CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


第4回江ノ島清掃活動(神奈川横浜クラブ) [2018年01月04日(Thu)]
 12月17日、フェリス女学院大学の学生9名で神奈川県藤沢市の江ノ島にて第四回江ノ島清掃活動を行いました。

 今回の活動で主に注力したことは、私たち横浜クラブが掲げる中期ビジョンにある「地域の方々を巻き込んだゴミ問題改善活動」の一環として、地域の方々へインタビューを実施したことです。

 インタビューの目的は以下の二つです。

・地域の方々が江ノ島のゴミ問題の現状をどのように捉え、昔から今にかけて浜辺のゴミの変化に気づいているのかを調査する
・本事業に地域の方々を引き込める見込みがどれくらいあるかを調査する

 上記のことを意識してインタビューしてみたところ、江ノ島にずっと住んでいらっしゃる地域の方々は、江ノ島のゴミが少しずつ減ってきていることに気づいている方々が多かったです。

 また、インタビューに協力してくださった方々がお店の方だったということもあり、清掃活動が土日にあることで清掃活動への参加は難しいという声が挙げられました。他にも、年齢による体力面的なことから清掃活動への参加が難しいとの声も挙げられました。

 しかし、お店全体として清掃活動に取り組む「海さくら」さんに協力(ポスター掲示、イベント時に配布されるTシャツの着用)するなど、地域の方々が直接ではなくとも、間接的に街を綺麗にするために貢献しているという状況を知る良い機会となりました。そして、このインタビューを通じてIVUSAのことも知ってもらうことができした。

 今回の清掃活動は、一週間前に「海さくら」さんによる清掃活動が行われていたこと、時期的なこともあり、目立った大きなゴミはあまりありませんでした。可燃二袋、不燃二袋の計四袋と過去の活動の中で一番少ない結果になりましたが、これも江ノ島が綺麗になっている証拠だと思います。

171217yokohama_1.JPG

 今回で四回目になる本活動は、マンネリ化を防ぐため毎回新たな案を部員同士で提示しています。今回は清掃活動の中で部員のモチベーションを上げるため、常に部員が持つ「ゴミ袋」に焦点を当てました。

 写真に映されたクジラの尾が描かれたゴミ袋はGARBAGE BAG ART WORK様のご協力によるものです。こうした細かいところ一つを変えることで部員の満足度を上げるだけでなく、地域の方々からあのゴミ袋を持っている団体は何かという興味本位からでも関心を持ってもらえるきっかけになればいいなと思います。

171217yokohama_2.JPG

 今回の活動で新たに得た多くの情報を次回に繋げ、更なる江ノ島事業の発展に向けて頑張りたいと思います。(フェリス女学院大学3年 岡本 佳子)

171217yokohama_3.JPG
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml