CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


ネパール山村支援活動(3月8日〜11日) [2019年03月12日(Tue)]

 3月4日から12日までの9日間、ルンビニ県パルパ郡のビルパニ村で活動をしています。

 8日はそれぞれのホームステイ先での水汲みの後、8時に集合し、バイオガス燃料機設置のための穴を掘る作業を開始しました。
 昼食後は、交流会でのチーム発表などの出し物の最終確認をして、次の日の交流会に備えました。
 午後の作業は、カウンターパートのロスさんとマヘンドラさんがマンゴージュースとオレンジジュースを各現場に届けてくださったため、更に作業がはかどりました。そのためもあってか、前日にほぼ作業を終えていた2つの穴掘り現場の最終整備を終え、村の方が終了させた1つと加えて3現場の作業を完遂することができました。

 9日は7時に集合し、普段日本では体験することのできない、生きている豚を捌くという貴重な経験をさせていただきました。
 その後、以前の活動場所であった学校の開校式典に、カウンターパートのOKバジこと垣見一雅さんと共に立会いました。式典終了後には、桃太郎をネパール風にアレンジした劇を披露したり、子どもたちと大縄跳びや玉入れ、「幸せなら手をたたこう」などを通して交流しました。
 そして、一旦村に戻り、朝捌いた豚をカレーにして昼食をとりました。
 その後、ピクニック会場に行って村の方々と軽食を囲んでピクニックをし、一緒にダンスも踊りました。
 夜には垣見一雅さんから、ネパールと日本の問題や、幸せについての話を聞かせていただきました。

 10日は、朝の集合時に、この活動で様々な調整をしてくださってきたカウンターパートのロスさんが別の仕事で移動することとなり、新しく来たプラカスさんと交代され、顔合わせをしました。
 その後8時から作業に移り、全員で円になって昼食をとりました。
 村での生活もちょうど一週間となり、日差しが強い中での作業が多かったため、疲労回復のため昼寝の時間をとりました。また、午後の作業終了後には、チャウチャウという汁なしラーメンのようなネパール料理を振舞っていただきました。

 11日は、朝に各ホームステイ先でポラロイドカメラで写真を撮影しました。完成した写真は、最終日にメッセージを入れてホームステイ先の家庭の皆さんにプレゼントする予定です。
 午前の作業では、土日から取り掛かっていた難しい現場を終了させることができました。
 この日から、作業の効率化のために作業と休憩をシフト制にしました。そのため、休憩中には子どもたちと遊ぶ時間も多く取れるようになりました。また、その結果、更に2つの現場で作業を完遂することができました。

 12日は閉会セレモニーをし、13日には村を離れます。
 最後まで怪我などには気をつけつつ、目標完遂に向けて学生・村民力を合わせながら活動を行います。

※通信環境が不安定なため、定期的に更新できません。ご了承ください
タグ:ネパール
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml