• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


Go!Go!南牧探検隊(群馬高崎クラブ) [2023年02月20日(Mon)]
 2022年11月14日から2023年1月23日にかけて、計3回の「Go!Go!南牧探検隊事業」が行われました。

 群馬県甘楽郡南牧村は、高齢化率(約66%)が日本で最も高いといわれている、限界集落とされています。さらに南牧村は著しい人口減少により、空き家数の増加や教育施設の減少、コミュニティの希薄化などの課題が深刻です。
 そこで、群馬高崎クラブはこれまでハロウィンパーティーやクリスマスパーティー、地域内の音楽会をはじめとする様々な南牧村の活性化活動に取り組んできました。

 群馬高崎クラブでは、新型コロナウイルスの流行のため、現地に足を運んだことのあるクラブ員が減少していました。実際に南牧村を知るクラブ員が少ないことで、南牧村に適切なアプローチを講じることが難しくなっていることを案じ、今回の事業が開催されました。

 第1回は2022年11月14日月曜日に高崎経済大学で開催され、群馬高崎クラブ員14名が参加しました。

 実際に南牧村に足を運んだことのあるクラブ員から、南牧村の現状が説明されました。これにより、現地では特産品が安価になったり、高等学校がなかったりといった少子高齢化がもたらした深刻な状況を把握することができました。また、南牧村を訪れたクラブ員から南牧村の魅力が紹介されました。

 その後、各班で第2回の現地調査に向けて、南牧村の施設や名所をインターネットで検索し、当日のルートを設定しました。

2301gogotakasaki_1.jpg

2301gogotakasaki_2.jpg

 第2回は2022年11月27日の日曜日に行われ、群馬高崎クラブ員18名が参加しました。

 当日10時15分頃に、「道の駅オアシスなんもく」に到着しました。南牧村で採れた新鮮な野菜や、村内のお店のパンなどが販売されていました。その後9名ずつ2班に分かれ、それぞれ線ヶ滝や蝉の渓谷といった南牧村の自然を感じることのできる名所を巡りました。

 正午になると、村内の自家製のコッペパンと多国籍料理を提供しているお店「Big Mom」、微粉炭を混ぜた炭ラーメンや炭ギョーザが有名な「千歳屋」を訪れ、各班で昼食をとりました。事前に設定したルートを全て巡り終わった後には2班をさらに2つに分けて、合計4班で自由行動をとり、南牧村で行きたい場所を訪れました。

 南牧川で自然を味わう班もいれば、自家製天然酵母パンを販売する「もえぎ彩」にて、ベーグルを購入する班や「黒瀧山不動寺」で参拝する班などもいました。その後、15時に最初に訪れた道の駅オアシスなんもくに再集合し現地解散となりました。
 
 南牧村で一日を過ごしましたが、休日にも関わらずほとんどご高齢の方しか目にしなかったことに驚いたと同時に、南牧村の課題である少子高齢化の現状を実感しました。ただ、紅葉が見頃の村内をツーリングする人たちも複数回目にすることができ、自然豊かな南牧村は、休日の気分転換に適していることがよくわかりました。

 参加したクラブ員たちも、「久しぶりにゆっくりできた」「とことん自然が味わえて楽しかった」と口にしており、リラックスした表情を浮かべていたのが印象的でした。南牧村を初めて訪れたクラブ員が多数を占めており、南牧村の魅力を十分に感じることのできた一日でした。

2301gogotakasaki_3.jpg

2301gogotakasaki_4.jpg

2301gogotakasaki_5.jpg

 第3回は2023年1月23日の月曜日に高崎経済大学で開催され、群馬高崎クラブ員20名が参加しました。
 まず、これまでの南牧村の活動でもお世話になっているカウンターパートの鰐淵さんとZoomを繋ぎ、南牧村の魅力について教えていただきました。湧き水の美味しさや温かいコミュニティなど、南牧村をよく知る鰐淵さんならではの情報を知ることができました。

 また、第2回の活動で直接南牧村の様子を見聞きしたクラブ員から、南牧村での活動を通した感想が全体に共有されました。第3回の活動では、第2回の現地調査に参加できなかったクラブ員も含まれていましたが、より南牧村の状況を知ることのできるきっかけとなりました。

 その後、これからIVUSAとして、産業の衰退や少子化などの課題を抱える南牧村にどうアプローチできるかを4班に分かれ話し合いました。マラソン大会の運営や他地域との交流の機会を設けることで、南牧村の魅力を周囲に届けることができるのではないかという意見がありました。鰐淵さんからもフィードバックをいただくことで、具体的に描くことができました。

2301gogotakasaki_6.jpg

2301gogotakasaki_7.jpg

 今回、第1回は「南牧村について学ぶ」、第2回は「実際に南牧村に行ってみる」、第3回は「南牧村とクラブ事業のこれからについて考える」という3部構成で、Go!Go!南牧探検隊事業が開催されました。

 この3回の開催により、南牧村を知るクラブ員の数が明確に増加しました。今後、南牧村での活動も多くなると予想されます。その際には、今回の事業で感じた南牧村の魅力や自分たちには何ができるか考えた経験をぜひ活かしてほしいです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml