CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


第4次フィリピン減災・環境保全活動(3月6日) [2018年03月07日(Wed)]
 活動8日目です。

 昨日マニラのホステルに着き、本日は朝からミリアム大学の学生とリザール州レイバン地区に赴き、川に行ったり環境保全活動やコミュニティ開発についてミリアム大学の先生方のお話を伺ったりと、環境について考える一日となりました。

 隊員たちは朝5時半にバスに乗り込み約2時間半かけてミリアム大学が環境保全活動を行っている地区に赴きました。途中山道や細い道を何度も通るため、途中からはバスから現地の乗り物ジプニーに乗り、現地を目指しました。

1800306Philippines_1.jpg

 地区に着くとまず現地の方々が、現地のおやつと美味しいコーヒーを用意して歓迎してくださいました。

 歓迎の品を頂き長い移動の疲れを癒した後、本日一緒に同行して下さるミリアム大学のルイ先生と学生の皆さんの紹介があり、皆新たな仲間たちとの交流を深めていました。

1800306Philippines_2.jpg

1800306Philippines_3.jpg

 歓迎会の後はバランガイの村を散策しながら川を目指しました。その間にミリアム大学の学生も行っている環境保全活動の一貫としてルイ先生が用意して下さったナラの木の苗を鉢植えに植える植林活動を行いました。

 今回隊員たちが植えたナラの木の苗は梅雨の時期にミリアム大学と現地の方々の手によって山に植林されるそうです。隊員達の中には「大きくなってね」と声をかけながら木を植えている姿が見られました。

1800306Philippines_4.jpg.

1800306Philippines_5.jpg

 川に到着すると、隊員達のからは「綺麗!」と歓声が上がりました。川では皆綺麗な景色を写真に撮ったり、水を掛け合ったり、小魚を捕まえたりとフィリピンの環境が生んだ綺麗な自然を満喫しているようでした。

 お昼ご飯には現地の方々が作ってくださった美味しい料理とココナッツが一人一つずつ配られ、隊員たちは綺麗な川浜で食事を楽しんでいました。

1800306Philippines_6.jpg

1800306Philippines_7.jpg

 その後、地区の小学校を見学し、ミリアム大学のルイ先生から今までの環境保全活動やコミュニティ開発の詳しいお話を伺いました。

 お話では、ミリアム大学が活動場所としてバランガイを選んだ理由や25年を目標に活動に取り組んでいること、最初は地元の方々に部外者として警戒され、信頼を得るまでに3年かかったこと、片道3時間かけて山に植林をしていること、特産物を加工して価値あるものとして販売し収入を得る手助けをしていること、現在までの活動で社会面と経済面に変化が見られつつあることなどを話していただきました。

 隊員たちも積極的に質問し、ノートにメモを取るなど、環境保全や支援活動についてより深い知識を身に付けることが出来ました。

1800306Philippines_8.jpg

1800306Philippines_9.jpg

 夕食後班でミーティングを行い、ミリアム大学の取り組みを聞いて今後どう活動していくべきかなどを真剣に話し合いました。

1800306Philippines_10.jpg

 明日は観光と買い物になってしまうので、本格的な環境保全活動は今日までとなりましたが、皆フィリピンのこれからの未来のために今私たちが出来ることを真剣に考える一日となりました。

※この活動では、株式会社ビジョンより協賛でグローバルWifiをお借りしています。
#グローバルWifi
#GOBEYOND
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml