• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


静岡県西伊豆町活性化活動10月派遣隊が始まりました(10月22日) [2022年10月23日(Sun)]
 前回西伊豆へ来た9月の活動時に比べて気温もかなり下がり、作業をしやすい気候になってきました。今回の派遣隊では、主にIVUSAが管理する「あめみや農園」で育てた里芋の収穫をします。

 参加学生17名は10時半に三島駅へ集合し、そこから活動先である「あめみや農園」へ向かいました。今回の作業では里芋を収穫し、株から親芋、子芋をもぎ取る作業をしましたが、9月に行った除草作業に比べ、遥かに力のいる作業でした。役場まちづくり課の椿さんや、農業指導をいただいている藤原國雄さんと浅賀和美さんにもご協力いただき、最後には29株、100キロ以上の里芋を収穫しました。

221022shizuoka_1.jpg

221022shizuoka_2.jpg

221022shizuoka_3.jpg

 その後、里芋の泥落としと選別作業を行いました。手洗いをする上で綺麗に洗いすぎるとかえって保存期間が短くなってしまうというアドバイスを頂き、学生は慎重に手洗いしました。選別の行程では、大きさや形が様々で商品にならないと判断したものも多く、さらに扱い方の小さな違いでも商品にならないとはじかざるを得ないものもあり、丁寧な収穫作業の大切さも学びました。この学びは、今後の予定されている収穫での教訓になりました。

221022shizuoka_4.jpg

221022shizuoka_5.jpg

 本日の夕食では収穫した里芋を調理して頂きました。自分たちで収穫した里芋の味は格別で学生たちから「おいしい!」という声が飛び交っていました。

 夕食後には、明日の出荷に向けた袋詰めと販売場所に置くポップの作成に取り掛かり、今年の3月から丹精込めて育ててきた里芋が町民の手に渡ることを思いながら各々作業に打ち込みました。袋に同封するメッセージカードには、「西伊豆が大好きです!」「大学生が一生懸命作りました!」など、西伊豆や里芋への想いを込めました。
 明日、町内の産地直売所であるはんばた市場へ出荷します。多くの町民の方の手に渡り喜んでもらえると期待が膨らみます。

221022shizuoka_6.jpg

221022shizuoka_7.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml