• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


静岡県静岡市令和4年台風15号災害救援活動9次隊は無事に終了しました(11月27日) [2022年11月27日(Sun)]
 今日は学生19名、事務局1名、OBOG2名の計22名で活動しました。

 昨日に引き続き、静岡県静岡市葵区油山地区にあるいちご農園の方の納屋のお掃除を隊員数名でさせていただきました。台風の影響でこの納屋は1mほど水に浸かってしまったそうで、私たちは納屋の中に残っていた土を外に運び出す作業をしました。

221127shizuoka_1.jpg

 他の隊員は松野小学校のビオトープに向かいました。作業が始まる前に納屋の作業を終えた隊員と合流し全員で活動を開始しました。ビオトープでは流れが悪くなっていた川を土の量や石を置き直して流れやすいように整え、上流の水際にリュウノヒゲのという植物を植えました。

 川の流れを良くするための少しの高さ調整が難しく、土を削ったり石を置いたりとちょうど良い高さになるまで調整しました。それらの作業が終わった隊員から周りの落ち葉やゴミを拾い、10時すぎには作業を終えました。

221127shizuoka_2.jpg

221127shizuoka_3.jpg

 その後は松野小学校の運動会を見させていただきました。台風で運動場が使えなくなり、運動会が延期されてから、今日は小学生にとって待ちに待った日となりました。天気も良く運動会日和となり、小学生が元気に走ったり踊ったりする姿を見ることができました。

 私たちも小学生を応援したり一緒にソーラン節を踊ったりととても楽しませていただきました。

 松野小学校の校長先生は「みなさんのおかげでこうして生活はもちろん、運動会もできるようになりました。私も子どもたちもこのご恩は一生忘れません。ありがとうございました」と仰ってくださいました。今回の隊は台風15号災害救援活動に初めて参加する学生が多く、校長先生のお言葉で9次隊まで繋げてきてくれた仲間の大切さを感じました。

221127shizuoka_4.jpg

 お昼には一緒に活動をしていた方から温かいうどんをいただき、午後の活動のためのエネルギーを蓄えました。午後からは活動で使用した装備や重機などの洗浄、ボランティアセンターの落ち葉掃きなどを行いました。

221127shizuoka_5.jpg

 特に重機やダンプは土が多く付いていて、外側は高圧洗浄機で洗い、車内は雑巾で丁寧に拭き取りました。
 装備も一つひとつ洗うことで、活動中当たり前のように使っていましたが、綺麗にしたり手入れしたりすることの大切さを実感しました。

 また他にも、流木を片付けたり道路についた土を落としたりという作業をしました。乗り物や装備、場所など今回の9次隊までお世話になったということを忘れず、感謝の気持ちを込めて行いました。

221127shizuoka_6.jpg

221127shizuoka_7.jpg

 お昼のうどんに加え、作業後には煮込んだ玉こんにゃくをいただき、日も暮れて肌寒くなってきた体にしみるほど美味しかったです。

 最後に、これまで一緒に活動してくださったIVUSA特別顧問の黒澤司さんから、「これまで何回もの災害救援派遣をし、一緒に活動してくれてありがとう。自分たちの活動に誇りをもってください」という言葉をいただきました。

 17時過ぎに帰路につき、関東組・関西組ともに21時ごろに無事到着しました。

 令和4年台風15号災害救援活動は今回の9次隊をもって最後となります。私たちの活動に協力していただいたみなさま、ありがとうございました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml