• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


3月高崎清掃活動(群馬高崎クラブ) [2023年04月14日(Fri)]
 2023年3月17日に、3月高崎清掃活動を実施し、群馬高崎クラブの学生40人が参加しました。本活動は、清掃活動を通して、ごみ問題解決に向けて今後の生活やIVUSAの活動の中で主体的に取り組めるきっかけにすることを目的として行われました。

 当日9時30分に玉村町総合運動公園に集合し点呼を行った後、開会式でプロジェクトマネージャーをはじめとする幹部から、注意事項の伝達や安全確認がありました。

 その後、10人ずつ編成された4班に分かれて顔合わせをしました。班員同士でごみの分別をしやすくするために、燃えるごみ、燃えないごみ、ペットボトル、缶、瓶、その他危険物というようにごみ袋の担当を振り分け、各班事前に決められたルートを出発しました。

230317takasaki_1.jpg

 通行者の進路を妨げないように周囲に気を配りながらごみ拾いを進めていきました。ごみは特に川沿いに多く、拾い漏れがないように注意深く探していきました。

 中身の入ったペットボトルや割れた花瓶など落ちているごみの種類は様々でしたが、協力しながらごみを分類し、順路を進みました。

230317takasaki_2.jpg

230317takasaki_3.jpg

 1時間ほど活動し、11時過ぎに再び全班スタート地点の玉村町総合運動公園に戻り、各班はごみをまとめる作業を行った後、閉会式を行い、清掃活動が終了しました。

 中にはこの活動が初めてのボランティアだったクラブ員もおり、清掃活動を終えた達成感を味わっている様子でした。
 また、「時間の都合上拾いきれないごみも多くあった」と言うクラブ員もおり、今後も継続して清掃活動を行っていく必要があると感じました。

230317takasaki_4.jpg

230317takasaki_5.jpg

 事前に勉強会でごみ問題の現状を学び、また活動参加者がごみ問題解決のために取り組んだ様子の写真を班で共有しあうエコエコフェスティバルを行っていました。そのため、どのように行動すればごみ問題を解決できるか意識しながら清掃活動を行うことができました。

 各班で、大学・学年様々に編成されていたので、関わる機会が少なかった人とも活動を通して交流でき、クラブ員同士の仲がより深まった印象を受けました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml