CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


竹林整備活動@こどもの国 [2020年12月24日(Thu)]
 12月13日に学生17人で神奈川県横浜市青葉区にある児童養護施設「こどもの国」での竹林整備活動を行いました。

 広い敷地に対して園内の整備は少数のスタッフで行っており、整備作業が大きな負担になっています。園内整備のお手伝いをすることによって子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。整備しなければならない竹林は膨大にあり、すべて整備し終わるのに10年かかると言われています。

 今回の活動の目的は、「こどもの国の景観を保護し、学生ひとりひとりが安全を考える」ことでした。竹林を整備し、こどもの国からのニーズである景観の保護をするとともに、ケガなく安全に活動することを目指しました。

201213chikurin_1.jpg

 今回は人数が多かったので3班に分け、各班長は経験豊富な人に担当してもらいました。
 そして感染対策のため全体ではなく班ごとに活動しました。
 竹林整備は、少しの油断が大きな事故に繋がりかねない作業であるため、少しでもその危険性を下げ、作業の効率性を上げるため、感染拡大に配慮し全体ではなく各班で切り方の研修を作業開始前に実施しました。
 学生たちは、研修を通して学んだ危機予測や竹林整備の注意点を意識して作業しました。

 午前中は竹を切り倒す作業、午後は枝打ちを行いました。事前の研修のおかげもあり効率的な作業を行うことが出来ました。学生にケガはなかったものの、作業中にてのこを落としてしまうという事件が3件あり、反省点もありました。

201213chikurin_2.jpg

 全作業終了後には、こどもの国職員の金子さんから、「大きな怪我も無く活動を終えることができてよかったです。ありがとうございました」とのお言葉を頂き、12月の竹林整備維持活動を締めくくることができました。

12月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2020年12月20日(Sun)]
 12月13日に、IVUSAの学生13名で竹林整備活動をしました。
 活動場所は群馬県高崎市箕郷町の樋口さんの私有地である竹林で、この活動は竹によって引き起こされる害(竹害)を防ぐために定期的に竹を伐採する活動です。

 午前9時30分に集合し、体調確認と感染症対策についての説明があった後に、初心者と経験者に分かれて活動を開始しました。初心者には経験者から竹の切り方や注意事項のレクチャーがあり、実際に竹林に入る前に最低限の知識と技術をつけることができました。

201213takasaki_1.jpg

 竹林内では3つのグループに別れて竹の伐採を行いました。天候に恵まれ、過ごしやすい気温の中での活動となりました。
 初心者に経験者がつく形で作業を進め、時間が経つごとに目に見えて技術が高まっていました。

201213takasaki_2.jpg

201213takasaki_3.jpg

201213takasaki_4.jpg

201213takasaki_5.jpg

 適度な休憩を挟みつつ、活動は13時で終了しました。竹林を後にし、装備の手入れや点検をしました。みな最後まで気を抜かずに一生懸命行なっていました。

 今回は初めて参加する学生が多く、また感染症対策を行なった上での活動ということで、慣れないことが多い中での高崎竹林整備活動としては前回の11月に続いて今期2回目の活動となりました。

 感染症の流行もあり、先が見えない中ではありますが、今回の活動で得た経験や知識、人との繋がりを大切にしていきます。

201213takasaki_6.jpg
11月竹林整備活動(群馬高崎クラブ) [2020年12月02日(Wed)]
 11月21日に、IVUSAの学生15名の学生で竹林整備活動をしました。

 活動場所となる群馬県高崎市箕郷町在住の樋口さんの私有地では、竹林を管理する人手が足りていません。そのため多くの竹が無造作に生い茂り、道路に竹が侵食したり地すべりが起きたりするリスクを抱えています。

 この現状を変えるため、学生団体KAGUYAの灯りが竹の伐採やその竹に付加価値をつける活動を始め、IVUSAがその趣旨に賛同する形でこの活動は始まりました。今回は、自粛中に成長した竹を伐採しました。

 午前9時半に樋口さんのお宅に集合し、体調確認やコロナ対策についての説明の後、竹林の所有者である樋口さんから「くれぐれも怪我のないようにしてください」とのご挨拶をいただきました。

201121takasaki_1.jpg

 初めて参加する学生が多かったため、活動を開始する前に竹の切り方の説明を受け、皆とても真剣に説明を聞いていました。その後、3つグループに分かれ、竹の切り方や手ノコの使い方のレクチャーをしました。
 そして、複数人で安全を確認しあえるようにしながら、3つのグループで場所を分担して竹の伐採と朽ちた竹の撤去を行いました。

201121takasaki_2.jpg

201121takasaki_3.jpg

201121takasaki_4.jpg

 正午になると作業を中断し、休憩を取りました。学生は作業の疲れを癒し、距離を保ちながら交流を楽しみました。

 最後の作業も午前と同じ場所で作業を行いました。昼の休憩を挟んでいたので気を抜かさないようにより注意深く作業を進めました。午後の作業では、グループ内で2つのペアに分かれて作業を行い効率的に進めることができました。初めて参加した学生は、午前とは変わって積極的に活動に参加している様子でした。

 作業終了後には樋口さんから、「怪我なく終えてよかったです。また来月」とのご挨拶をいただき活動を締めくくりました。

201121takasaki_5.jpg

201121takasaki_6.jpg

201121takasaki_7.jpg

 初めて竹林整備活動に参加する学生も多い中、予想以上の数の竹を伐採することができました。竹が生い茂り、光が全く差していなかった場所に光が入った姿を見て達成感を得ることができました。

201121takasaki_8.jpg
あつまれ八王子ツアー〜八王子市とSDGsとお友達〜(東京八王子クラブ) [2020年11月28日(Sat)]
 2020年11月21日に八王子駅周辺にて、「あつまれ八王子ツアー〜八王子市とSDGsとお友達〜」を実施しました。今年度初の活動となり、学生29名が参加しました。

 この活動は、学生が「八王子市やSGDsに触れながら、世界とともにSGDsについて考え、取り組むきっかけにし、これからの活動に活かしてほしい」という目標を掲げています。事前勉強会では、目標の確認の他、八王子市のゴミの状況やSDGs、食品ロスとその削減のために自分たちが出来ることを考えるグループワークを行い、活動をする上での心構えを共有しました。

 当日の活動前にはリーダーである室橋健太郎(拓殖大学2年)から、「アルコール消毒を行い、飲食の際などの感染リスクを抑え、注意して活動するように」と挨拶がありました。その後、各班が八王子駅周辺からSDGsの17つの目標に関係するお題を協力して探し、写真を撮り、その写真の枚数をもとにポイントを競い合いました。ポイントがあることで競争意欲が湧き、より一層SDGsについての関心を深めて活動することができました。

201121hachioji_1.jpg

201121hachioji_2.jpg

 この活動を通して、八王子市やSDGsについて学ぶことができました。何気なく見ている景色の中にもSDGsに関係するものが隠れており、新たな発見をする機会となりました。感染リスクを抑えるため、短い活動時間となりましたが、学びと楽しみを両立した活動でした。
竹林整備活動@こどもの国 [2020年11月08日(Sun)]
 11月8日、学生4人で、神奈川県横浜市青葉区にある児童養護施設「こどもの国」での竹林整備活動を行いました。

201108chikurin_1.jpg

 広い敷地に対して園内の整備を担当するスタッフは少数で、整備作業が大きな負担になっています。園内整備のお手伝いをすることによって子どもたちが元気に安心して遊べるような環境を作っています。整備しなければならない竹林は膨大にあり、すべて整備し終わるのに10年かかると言われています。

 今回の活動の目的は、「こどもの国の景観を保護し、学生ひとりひとりが安全を考える」ことでした。竹林を整備し、こどもの国からのニーズである景観の保護をするとともに、ケガなく安全に活動することを目指しました。 

 具体的には、枯れている竹を切り、3メートルにカットする枝打ちを行いました。4人という少ない人数ではありましたが、効率良く活動できました。

201108chikurin_2.jpg
福岡県星野村活性化活動(長崎佐世保クラブ) [2020年11月01日(Sun)]
 10月25日に、福岡県八女市星野村にてIVUSA学生14名、NPO法人がんばりよるよ星野村の方10名の計24名で星野村活性化活動を実施しました。

 今回の活動は、稲干台の作成と稲刈りを行いました。新型コロナウイルス感染症の流行により長らく活動ができていませんでしたが、当日は検温の実施、ソーシャルディスタンスの確保に加え、隊員のみならずカウンターパートの方々もマスクを着用することを徹底して活動に臨みました。

 朝と昼で寒暖差はあったものの、終日天候にも恵まれ、スケジュールも滞りなく進行することができました。ハードな作業の連続でしたが、全員が与えられた仕事をしっかりとこなし、休憩時間には学生同士はもちろん、現地の方々ともコミュニケーションをとり親睦を深めるなど実りのある活動となりました。

 日帰りの活動であったため、短時間の作業になりましたが、NPO法人がんばりよるよ星野村の皆様からの優しいご指導やお声がけをいただいたおかげで、誰一人怪我することなく、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

 星野村関係者の皆様、活動時期に応じて様々な活動を提示してくださるとともに、ご協力いただき誠にありがとうございました。(長崎県立大学3年 Mア 輝)

201025hoshino_1.jpg

201025hoshino_2.jpg

201025hoshino_3.jpg

201025hoshino_4.jpg
二色浜清掃活動(大阪東大阪クラブ) [2020年10月25日(Sun)]
 9月19日に大阪府貝塚市にある二色浜海水浴場で学生70名が清掃活動を行いました。

 今回の活動は、二色の浜海水浴場に訪れた人が気持ちよく利用できるように景観悪化につながるゴミを回収することを目的として実施されました。

200919higashiosaka_1.jpg

 活動は午前に活動するグループと午後に活動するグループに分かれました。さらに北側のゴミを拾うグループと南側のゴミを拾うグループに分かれて、ソーシャルディスタンスを保ちながら清掃しました。

 浜辺にはペットボトルやビニール袋といったプラスチック類や空き缶などのゴミが多くありましたが、学生同士で協力しあいながら清掃活動を行い、ゴミ袋32袋分のゴミを回収することができました。また、このような海ごみを無くすためには今後どのように取り組んでいけばよいのかをグループごとで考えました。

200919higashiosaka_2.jpg

 今回の活動を通してコロナ渦でどのような活動ができるのかを考える良い機会になりました。今後も清掃活動を持続し、二色の浜だけではなく、様々な環境問題に取り組んでいきます。(近畿大学2年 前田 大晴)
高崎清掃活動2020(群馬高崎クラブ) [2020年10月16日(Fri)]
 10月3日に「高崎清掃活動2020」を実施し、IVUSA群馬高崎クラブの学生21名(高崎経済大学17名、群馬県立女子大学4名)が参加しました。この活動は海ゴミ対策キャンペーン「Youth for the Blue」の一環として今年度より始めた活動です。高崎市周辺地域の路上のゴミ問題を解決すべく、清掃活動を手段として、クラブ員のゴミ問題に対する意識向上と地域への啓発活動を目的としています。

 活動日当日10時30分頃に一般隊員が集合し、11時に開会式を行いました。開会式では、今日のスケジュール確認やコロナ対策の説明、リーダーからの挨拶等を行いました。
 初対面のため、1年生は緊張した面持ちで行われる開会式になると思われていましたが、すぐに打ち解けていたため隊全体の士気も高い状態で活動をスタートさせることができていました。

201003takasaki_1.jpg

 開会式を終え、現場ごとに分かれて清掃活動を開始しました。今回清掃活動を行った地域は2か所あり、A現場は高崎経済大学の裏にある烏川河川敷沿いのサイクリングロードから上並榎庭球場への道、B現場は高崎経済大学から住宅街に入り上並榎庭球場に抜ける道でした。各現場の全長は約2kmであり、A現場11人とB現場11人に分かれて作業を行いました。

 現場にはポイ捨てと見受けられるゴミが多く落ちていて、プラスチックの破片一つも見落とさないよう念入りに観察をして清掃活動を行っていきました。また清掃活動中は拾う事だけではなく、初対面のクラブ員同士が交流できる時間ともなり、明るい雰囲気の中活動を進めることができました。

201003takasaki_2.jpg

 12時40分に清掃活動を終了しました。拾ったゴミの量は合算したところ、燃えるゴミ1袋、燃えないゴミ1袋分でした。
各隊員が昼休憩を取る中、上毛新聞社の方から取材を受けました。活動を始めた経緯やIVUSAの概要説明、リーダーの活動に対する意気込み等を取材していただきました。

 13時30分には昼休憩を終え、午後からは研修会を行いました。研修会ではブルーシートの畳み方や、土嚢袋とスコップの結び方レクチャーと各装備に用途について説明しました。
この研修も高崎クラブで行うのは初めてのことでしたが、受講側は1年生が多く、初めての知識に感心をしており、講師側も受講生に真摯に接し研修会を開くことができました。

201003takasaki_3.jpg

201003takasaki_4.jpg

201003takasaki_5.jpg

15時に研修を終え、そのまま事後勉強会を行いました。1年生を中心に班ミーティングを行い、活動前に立てた個人目標の反省や、班長から班員にそのフィードバックを行いました。出た意見としては、ゴミ問題に対して実情を見ることができたことを活かして、ゴミ問題の現状についてさらに学びたいという意見や、対面でクラブ員と交流できたことに対する感想などが多かったです。

201003takasaki_6.jpg

201003takasaki_7.jpg

201003takasaki_8.jpg

 今回は高崎クラブでも3月以来の対面での活動になりました。1年生はほぼ全員が初対面でしたが、緊張する様子もなく打ち解けていました。また既存生も久々の活動であるということで高揚感があるように窺えました。活動全体的に和やかな雰囲気の中、けじめをつけて活動に臨めていたと感じます。

 また、高崎クラブで災害救援のための知識をレクチャーする機会も初めてとなりました。コロナ禍をマイナスに捉えるのではなく、そこを活かしてクラブでできることを発案して実行した運営部の想いも詰まった活動になっていました。
10月3日に群馬高崎クラブが行った清掃活動が10月9日付上毛新聞で紹介されました [2020年10月11日(Sun)]
20201009jomo.jpg
守山市びわこ地球市民の森オオバナミズキンバイ除去活動に参加しました(2月27日) [2020年09月30日(Wed)]
 2月27日に滋賀県守山市びわこ地球市民の森の小川にて、滋賀県庁自然環境保全課 2名、都市計画課3名、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社3名、植栽業者4名、公園サポーター9名、IVUSA学生17名、計38名で、特定外来生物オオバナミズキンバイ(以下オオバナ)の除去活動に参加しました。

 今回の活動場所であるびわこ地球市民の森は、魚の住処や子どもの遊び場所など、市民にとって憩いの場となっています。しかしオオバナの繁殖によって、魚に住処が失われたり、景観が悪化したりするため、今回は、小川に繁殖するオオバナを完全除去することを目的に活動しました。

200227oobana_1.jpg

 まず、滋賀県庁自然環境保全課の岩本様よりオオバナの厄介な特徴と取扱いの注意、びわこ地球市民の森の小川における繁殖状況と対策について教えていただきました。参加者は今回の活動に対しての目的を理解し、意識を高めていきました。

200227oobana_2.jpg

 午前10時より、小川内に繁殖するオオバナを根こそぎ除去していきました。小川での作業は、胴長がぬかるみにハマり、オオバナの除去は困難でしたが根気よく1本1本抜いていきました。オオバナは網袋に入れて、陸まで引き上げました。集積したオオバナは、トラックに積込み、仮置き場まで運びました。そこで天日干した後、乾燥したものを焼却処分します。

200227oobana_3.jpg

200227oobana_4.jpg

200227oobana_5.jpg

 午前の活動終了後には、昼で帰られる参加者もいらしたので、午前の部の閉会式を行い、集合写真を撮りました。

200227oobana_6.jpg

 午後からは、まだ作業していないエリアでオオバナを抜くのと同時に、下流から上流に向けて、午前の作業での取り残しを回収したり、水面に浮いているオオバナの茎や葉を網で回収したり、15時15分に作業が終了しました。そして作業後には、活動で使用した胴長やゴム長手袋を洗いました。

200227oobana_7.jpg

200227oobana_9.jpg

 閉会式では、滋賀県庁の中井様より「皆さんとても上手にとっていただけたと思います。また機会があれば皆様の若い人の力でお力添えいただけたら、琵琶湖も、我々もとても喜びます」との言葉をいただきました。

 その後、今回の活動で感じたことついて、各自の意見を共有しました。初めて参加した学生からは「腰を曲げてオオバナを根から抜いたり、網袋の引き揚げたりする作業は想像以上に重労働ではあったが、作業後にオオバナがなくなって綺麗になった小川を見ると、大きな達成感を感じられた」「活動終了後に泥のついた装備をみんなで洗ったことを通じて、装備の大切さを改めて深く感じた」などの意見がありました。

 最後にリーダーである竹本和香(京都光華女子大学2年)から、「オオバナ除去活動には大人数の参加が必要となります。皆さんぜひ今後も活動に参加してほしい」との挨拶があり、今回の活動が終了しました。

 今回の活動では、びわこ地球市民の森の小川で、660u、2tのオオバナを除去できました。

200227oobana_12.jpg

 最後になりますが今回の活動実施にあたり協力してくださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(立命館大学1年 高下 怜真)


【プロジェクトリーダーより】
 私は、活動1ヶ月前に初めてびわこ地球市民の森に訪れた際、自然豊かでとても温かい公園だと感じました。
しかし、この自然豊かな公園にオオバナが繁茂してしまうと、公園の魅力が薄れてしまう危機感を感じました。

 はじめて活動リーダーをさせていただき、事前から滋賀県庁の方々と活動範囲や道具、運搬車両、仮置き場、施設利用、スケジュール等の打ち合わせを行い、オオバナ除去活動は沢山の人々の支え合いにより成り立っていることが身に締めて感じました。

 これからも多くの学生と一緒に、自然環境に関心を持ち、オオバナ除去を通じて自然豊かな公園や琵琶湖を守っていきたいです。

 今回の活動でお世話になりました関係者、参加してくださった方々に深くお礼を申し上げます。(京都光華女子大学2年 竹本 和香)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml