• もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。
公式サイト https://www.ivusa.com/


<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
東日本大震災復興支援活動が始まりました(8月24日) [2018年08月25日(Sat)]
 8月24日から27日にかけて、宮城県亘理郡山元町にて「東日本大震災復興支援活動」を実施し、学生48名が普門寺にて行われる「てら茶房夏祭り2018 〜みんなでおいで〜」の運営補助の他、側溝の掃除など現地のニーズに応じた活動をしていきます。

 初日となる今日は、午前7時に関東・関西の学生を乗せたバスが新宿を出発し、昼頃に山元町に到着しました。

 骨塚の前で行われた結団式では、プロジェクトマネージャーの芝沼佳奈(東京家政大学3年)から、「7月に起きた豪雨災害の活動が行われている中で、50人でも山元町に来たというのは、意味のあることだと思う。その意味を考えて活動していってほしい」と挨拶がありました。

 また、普門寺の住職である坂野文俊さんからは、体調管理・安全管理をしっかりしてほしいという言葉とともに、「率先して動いて地域の方々からたくさん話を聞いてください」と挨拶をいただきました。

180824yamamoto_1.jpg

 13時頃に結団式を終えたあと16時頃まで、2つの組に分かれ現場研修とお祭りの設営を行い、その後18時頃までIVUSAファームの草取りと側溝掃除をしました。

 1年生を対象とした現場研修では、土のうの詰め方やテントの立て方など、活動する際に必要となる技術を学び、その後のお祭りの設営をスムーズに進めることができました。

180824yamamoto_2.jpg

 IVUSAファームでは、人のもも程度まで伸びた草を現地の方々と一緒に全て刈り取りとることができました。草に埋もれてしまっていたラベンダーや花などが見えるようになり、畑がとてもすっきりとしました。

 側溝掃除では、牛橋地区の一部の側溝を掃除しました。震災後から手つかずで溜まった土が硬くなっていましたが、懸命に作業を進めました。

180824yamamoto_3.jpg

180824yamamoto_4.jpg

 夕食後に班ミーティングを行い、一日の行動を通しての考えや感想を共有し、これからの活動に向けての意識をさらに高めました。

 今回この活動で着用する隊Tシャツは、山元TIME*さんが手作りしてくださっています。
 プロジェクトマネジャーの芝沼からは、「私たちのために手作りをしてくださっているという意味を考えて活動に臨んでほしい」と話がありました。

180824yamamoto_5.jpg

 明日は猛暑になりそうですが、体調に気をつけて、暑さに負けずにお祭りを盛り上げていきたいと思います。

*ものづくりを通して、地域や人や物をつなげることを目的として活動を行なっている山元町の団体
タグ:山元町
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml