CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


三重県熊野市熊野大花火大会活性化活動2017 が始まりました(8月15日) [2017年08月16日(Wed)]
 朝7時頃、本隊の学生204名が集まり、京都駅を出発しました。8月15日から19日までの5日間、三重県熊野市にて三重県熊野市熊野大花火大会活性化活動2017行います。

170815kumano_1.jpg

 この活動は、2011年の台風襲来により災害救援活動を行ったことをきっかけに熊野市との繋がりができ、翌年の2012年より始まりました。主に大花火大会の運営補助や記念通り商店街にて開催されるくまの郷土物産展での企画運営を実施します。

 到着後すぐに開会式が行われ、熊野市観光協会長の中平孝之さん、副会長でふるさと大使の紀の川良子さん、熊野市観光スポーツ交流課長の室谷隆也さん、観光交流係長の仮谷憲一さん、竹川友祐さんからご挨拶をいただきました。

170815kumano_2.jpg

170815kumano_3.jpg

170815kumano_4.jpg

 本日の作業は、主に土嚢作りや七里御浜清掃をし、有料浜席・追善席設置の作業をしました。土嚢作りでは、土嚢袋を有料浜席・追善席設置の作業では、虎ロープを使って、均等に広げ席の枠組みをつくり、ロープの端に杭を打ち固定するものです。
 隊員たちは、各々役割分担をしながら効率よく作業を進められるように工夫していました。

170815kumano_5.jpg

170815kumano_6.jpg

 夕食の際に、三重県の産地直売所ほほえみかんの山本さんからみかんを頂きました。隊員一同みかんを美味しそうに頬張っていました。

 その後、班ミーティングを各班行い、今日のふり返りと明日の意気込みを共有し合いました。
  
170815kumano_7.jpg

 明日も、いくつかのグループにわかれて花火大会準備作業をしたのち、17日の花火大会本番に来場された方々に熊野市の魅力を紹介できるよう、学生の視点からみた熊野市の魅力を発見するためまちあるきを行う予定です。熱中症には充分に気を付けて活動をしていきます。
タグ:熊野市
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml