CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


まちづくり市民フェア2019に参加しました(東京日野クラブ) [2019年11月29日(Fri)]
 10月20日に東京都日野市市民の森ふれあいホールにて「まちづくり市民フェア2019」が開催され、東京日野クラブから学生105名が参加しました。

 このイベントは、日野市のボランティア活動や市民活動を「知って」「体験して」「参加する」ことを目的として年一回開催されています。東京日野クラブは今回で3回目の参加となり、「繋がることの価値を見出す」の目的の下、露店セクション、体験セクション、展示セクション、ふれあいセクションの4つのセクションに分かれてブースを開きました。

 露店セクションでは、「食を通じて、日野クラブと地域の方との輪を広げる」ことを目的として、チキンナゲットとフライドポテトの調理、販売を行いました。事前に試食会を行うなどして、美味しく、安心安全な食品を提供するとともに、クラブ員間の仲を深めることができました。
 また、当日は多くの地域の方にお越しいただき、賑やかな雰囲気のなか、楽しく交流しました。

191020hino_1.jpg

 体験セクションでは、「子どもからお年寄りまでにIVUSAでの活動を知っていただきIVUSAで私たちが培った知識を身につけてもらう」ことを目的として、災害時に役立つ知識を身につけるための○×クイズや段ボールベッド体験などを行いました。
 紙食器づくりでは、たくさんの子どもたちと一緒に折り紙で食器を作り、学生たちも笑顔が溢れていました。

191020hino_2.jpg

 展示セクションでは、「IVUSAの活動内容やその要因となっている社会問題と日野市の問題について自らだけでなく来場者にも理解してもらう」ことを目的として、IVUSAの活動を模造紙にまとめ展示しました。IVUSAが行っている活動を学生が丁寧に説明し、来場者も真剣に耳を傾けていました。

191020hino_3.jpg

 ふれあいセクションでは「子どもたちに非日常を提供し、好奇心を揺さぶる」「子どもと関わる楽しさを知ってもらう」ことを目的として、ブースに来てくれた子どもたちと一緒にピンボールキャッチや割り箸鉄砲作りを行いました。
 中には上手に工作できない子もいましたが、学生がお兄さんお姉さん役となり優しく一緒に工作していました。子どもたちはもちろん、学生も子どもと一緒に遊ぶという非日常的な体験を楽しんでいました。

191020hino_4.jpg

 また、今回の市民フェアでは希望者でよさこいチームを作りました。準備期間にたくさんの練習を積み重ね本番を迎えました。所属する学生は本番前には緊張した面持ちでしたが、練習の成果を発揮し、披露後には会場全体が拍手で包まれました。

191020hino_5.jpg

 市民フェアの最後には参加者、来場者全員で日野市歌を合唱し会場全体が一体感に包まれ、「まちづくり市民フェア2019」は幕を閉じました。

191020hino_6.jpg

 東京日野クラブが市民フェアに参加するにあたり、準備から当日を迎えるまでの期間で多くのクラブ員が準備に参加し、クラブ員間の絆を深めることができました。

 また、地域の方や日野市で活動するたくさんの団体と交流することができました。今回の活動で得られた繋がりを今後の活動に活かしていきます。(中央大学2年 甲斐 一生)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml