CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


千代田区福祉まつり(東京市ヶ谷クラブ、東京三崎町クラブ) [2018年12月04日(Tue)]
 10月20日に東京都千代田区役所・かがやきプラザにて行われた「福祉まつり」に、市ヶ谷クラブと三崎町クラブ合同で参加させていただきました。

 福祉まつりとは、千代田区の福祉を支える地域団体が集合し、福祉や防災について学んだり交流を深めたりすることによって、区の福祉コミュニティを創ることを目的としたイベントです。

 今回市ヶ谷クラブからは21人、三崎町クラブからは18人が参加しました。
 市ヶ谷クラブは「防災すごろく」と「新聞紙で食器づくり」の2つのブースを設けました。小さい子から大人の方まで、たくさんの幅広い世代の方々が来てくださいました。

 「防災すごろく」では、すごろくのマスに防災クイズを設け、すごろくを楽しみながら防災を学べるようにしました。クイズは難しいものもありましたが、みなさん真剣に考えてくださり、新しい発見があったと仰っていただきました。

181020fukushi_1.jpg

 「新聞紙で食器づくり」ではメインになる食器2種類の他、スリッパも作りました。一緒に新聞紙を折りながら、地域の方との交流を深めることができました。
 また、普段情報を得るために読む新聞紙を使ってどれも簡単に作ることができたことには驚きました。

181020fukushi_2.jpg

 三崎町クラブでは、千代田区役所4階にて、防災スタンプラリーの一環として、AEDを体験できるブースと防災に関する知識を身につけられるカルタのブースに分かれて活動を行いました。

181020fukushi_3.jpg

 小さな子どもから、ご年配の方々まで数多くの地域の方々が来てくださり、スタンプラリーを楽しみながら、防災かるたを通して減災の方法や非常時の行動などを知ることができ、AEDでは、一連の流れの知識を身につけることができました。

 朝早くからブースなどの準備・作成に取り掛かり、片付けもみんなで声を掛け合い、協力して進めることができました。

181020fukushi_4.jpg

 参加していただいた地域の方々だけでなく、一緒に活動をしている学生も、AEDの使い方や防災に関する知識が身につき、良い経験となりました。

 どのブースも、来場者の方が実際に災害時に役立つ知識を楽しく得ることができる機会になりました。
 そして、私たち自身もこの活動を通じて防災の知識を深めることができました。災害の多い日本で、いつ大きな災害が起きてもきちんと対応できるような知識を身につけておくことの重要性を改めて認識しました。

 これからも地域の方との交流も深めつつ継続させていきます。(大妻女子大学3年 小池 やこ)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml