CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


事業フェス(大阪茨木クラブ) [2018年01月05日(Fri)]
 11月25日、26日の2日間で事業フェス〜スポーツの秋!みんなで下草刈り大会 in 鉢伏山・自然の秋!清掃 in 大正川〜を実施しました。

 この活動の目的は、クラブ事業という身近な社会への挑戦の場を使って、1年生がクラブに出てくるきっかけ、作り手としてのノウハウを学ぶ場を提供しつつ、互いに信頼できる仲間を見つけてもらうことです。  
 今後クラブに1年生が顔を出しやすくなるような雰囲気づくりや、春期休暇のボランティアでの挑戦をクラブ事業で知ることができる活動でもありました。

 1日目は、大阪いばらきキャンパスの学生37名、一般市民の方1名、「鉢伏山森づくりの会」の方8名が参加、2日目は、大阪いばらきキャンパスの学生37名、一般市民の方1名、「アドプト・リバー・大正川」の方1名が参加しました。

 事業フェスとは、「秋」をテーマに市民を巻き込んでボランティアするという企画であり、大阪茨木クラブにとって初の試みでした。今回は、学生だけでの活動ではなく、一般市民の方々を巻き込んだ貴重な第一歩となる活動でした。

 鉢伏山の活動では、斜面に横1列で並び、下から上へ草を刈っていきました。下草刈りは、どれだけきれいに刈れたかを競う形で、楽しみながら作業をしました。また、リーダーを中心に、声出しをすることで参加者が一体となって活動することができました。

 もう一つの大正川の活動では、摂津市側から一斉に清掃を開始し、たくさんのゴミを拾うことができ、大きな達成感を得ることができました。雰囲気も良い中で、作業もスムーズに進みました。

17ibarakifes_1.jpg

17ibarakifes_2.jpg

 互いの活動では交流会をし、鉢伏山では、下草刈りの競争の結果発表があり、景品の青汁を皆で分けました。山頂でご飯を食べながら、里山での活動や茨木市の魅力について鉢伏山森づくりの会の方たちと話すことができました。

 大正川では、市民体育館でお菓子を食べながら、当日の活動をふり返りました。終始、笑いに溢れ、話に花を咲かせていました。秋をテーマに俳句や川柳を考える企画もあり、各班それぞれ個性豊かなものを考え、楽しんでいました。

17ibarakifes_3.jpg

 大正川に参加された一般市民の方から、「一人では清掃することが難しいため、こういうボランティア活動があるのは嬉しい」というお言葉を頂きました。
 市民の方がボランティア活動に対してどう思っているのか、どんな活動なら参加したいと思うのかなど、市民の方の貴重な意見を聞ける良い機会でした。今回の活動を活かして、次回はもっと市民を巻き込み、交流できるようにしていきます。

 今回の活動で、私たちを受け入れ、ご協力をしてくださった方々本当にありがとうございました。(立命館大学1年 四方 真由美)

17ibarakifes_4.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml