CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


6月度レポート(京都上賀茂クラブ) [2017年08月15日(Tue)]
 京都上賀茂クラブは、京都産業大学の学生を中心に社会問題解決に取り組んでいます。6月は以下のような取り組みを実施しました。

■夏プロWeek
 5月25日、30日、6月1日、6日、8日、13日、15日の7日間のお昼休みに夏プロWeekが開催されました。
 夏プロWeekとは、夏休みのボランティア活動についての説明会で1年生から2年生向けの企画です。
 沢山の1年生、2年生が参加し、みんなとても興味津々な様子で先輩からの話を真剣に聞いていました。

■6月クラブ会
 6月20日、京都産業大学にて京都上賀茂クラブ6月度クラブ会を実施しました。計102名が参加しました。京都上賀茂クラブ史上、最大参加者のクラブ会となり、いつも以上に賑やかで楽しいクラブ会となりました。

 今回はクラブ会に初めて参加する新入生が多かったため、1部では、IVUSAや京都上賀茂クラブの仕組みや、活動目的の説明を行いました。

 その後2部では、皆がコミュニケーションを取り仲良くなれるグループワークと、4年生からIVUSAでの経験、学生生活で頑張ったことについての話があり、今後のIVUSAや学生生活について考えさせられるきっかけとなりました。

 また、事務局員の金子泰之から、クラブ会の意味やIVUSAでできる挑戦についての話があり、クラブ員のやる気も一層高まりました。

1706kamigamo_1.jpg

1706kamigamo_2.jpg

 最後にクラブマネージャーの杉本興紀(京都産業大学3年)から、「迷うぐらいなら挑戦しよう。自分から進んでチャンスをつかみ、ボランティアを通して自分を成長させて欲しい」と挨拶があり、クラブ会が終了しました。

1706kamigamo_3.jpg

 今回のクラブ会は、ワークを通して、新入生と上級生を問わずコミュニケーションを取ることができました。
 また、先輩や事務局員から話を聞くことで、クラブ員のモチベーションを高め、今後の活動への期待を感じることのできるクラブ会となりました。

1706kamigamo_4.jpg

■6月度避難所運営ゲーム
 6月23日に京都産業大学にて、6月度の避難所運営ゲームを実施し、上賀茂クラブ員13名、京都産業大学の学生1名が参加しました。

 避難所運営ゲームとは…避難所を利用する側ではなく、運営する側の考え方をカード使ってゲーム方式で学ぶものです。
 今回、初めて一般の学生さんに参加していただき、避難所運営ゲームの「地域を巻き込んで防災を考える」という目標に一歩近づきました。

 今後は学生だけでは無く、学校職員、地域の人々を巻き込んでより地域で防災を考える為に避難所運営ゲームを開催して行きたいなと思っています。

1706kamigamo_5.jpg

■広報担当より
 京都上賀茂クラブは、昨年度より一気に人数が増え、クラブ員一人ひとりに個性があり、とても賑やかで活発的な、今IVUSAで一番勢いのあるクラブです。

 7月には大きなクラブ事業を2つ控えているのでその勢いを落とすこと無く今後も社会問題に取り組んで行こうと思いますので、ご協力・ご声援の法をよろしくお願いします。(京都産業大学2年 尾形 早佑莉)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml