CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


東海防災サミットin美浜は無事に終了しました(3月23日) [2018年03月24日(Sat)]
 サミット最終日は、様々な団体の災害ボランティアの事例発表を聞き、グループディスカッションをしました。

 事例発表では、ThunderBirds(常葉大学ボランティアサークル)の松浦莉子さん、日本福祉大学災害ボランティアセンターの塚本理沙さん、認定NPO法人愛知ネットの内藤瑶さん、本協会学生代表の水口裕喜(関西大学4年)より、各団体が行う災害ボランティア活動の事例が紹介されました。

180323mihama_1.jpg

 同じ災害ボランティアでも、やり方や目的はそれぞれです。他の団体の取り組みを聞くことで学ぶことが多くありました。

 事例発表の後は、特定非営利活動法人ぎふNPOセンターの篭橋文子さんによる簡単なゲームが行われました。

180323mihama_2.jpg

 昼食には、災害救助用炊飯袋を使用したハイゼックス包装食体験をしました。

 初めて体験した学生は、「袋で米を炊く、簡単な方法があることを知らなかった。災害時の水不足時にもお米を炊ける凄さを感じた」と話していました。

180323mihama_3.jpg

180323mihama_4.jpg

 最後のプログラムで、グループディスカッションを行いました。

 グループディスカッションは、災害に関する時期の平常時、発災時、復旧時、復興時の4つに分かれ、その時々で自分たちに何が出来るかを考え、発表しました。

 発表の中には、3日間の講演や他団体の取り組みから、実際に取り組んでいることから、できたらより良いと思うことなど、様々な意見が出ました。

180323mihama_5.jpg

180323mihama_6.jpg

 全てのプログラムが終了し、閉会しました。

 閉会式では、2日目のフィールドワーク終わりに写真をマッピングした「みはまっぷ」を今回の共催である愛知県美浜少年自然の家へ飾っていただけることになり、贈呈しました。

180323mihama_7.JPG

 最後に本活動リーダー・IVUSA25期学生代表である水口裕喜(関西大学4年)の挨拶で締められました。

180323mihama_8.JPG

 3日間に及ぶこのサミットは参加した学生にとって、新たな災害ボランティアへの考え方を見つける場となりました。

 また、IVUSA外から参加された他団体学生との繋がりも今回で完結せず、次に繋げていけたら幸いです。

180323mihama_9.JPG

 このサミットにご協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。
 そして今後ともご協力をよろしくお願いいたします。
タグ:防災
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml