• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


6月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2023年07月04日(Tue)]
 6月18日に、8名で竹林整備活動を実施しました。

 今回からは、以前お世話になった樋口さんのご紹介で、竹林の管理に困っている清水さんという方と連絡を取らせて頂き、清水さんの保有している竹林で活動を実施しました。今回は次回以降の活動のために竹林に空間を作ることを目的として、整備活動を行いました。

 当日は、各自9時に集合し、清水さんにご挨拶をしました。暑さを感じるほどの良好な天気の中、作業現場へと移動しました。

 はじめに活動の中心メンバーと清水さんとで活動の方向性について確認したのちに、怪我防止のため全員で準備運動して、3人で構成された2グループに分かれ、活動を開始。

230618takasaki_1.jpg

230618takasaki_2.jpg

 参加者全員が竹林整備活動に1回以上参加経験がありましたが、今後の整備活動で活躍できる人材育成のために、経験者が低学年の参加者に必要なことを教えながら活動しました。また、30分に1度の休憩をはさみ、熱中症にならないように水分補給をこまめにとりながら進めていきました。

230618takasaki_3.jpg

 午前は梅の木の近くの竹林を切ったり、切った竹を積みやすくするために竹の枝をカットする枝打ちの作業を行ったりしました。経験者を中心としてどの竹を切るのか決めたり、経験が浅い参加者にレクチャーしたりしながら協力して竹を切っていきました。竹を倒す際には「倒れるよー!」と声を掛け合いながら安全に配慮して活動を進めました。

 午後は午前の作業が順調に進んだため、活動の中心メンバーで話し合って、午前中に広げたスペースへ入っていきやすい道を作りました。道を作るために竹を切るグループと枝打ちを行うグループに分かれて40分ほど活動したのち、13時頃に活動を切り上げた後、装備の手入れを行いました。

230618takasaki_4.jpg

230618takasaki_5.jpg

 作業を終えたあと、活動の中心メンバーは清水さんに現場の進捗を確認してもらい、次の活動について話し合いました。最後に参加者全員で清水さんにご挨拶をして活動は終了しました。

 今回の活動では全員が竹林経験者だったため、とてもスムーズに作業が進みました。また、自分たちで考えて行動した結果、受け入れ先の方とも信頼関係を深めることのできた隊になりました。次回以降も信頼を得られるように真摯に活動に取り組んでいきます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml