CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


福島県沖地震災害救援活動5次隊は無事に終了しました(5月5日) [2022年05月05日(Thu)]
 昨日2名が早退し、本日は学生32名、OB4名、事務局2名合計38名で、今日も昨日と同様、福島県南相馬市と宮城県山元町で活動しました。

 南相馬市では、障がい者支援施設にて、地震により傾いてしまったブロック塀の解体・運搬、地震により崩れたり、壊れたりしてしまった災害廃棄物の運搬を行いました。傾いてしまったブロック塀の解体・運搬現場では、今隊初めてIVUSA特別顧問の黒澤さんが操縦する重機と連携して進めました。

220505fukushima_1.jpg

220505fukushima_2.jpg

220505fukushima_3.jpg

220505fukushima_4.jpg

 また、山元町では、昨日に引き続き災害廃棄物と家庭ごみの仕分けを行いました。東北大学の学生9名と一緒に活動させていただきました。こちらのお宅は5次隊だけでなく、3次隊からお伺いしているお宅で沢山の学生がお宅の方とコミュニケーションをとりながら活動することができました。

220505fukushima_5.jpg

220505fukushima_6.jpg

220505fukushima_7.jpg

220505fukushima_8.jpg

 最後には「ありがとう」と言う言葉とともにお手紙をいただきました。また、お宅の方が私たちの活動する姿をみて日記に書いてくださるなど、私たちがお宅にお伺いしてお話しすることも一つの力になっていることを改めて感じることができました。

220505fukushima_9.jpg

 自分たちがいつ被災者になるか分からないからこそ、当事者意識を大切にして活動することができました。今回お手伝いさせていただいたお宅の皆さんが温かく、故郷に帰ってきたかのような感覚になれました。
 これからも、災害に対する意識を忘れることなく、日常生活を送ること・周りに伝えていくことを徹底していきたいです。

 今回活動に伺わせていただき温かく迎え入れてくれた地域の皆様、活動をサポートいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しました。
長野県伊那谷環境保全活動現地調整(5月4日) [2022年05月05日(Thu)]
 5月4日、学生2名、事務局1名で長野県伊那谷環境保全活動の現地調整を行なっています。
 午前にはメンマに加工するために竹を伐採しました。
 まき結びを使い、ロープで重たい竹を引き上げました。声を合わせ、地元の方々と一体感が生まれました。

220504inadani_1.jpg

220504inadani_2.jpg

 午後はメンマ作りを行いました。竹の柔らかい部分のみを残し、カットします。メンマを食べやすい大きさに切ったり、茹でたメンマを洗ったりする作業は大変でしたが、手間隙をかけるからこそ美味しいメンマが出来あがるのだと感じました。製品として完成するのが楽しみです。

220504inadani_3.jpg

220504inadani_4.jpg
福島県沖地震災害救援活動5次隊(5月4日) [2022年05月04日(Wed)]
 作業3日目となる今日は、昨夜OB2名、今朝OB1名が合流し合計40人名で福島県南相馬市3ヶ所と宮城県山元町2ヶ所で活動しました。

 山元町では、家財の仕分けと庭の整備を行いました。家財の仕分けをさせていただいたお宅では、元々物が多くあるご家庭だったようで、今回の災害を機にそのご家族が抱えている課題が浮き彫りになりました。そのことをご近所の方も心配されていました。

220504fukushima_1.jpg

220504fukushima_2.jpg

220504fukushima_3.jpg

 地震によって割れてしまった食器や、屋根瓦が落ちてしまったことで雨漏りしており、使用できなくなった家財などの仕分けの他、今後の生活で使わないものも整理させていただきました。

220504fukushima_4.jpg

220504fukushima_5.jpg

 整理をする際に、どこまでを災害ボランティアとして作業すれば良いのかと悩むことがありました。住民の方のご希望を全て完遂することはもちろん大切ですが、全てを私たちがおこなうことが住民の方のためになるとは限らないというところに、ボランティアの複雑さと奥深さを痛感しました。

220504fukushima_6.jpg

220504fukushima_7.jpg

 南相馬市では昨日に引き続き、瓦の取り外しや倒壊した小屋の解体、コンクリートの解体、運搬、外壁の運搬・補強を行いました。この運搬作業はお宅の方と一緒に行いました。
 活動していくにあたり、私たち学生が足を運ぶことや、お宅の方と一緒に作業をすることによりで少しでも笑顔になっていただくことが私たち学生にできることの一つではないかと感じました。

220504fukushima_8.jpg

220504fukushima_9.jpg

220504fukushima_10.jpg

 夜のミーティングでは、明日の活動に向けて、改めて私がなんのためにここに来たかという目的意識の共有を行いました。
 明日が5次隊の最終日になりますが、現地の方々に学生の元気を置いていけるよう明日も笑顔で活動に取り組みます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動5次隊(5月3日) [2022年05月03日(Tue)]
 5月2日の夜に5次隊の後発隊23名が現地入りし、先発隊の14名と共に5次隊の活動を行いました。本日は学生34名、OB1名、事務局2名の計37名で福島県南相馬市の5軒のお宅に伺い、作業をしました。

 3月16日の福島県沖地震の影響でブロック塀が斜めになってしまったり、瓦が崩れてしまったりと、二次災害が起きてしまう可能性があるので、それぞれのお宅では、主にブロック塀の解体・運搬と屋根の瓦撤去・運搬を行いました。

220503fukushima_1.jpg

220503fukushima_2.jpg

 お宅の方から聞いたお話の中で、「昔ながらの瓦は土で作られたものであり、現在土瓦を使っている家は珍しい。そのため予備の土瓦も用意していた」とお聞きしました。そのため、予備の土瓦も準備するほど大切にしていた瓦を地震による影響で捨てざるを得ないことにとても複雑な気持ちになりましたが、お宅の方の負担を少しでも減らせるよう、解体作業等を行いました。

220503fukushima_3.jpg

220503fukushima_4.jpg

 お宅の方からはたくさん差し入れや感謝のお言葉をいただきました。
 現地の方々に学生の元気を置いていけるように引き継ぎ明日も笑顔で活動に取り組みます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動5次隊が始まりました(5月2日) [2022年05月03日(Tue)]
 5月1日に5次隊の先発隊9名が現地入りし、4次隊から引き継ぎを受け、本日から5次隊の活動が始まりました。本日は学生12名、事務局1名の計13名で宮城県山元町と福島県南相馬市に分かれて作業しました。

220502fukushima_1.jpg

 山元町では、竹林整備をしました。竹が伸びて道路を塞ぐのを妨げ、竹と竹との間を一定に保つために行いました。
 午後からは、拠点にさせていただいている普門寺のビニールハウスの補強作業をしました。以前行った東日本大震災復興支援活動の際に立てたビニールハウスが風により修繕が必要になったため、テープを新しく貼り替え補強しました。

220502fukushima_2.jpg

220502fukushima_3.jpg

220502fukushima_4.jpg

 南相馬市では、明日からの作業現場の下見・調整と、ブロック塀解体作業の二手に分かれて活動しました。下見・調整班は、作業に伺うお宅の順番決めをし、明日からの活動をスムーズに行えるように準備をしました。
 ブロック塀解体の現場では、不安定なブロック塀が通りに倒れてしまい通行人の方が怪我をしないように解体作業を行いました。

220502fukushima_5.jpg

 また一人ひとりのお宅に伺いニーズに合った作業をできるようお話をしました。初めての災害救援の現場で被害を目の当たりにして驚ましたが、少しでも地域の方々の不安が取り除けるように明日からの活動も頑張ります。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動4次隊は無事に終了しました(5月1日) [2022年05月01日(Sun)]
 4次隊最終日の今日は、学生12名、OBOG5名、事務局1名の計18名で2軒のお宅にて活動しました。

 一方のお宅では昨日に引き続き、家財の仕分けと床板の手入れを行いました。家財の仕分けは無事に完了させることができました。また床板も1階はネジ止めを、2階は消毒とベルトサンダーを使った研磨を完了させました。

220501fukushima_1.jpg

220501fukushima_2.jpg

220501fukushima_3.jpg

 活動終了後、学生が活動受け入れのお礼をしたところ、活動に入ったお宅の奥様がIVUSAに対して感謝の気持ちを涙とともに伝えてくださいました。感極まる学生もおり、達成感を心の底から持てた瞬間でした。

 もう一方のお宅では、家財の仕分けや搬出を行いました。地震で壊れた屋根からの雨漏りで濡れてしまったカーペットを剥がし、大きい家具と一緒に搬出しました。衣類なども搬出しやすいように仕分けしました。
 若者と話す機会があまりないお父さんだったため、孫のようだと喜んでくださいました。

220501fukushima_4.jpg

220501fukushima_5.jpg

220501fukushima_6.jpg

 今日を持って4次隊の活動は終了しました。午後には5次隊の一部メンバーが到着し、引き継ぎをしました。明日からは5次隊として活動していきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動4次隊(4月30日) [2022年04月30日(Sat)]
 今日からは学生2名、OG2名が合流して、学生11名、OBOG5名、事務局1名の計17名で2つのお宅で活動するとともに、現場調査を行いました。

 一つのお宅では3月の地震で壊れた瓦を運搬しました。東日本大震災当時のお話もしていただき、メディアの情報から感じるものとは違う感情を抱きました。

220430fukushima_1.jpg

220430fukushima_2.jpg

220430fukushima_3.jpg

 もう一方のお宅では家財の仕分けと床板や天井、壁の手入れを行いました。
 家財は集積所に運搬できるように分別を行い、明日以降の運搬に備えました。

220430fukushima_4.jpg

 また雨で濡れてしまった床板を外し、消毒やベルトサンダーでヤスリがけを行いました。明日もヤスリがけを行い、きれいにしていきます。
 お宅の方は学生が来るのを喜んでくださっている様子で、私たちがお気持ちの面でもお力になれているのではと嬉しくなりました。

220430fukushima_5.jpg

 5次隊に向けて学生3名と事務局1名で南相馬市にて現地調査を行いました。鹿島交流センターにて災害NGO結の前原さんからニーズを共有していただきました。それをもとに5次隊にかけてのブロック塀の解体や瓦の運搬など作業スケジュールを想定しました。

 明日で4次隊は終了し、引き続き5次隊が活動します。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動4次隊(4月29日) [2022年04月29日(Fri)]
 今日は学生9名、OBOG3名、事務局1名の計13名で活動しています。
 朝にミーティングを行い、本日伺うお宅の様子や注意点を共有しました。

 2つの現場に分かれて、作業しました。 

220429fukushima_1.jpg

220429fukushima_2.jpg

 一方の現場では食器棚の整頓を完了させ、今後も使う食器の清掃等を行いました。仕分け作業は明日も継続します。床板や天井板剥がしもしました。床板に消毒剤を散布し、乾燥させています。

220429fukushima_3.jpg

220429fukushima_4.jpg
 
 もう一方では大きな家具の運び出しを完了させ、家財の仕分けを行いました。残りのお部屋の仕分けも今後進めていきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動4次隊が始まりました(4月28日) [2022年04月28日(Thu)]
 4月28日の朝、先発隊が学生4名、事務局1名の計5名で東京を出発しました。
 ゴールデンウィークにかけて5次隊も続けて活動するため、その準備も含めて行いました。

 先発隊は16時頃、南相馬市に到着しました。
 まず南相馬市の現場でIVUSA特別顧問の黒澤司さんから現場の状況を共有していただき、次に山元町ボランティアセンターにて、明日伺うお宅について教えていただきました。

220428fukushima_1.jpg

 そしていつも活動でお世話になっている普門寺にて、明日使う装備の確認や準備をしました。

220428fukushima_2.jpg

 夜には後発隊の学生4名、OBOG3名も到着し、明日に備えます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受けて実施しています。
福島県沖地震災害救援活動3次隊は無事終了しました(4月23日) [2022年04月24日(Sun)]
 4月24日、最終日となる今日は、学生16名、OBOG6名、事務局1名の計24名で山元町にて3件、角田市にて2件、計5件の現場に分かれて作業しました。

 今日の主な作業内容は、ブロック塀の解体・運搬と、家財の分別・運搬です。
 昨日、ある現場から出た「作業に集中してしまい、住民の方と話すことがあまり出来なかった」といった反省を活かし、作業を行う組と交流をする組に分担して活動しました。

220424fukushima_1.jpg

220424fukushima_2.jpg

220424fukushima_4.jpg

 その結果、初めはお家の中にいらっしゃった住民の方が外に出て一緒に作業を行ってくれたり、笑顔が垣間見える瞬間が増えたりしました。「救援活動は地域の方主体で行う」といったことを再認識することができました。

220424fukushima_3.jpg

220424fukushima_5.jpg

 家財の運び出し作業に関しては、今回の活動で完遂できなかった現場もありました。ニーズ以上のことを成し遂げるためにも、4次隊以降の活動に尽力していきます。

 夕方頃に作業を終えた後現地を離れ、23時頃に東京に到着し、解散しました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団の助成を受け、実施しました。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml