CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


大津市柳が崎湖畔公園での特定外来生物オオバナミズキンバイの除去活動に参加しました(11月11日) [2021年12月08日(Wed)]
 11月11日、滋賀県大津市の柳が崎湖畔公園で、イオン同友店会主催のオオバナミズキンバイの除去活動が開催され、イオン同友店会から99名、滋賀県職員5名、IVUSA学生1名・事務局1名の、計106名が参加しました。イオン同友会は、滋賀県内にあるイオングループの店舗の方が参加されました。

21111biwako_1.jpg

 今回の活動では、特定外来生物に指定されているオオバナミズキンバイ(以下オオバナ)を除去しました。特定外来生物とは外来生物のうち、生態系に害を及ぼす可能性があるということから環境省に指定された生物です。

 イオン同友会主催のオオバナの除去活動には2年前から参加させていただいています。柳ヶ崎湖畔公園の砂浜には陸上に根付いたオオバナが50mほどありました。当協会は主催者の方たちと一緒に作業する中で、これまでの経験を活かして外来水草の見分け方や、作業する上での注意点などを共有しながら一緒に除去活動を進めました。

21111biwako_2.jpg

 柳が先湖畔公園に繁茂しいてるオオバナは根っこが深く、広く広がっており、抜き取るのにかなり苦戦しました。根っこを取り残すと、そこから再繁殖してしまうため、できるかぎり根っこの端まで取り切れるように丁寧に除去していました。

21111biwako_3.jpg

 除去の最後には、取りこぼしがないか、作業現場を見回りました。強い繁殖力を持つオオバナやナガエが風に飛ばされたり、みずに流されたりして、新たな場所で大繁殖することを防ぐためです。

 今回の活動では、約1時間の活動で重量440kgのオオバナを除去することができました。

21111biwako_4.jpg

 最後になりますが、活動に参加させていただき、関係者の方々に深く感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

主催:イオン同友会
協力:滋賀県、NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)

※IVUSAの学生は、感染防止対策として主催者、自治体、各大学のガイドラインに従い、これに沿った対策を行ったうえで活動を実施しています。
※この事業は平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」の助成を受けて実施しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml