4人で支援を呼びかけ、19人の方々より8,906円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200831funabashi_1.JPG

200831funabashi_2.JPG
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月30日) [2020年08月31日(Mon)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月30日は武蔵溝ノ口駅前にて6人で支援を呼びかけ、69人の方々より24,147円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200830mizonokuchi_2.jpg

200830mizonokuchi_1.jpg

200830mizonokuchi_3.jpg

200830mizonokuchi_4.jpg
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月29日) [2020年08月31日(Mon)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月29日は武蔵溝ノ口駅前にて3人で支援を呼びかけ、45人の方々より14,293円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200829mizonokuchi_1.jpg
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月24日) [2020年08月24日(Mon)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月24日は船橋にて3人で支援を呼びかけ、12人の方々より4,344円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200824funabashi_1.JPG

200824funabashi_2.JPG
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月23日) [2020年08月24日(Mon)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月23日は溝ノ口にて5人で支援を呼びかけ、50人の方々より17,056円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200823mizonokuchi_1.jpg

200823mizonokuchi_2.jpg
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月22日) [2020年08月24日(Mon)]
 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月22日は溝ノ口、船橋にて計8人で支援を呼びかけ、83人の方々より28,722円の募金をお預かりしました。
 募金をしていただいた方から、スポーツドリンクの差し入れもいただきました!

200822mizonokuchi_1.jpg

 ご協力、誠にありがとうございました。

▼神奈川県川崎市
 武蔵溝ノ口駅前にて70人の方から24,457円をお預かりしました。

200822mizonokuchi_3.jpg

200822mizonokuchi_4.jpg

200822mizonokuchi_2.jpg

▼千葉県船橋市
 JR船橋駅前にて13人の方から4,265円をお預かりしました。

200822funabashi_1.JPG
令和2年7月豪雨災害被災地支援募金(8月20日) [2020年08月20日(Thu)]

 令和2年7月豪雨災害被災地支援のための街頭募金活動を実施しています。

 8月20日は京都駅前にて11人で支援を呼びかけ、43人の方々より21,409円の募金をお預かりしました。

 ご協力、誠にありがとうございました。

200820kyoto_1.jpg

200820kyoto_3.jpg

200820kyoto_2.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml