• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


新潟県関川村・村上市令和4年8月豪雨災害救援活動7次隊は無事に終了しました(9月19日) [2022年09月20日(Tue)]
 今日はOBOGが4名合流し、事務局1名、学生22名、OBOG18名の計41名で活動しました。

 朝、ボランティアセンターにて、朝礼を行いました。朝礼後、関川村で5現場と村上市で1現場、計6現場に分かれました。

220919sekikawa_1.jpg

 村上市では、土石流により埋もれてしまった畑や花壇の整備をしました。
 関川村では、床下の泥出しや根太のブラッシングと消毒、お墓の清掃や災害廃棄物仮置き場の現状復帰作業を行いました。

220919sekikawa_2.jpg

220919sekikawa_3.jpg

220919sekikawa_4.jpg

 午後には、ボランティアセンターに上がっているニーズはほぼ終息に向かっているとのことですが、特に空き家で手付かずのお宅がないかの確認と、それに付随して台風対策の呼びかけを高田地区で被害にあった地域に対して行いました。

220919sekikawa_5.jpg

 初日よりも隊員同士で声かけなどをしながら作業することで活気のある活動になりました。
 初日から活動しているお宅では、災害により割れてしまった窓の養生作業をしている際に、「細かいところに気づいてくれてありがとう。誰にも頼めないでいた」と住民の方が涙ぐみながら喜んでおられました。

 活動後、集合写真を撮った際に、お宅の方に「一生の思い出だよ、来てくれてありがとう」と笑顔でおっしゃって頂き、元気を届けることができたと感じました。

 作業後は、今回お世話になった方々に挨拶をし宿舎の清掃をしました。

 8月の新潟県豪雨被害から1ヶ月半が経ち、被害に遭われたお宅も徐々に大工さんが入るなど、日常の生活に向け歩みを進めています。
 元の生活を取り戻すために、今週末の最後の活動で私たち学生だからこそできることに精一杯取り組みます。

 尚、装備車1台は19時頃に、本隊バスと、もう1台の装備車は23時頃に関川村を出発しました。装備車1台は今夜本部事務所に、大型バスと装備車1台は20日の朝に新宿と本部事務所に到着しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け実施しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml