CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


福岡県星野村活性化活動(長崎佐世保クラブ) [2018年06月26日(Tue)]
 5月19日、福岡県八女市星野村にて、学生12名、カウンターパートである「頑張りよるよ星野村」8名、久留米大学ボランティアサークルユメクル学生16名、日本自動車連盟福岡支部18名の計54名で活動を実施しました。

 かつて星野村の広内・上原地区の棚田は美しく積み上げられた石積の棚田であり星野村の誇りとして大切に受け継がれ、1990年には「日本の棚田百選」にも選ばれています。
 しかし、2012年7月に起こった九州北部豪雨によって星野村、そして棚田は甚大な被害を受けました。この活動は、従来の美しい棚田を取り戻すために継続しています。

 到着後、広内・上原地区の棚田で現場ミーティングを行い、がんばりよるよ星野村の副理事長である榎元伸一さんから作業内容の説明を受けました。
 今回の活動内容は棚田の石垣に生えている雑草の除去でした。雑草を除去する目的として一つ目は棚田の景観を保護することで、二つ目は雑草の繁殖によって石垣が崩れるのを防ぐことです。

 ミーティング後、各班に分かれて作業を開始し、学生たちは鎌を使い雑草を除去していきました。棚田の石垣に生えた雑草は根が深く除去が難しかったですが、石垣を壊さないように丁寧に抜いていきました。

180519sasebo_1.jpg

180519sasebo_2.jpg

180519sasebo_3.jpg

 昼食は近くの公民館に移動しそうめん流し大会を実施しました。そうめん流し大会では各団体が和気あいあいとお話をする機会となり、チームワークも高まりました。

180519sasebo_4.jpg

 午後からも同様に棚田の石垣に生えている雑草の除去を行いました。容量を掴み始めたため午前に比べて効率よく活動を行うことができました。作業終了後、スイカを美味しくいただきました。

180519sasebo_5.jpg

 今回の活動で棚田の石垣、10段の雑草の除去することができました。今後も棚田の田植えや稲刈りなどを継続し棚田を一段でも多く復活していきます。(長崎県立大学3年 片山 仲)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml