• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


東日本春合宿(3回目)が始まりました(6月18日) [2016年06月20日(Mon)]
 6月18日、神奈川県にある足柄ふれあいの村で、学生192名、事務局3名、OB2名による研修合宿が行われました。

 午前8時に開成駅に集合しグループごとにバスに乗り施設に向かいました。

 午前中は班ごとにコミュニケーションをとったり、今回の合宿のマネージャー紹介や、施設の方から使い方の説明などをしていただきました。

160618east_1.jpg

 昼食休憩後、CMT(危機対応講習)、HRT(総合コミュニケーション講習)、SRT(社会理解講習)、班長研修、マネジメント研修と、各グループに分かれてそれぞれ研修を行いました。

 CMTでは搬送法や三角巾を使った固定法や圧迫法などを学びました。様々な手技などを覚えるだけでなく、実際の場面を想定しながら緊迫した雰囲気で取り組みました。

 マネジメント研修では大学生が持つ「時間の資源」を有効に使うためのマネジメントについて考えました。

 また事務局員によるIVUSAの歴史についての学びでは、阪神・淡路大震災の救援活動について本を読み、それぞれが感じたことを発表しあいました。リアルな話だけに本を読んで鳥肌がたったという子もいました。

160618east_2.jpg

160618east_3.jpg

 HRT(総合的コミュニケーション講習)では、自分の意見を相手に伝えコンセンサスをどう得るかというゲームを行いました。お互いの価値観が違う中で相手の同意を得るのはとても難しいそうでした。

 SRT(社会理解講習)では、最近興味関心のあるニュースなどについて班で話し合いました。そういった問題について解決するためにIVUSAがどう関わっていくかという講習を受けました。

160618east_4.jpg

 午後6時、初日の研修をすべて終え、グループごとに飯盒炊飯をしました。班ごとに声を掛け合いながら協力してカレーを作り、美味しくいただきました。片付けも一人一人が自主的に取り組むことができました。

160618east_5.jpg

 夕飯の後、グループごとに順番でお風呂に入り、班で一日の反省や振り返りをして次の日に向けた目標をたてました。その後、班を超えた交流会があり、みんな笑顔でお話をしてる姿が見られました。交流会終了後各コテージに戻り次の日に備え就寝しました。
タグ:合宿
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml