CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2016年06月 | Main | 2016年08月 »
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
3次隊「栃尾ふるさとづくり活動 子ども隊 愛児園」プロジェクトマネージャーからの言葉[2016年07月24日(Sun)]
この度3次隊子ども隊愛児園でプロジェクトマネージャーを務めさせていただきました、東京家政大学3年代田萌香です。

子ども隊は大学生と古民家で過ごすという非日常の体験を通して、子どもたちの自己肯定感を高めることを目指しています。
今回は、家族のような愛情にあふれた環境の中で、子どもたちが将来やりたいこと、なりたいものをみつけるきっかけになるような活動にしたいという思いでやってきました。
この活動を通して、子どもたちに楽しかった思い出とプラスして心動かされたものが将来の子どもたちの力になればいいなと思っています。

児童養護施設の子どもたちとの関わり方に不安を持っていた学生が多かったと思いますが、今回関わった子どもたちはごく普通の小学生ということに気付けたと思います。
見た目では分からないけれど、心の奥でいろんなものを背負っている子どもたちがいることに気付けたと思います。
このことを知っているか知っていないかで、大人になったときの行動が変わってくると思います。
子どもと接したことや職員さんからのお話により学生の視野も広がったと感じています。
今感じていることを大切にして、学びを深めていってほしいと思います。

今回、プロジェクトマネージャーという立場でしたが、サブマネージャーを始め、望さん、隊員、とちお同住会の方々、この隊に関わった全ての方がいなければ、プロジェクトマネージャーになることはできませんでした。
支えてくださった皆様に感謝しています。
これで終わりではなく、この隊は次の隊に繋がっていきます。
また皆様と子どもたちに会えることを楽しみにしています。

ありがとうございました。


栃尾ふるさとづくり活動3次隊
プロジェクトマネージャー
代田萌香 (東京家政大学3年)
3次隊 「栃尾ふるさとづくり活動 子ども隊 愛児園 」サブマネージャーからの言葉[2016年07月23日(Sat)]
みなさんこんにちは。
今回栃尾ふるさとづくり活動3次隊愛児園隊でサブマネージャーをやらさせてもらいました、法政3年の榊良将です。
私は1年生の時からこの子ども隊愛児園の活動に行き続け今回が3回目の活動となりました。


3回目の活動ということもあり職員さんとお話する機会がありました。その中で児童養護施設の地域事業、地域への貢献についてお話を聞くこともできました。


現在の日本では本当に多くの子どもに関する社会問題が存在します。
保育園の待機児童問題、母子家庭の貧困、様々な形の虐待、、、


大学生である僕たちにとって結婚や育児はそう遠い未来ではありません。
この活動に参加したことで「子ども」に関する社会問題に興味をもって、
また周りに発信することで一人でも多くの人に「子ども」に関する社会問題を知ってもらえれば幸いです。


マネージャーが一時期実習のため不在になったり、隊員の多くが夏プロ準備に追われ始めたりと忙しい時期の活動となりましたが、隊員一人一人が作り手となり協力してくれたことで無事怪我人もなく活動を終えることができました。ほんとにこの活動に協力してくれたみなさまに感謝です。

栃尾ふるさとづくり活動 3次隊
サブマネージャー
榊良将 (法政大学3年)
3次隊「栃尾ふるさとづくり 子ども隊 愛児園」とちおっ子の声[2016年07月19日(Tue)]
初めての栃尾ふるさとづくり 子ども隊 愛児園への参加はちおの女の子の声です!

子ども隊は初参加でしたが、子供達が本当に可愛くて本当に楽しい2日間でした。
はじめは仲良くなれるか不安でしたが、すぐになついてくれてたくさん遊ぶことができてよかったです。
しかし、子ども達の中には過去につらい経験をした子などもいて、わざと明るく振舞っているということも聞き、とてもつらい気持ちになりました。
そのようなことを聞いて、より子ども達に家族の愛情を与えたいと感じました。
今回の愛児園の活動を通じて知ったことや学んだことを、周りの人に伝えたりしていきたいと思いました。次回の秋の愛児園も絶対参加したいです。
3次隊「栃尾ふるさとづくり 子ども隊 愛児園」[2016年07月11日(Mon)]
 7月10日は、朝の散歩から始まりました。自然が豊かな場所での散歩は子ども達も伸び伸びした様子でした。

朝食の後、班ごとに分かれてのうどんづくりをしました。子どもたちは学生と力を合わせて、力一杯こねてうどんを一から作る体験をしました。昼食では、自分たちで作ったうどんを食べることができるのを楽しみにしていました。

愛児園 3枚.JPG

 次に、七夕にちなんで自分の夢や、やりたいことを短冊に書き、古民家にある笹にそれぞれ願いを込めて吊るしました。学生と一緒に自分の夢を広げることができました。

愛児園 3枚.JPG

昼食は、とちお同住会の方の協力のもと、流しうどんをしました。このうどんは、午前中の企画で子どもと学生が協力して作ったものです。そのあと、自由時間がありみんなで水鉄砲をして遊びました。

愛児園.JPG

 そして、子どもたちとのお別れの時間がやってきてしまいました。終わりの会では、班ごとに子どもへの想いのこもったのメッセージが書いてある色紙を一人一人にプレゼントして、お別れのあいさつをしました。

最後に子ども隊について、考えることを隊全体で話し合いました。それぞれ、2日間子どもと過ごして考えたことを隊として共有しました。
2日間という短い期間でしたが、隊員それぞれが子どもたちのことを考え、触れ合えた活動となりました。
3次隊 「愛児園」(7/9)[2016年07月10日(Sun)]
今回は、新潟県長岡市内にある児童養護施設の子どもたちとの交流がメインです。

7月の9日午前に関西からの隊員と合流し、リーダーそしてIVUSA理事であり長岡市議会議員の桑原望さんから挨拶がありました。そして、初めて栃尾の活動に参加する「はちお」の隊員に向けて、桑原望さんから挨拶とは別にお話を伺いました。

securedownload1.jpg

 その後古民家の清掃をしたあと、隊員全員での結団式を行い子供たちを迎える準備を整えました。

securedownload.jpg


14時頃から新潟県長岡市にある児童養護施設の子どもたちと合流し楽しい企画が始まりました。

行った企画はジェスチャゲームや猛獣狩りなど身体を動かして遊ぶものもやりました。子どもたちとの一緒に汗をかきながら楽しむことができました。

securedownload 7.jpg

その後お風呂に入りみんなで夕食でした。七夕にちなんで、ハンバーグの上には星型のチーズが乗っていました。

夜の企画では古民家の周りを散策し、花火もしました。

securedownload 6.jpg

子供たちは大きな笑顔を浮かべとても楽しんだようすでした。

ついに明日は活動最終日です。子どもたちにとってより良い二日間にするために、隊全体で子どもに全力で関わっていきます
3次隊 「栃尾ふるさとづくり 子ども隊 愛児園」 (7月8日)[2016年07月09日(Sat)]
【栃尾ふるさと作り3次隊 子ども隊 愛児園】 7月8日から10日の3日間で行われる【栃尾ふるさと作り 子ども隊 愛児園】が始まりました。この活動では、新潟県長岡市内の児童養護施設の子どもたちとの交流をします。 そして活動初日、7月8日に都内の大学にて結団式が行われました。 結団式では、最初に今回の活動や栃尾地域について勉強会で学んだことをテストをし、次に子どもへの対応として、トラブルシューティングが行われました。最後にリーダーからの話で、隊としての気持ちを1つにできました。 結団式後に活動の拠点となる古民家に向けて出発し、関東からは学生26名と事務局員1名が9日深夜に古民家に到着しました。 9日の朝、関西から学生4名が古民家に到着予定です。
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得