• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


12月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2024年01月14日(Sun)]
 12月18日に、群馬県宮沢町にて、群馬高崎クラブ14名で竹林整備活動を行いました。前回の活動に引き続き、活動場所を提供してくださったのは清水積さんです。清水さんの所有している3か所の竹林のうち、1か所で全伐を目指しました。

 当日は、各自で10時に現地に集合しました。気温が低く風も吹き寒さを感じる中、一つの輪になり準備運動を始めました。その後CPの清水さんは不在だったため、そのまま装備を身につける準備を始めました。約3分の1は活動初心者であったため、鋸やヘルメットなどの装備の付け方を教え合ったり、怪我をしないようにと声をかけ合ったりしながら活動現場へと移動しました。

231218chikurintakasaki_1.jpg

 活動現場に着くと、4〜5名で構成された3グループに分かれて、各現場長の指示に従い、竹林整備をしました。各グループには1〜2名の未経験者がいましたが、経験値問わず勉強会で習った知識を活かし積極的に竹を切っていました。

 初めは、慣れない作業に困惑していた様子でしたが、だんだんとコツを覚えスムーズに作業を行うことができるようになっていました。現場長中心に、枝打ちのやり方や竹を切るときや竹を押さえるときのコツなどを教えあいながらスキルを高め合っていく、そんな様子が見られました。30分くらい経ち作業に慣れてくると、同じグループの中で枝打ちを行う人と、竹を切る人に分かれ効率よく作業を進めていました。

231218chikurintakasaki_2.jpg

231218chikurintakasaki_3.jpg

 休憩は、各グループで30〜40分に1回くらいとっていました。かなり冷え込み風が強かったため、10分くらい経つと現場に戻り作業を進めていました。活動の途中で、前々回の活動の所有者である樋口智恵子さんが現場に6か月ぶりに足を運んでくださいました。
 現場を見て、「かなり作業が進んだね」と作業ペースに驚いたと言ってくださいました。最後に、活動している様子を見た感想や「今後もよろしくお願いします」などと全体に挨拶や感謝を伝えてくださいました。

231218chikurintakasaki_4.jpg

 各グループで順調に作業は進み、12時40分頃に活動を切り上げました。活動場所で集合写真を撮った後、装備のメンテナンスを行いました。活動した感想を話し、達成感にあふれた晴れ晴れとした表情でした。

231218chikurintakasaki_5.jpg

231218chikurintakasaki_6.jpg

 今回の活動は、寒い中での作業で未経験者が多かったにもかかわらずビフォーアフターがはっきりとわかるくらい効率よく作業を進めることが出来ました。それは、現場長の指示に従ったり、学年問わず教え合ったりしていたことが成果につながったのではないかと思います。

 次回、2024年1月14日の活動もCPさんや活動中のコミュニケーションを大切に、目的達成に向けて取り組んでいきたいと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml