CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2015年07月 | Main | 2015年09月 »
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊『とちお祭り』とちおっ子の声@[2015年08月30日(Sun)]
8月21日〜24日の栃尾ふるさと創り活動5次隊は無事終了しました。
活動に参加した学生たちに活動の感想を聞きました。
まずは1人目、初めて栃尾で活動を行った一年生からです。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


 今回初めての夏プロとして栃尾に行かせていただきました。
 みこし渡御では現地の方々と一緒におみこしを担がせていただき、
仁和賀行進ではよさこいを踊らせていただいて、現地の方に少しでも元気を届けられたように思います。

 また私は自分に対するこれからの課題を発見しました。それは視野を広げることです。

 今回周りの方や現地の方と積極的に交流できず、栃尾や地域活性化に対して狭まった考え方しか持てませんでした。
ミーティングの度に悔しい思いをし、そこで周りと交流する意味を理解しました。

今回の活動は改めて学ぶことや反省することばかりでしたが、今回得たものを忘れずにもっと成長して今後の活動に繋げて行きたいと思いました。
5次隊『とちお祭』活動最終日[2015年08月26日(Wed)]
8月24日。いよいよ最後の活動日になりました。起床後、活動の間お世話になった皆楽荘の掃除をしました。幾つかの班に分かれて抜け目がないように丁寧に掃除しました。

image.jpg

その後、ご飯を食べ、最後のワークを行いました。初日と比べて何を得たのか、何が今後の活動に繋げられるのかをそれぞれが考えました。

image.jpg

そして今後栃尾でどのような活動をするのが良いのかをグループごとに考え意見を出し合いました。最後に桑原望さんと隊のリーダーからのお話があり、ワークは終了しました。

image.jpg

13時に皆楽荘でお世話になった方にお礼を言い、東京へ向けて出発しました。そして18時半に東京都庁前に着き、関東関西の学生がそれぞれ解散しました。

image.jpg

これで5次隊『とちお祭』の全日程が終了しました。帰るときの隊員の顔は来たときよりも逞しくなったように感じられました。この活動で吸収したものを次の活動に活かせるように努力していきます。
5次隊『とちお祭』活動3日目[2015年08月24日(Mon)]
活動3日目は、樽みこし綱引き大会、仁和賀行進、大花火大会と多くの行事がありました。

午前の最初の活動は樽みこし綱引き大会でした。IVUSAはチャレンジ部門と本戦に参加し、合わせて10チームが参加しました。参加者は砂まみれになりながらも勝利を目指して精一杯樽みこしを引いていました。原町の方々に丁寧に指導をしてもらったおかげで、一戦一戦で成長が見られました。結果としては女子のチームが準優勝を取ることができました。

image.jpg

次は仁和賀行進でよさこいを踊りました。ハッピを着て最終の位置確認や振りの確認をしました。みんなの表情からはやっとできるという意気込みと緊張が感じられました。そしていよいよIVUSAの順番が回って来て、よさこいを踊りました。踊りが終わった後、周りの人から大きな拍手をいただきました。

image.jpg

最後に皆楽荘の近くにある栃尾東小学校で交流会をしながら大花火大会を観覧しました。花火はとても綺麗で、隊員からはところどころで歓声があがっていました。そして最後の花火が打ち上げられ、とちお祭が終了しました。

image.jpg
5次隊『とちお祭』活動2日目[2015年08月24日(Mon)]
8月22日、活動2日目の始まりはよさこいの練習でした。
よさこいは本番前最後の練習だったので、細かい動きを確認しました。今まで以上に緊張感があり、体育館は熱気に包まれていました。

image.jpg

午後6時半からは大民謡流しを行いました。多くの参加者が長い列をなして踊りました。小学生ほどの子供から大人まで年齢を問わずに行われるこの行事の中には、個性的な服装などで観客を湧かす団体もありました。

image.jpg

大民謡流しが終わった後すぐにみこし渡御がありました。4つのグループに分かれ、それぞれ担当のみこしを担ぎました。大きな掛け声で一歩ずつ進んでいくみこしは人々の想いを乗せながら、目的地までゆっくりと進んでいきました。

image.jpg

最後に三本締めで終わりを迎えた時には、全体から大きな拍手の音が鳴り響きました。一緒にみこしを担いだ地元の方々からは「来年も再来年もまた参加してね」というお言葉をいただきました。

8月23日は、樽みこし綱引き大会から始まります。全力で取り組み祭を盛り上げます。
5次隊「とちお祭」活動1日目[2015年08月22日(Sat)]
本日、東西の学生は、大型バス2台、マイクロバス1台で栃尾へ向かいました。

栃尾に着くと、隊員たちは「やっと栃尾だ」と栃尾の活動へのワクワク感が収まらないようでした。

まず初めにとちお同住会の方々や桑原望さんからの挨拶があり、その後、初めて栃尾に来た隊員は桑原望さんから栃尾についてのお話がありました。皆真剣な眼差しで話を聴いていました。その他の隊員は体育館で1時間ほどよさこいの練習をし、汗を流しました。

image.jpg

その後体育館で合流し、栃尾甚句保存会の方々の指導のもと、大民謡流しの練習を行いました。経験者はほとんどいませんでしたが、栃尾甚句保存会の方から「覚えが早いね」とお褒めのお言葉いただきました。

image.jpg


午後6時からは3つのグループに分かれて活動しました。1つは皆楽荘で行政の方やとちお同住会との交流会、原町にて樽みこし綱引き大会の練習、そして新町にてみこしを担ぐ練習を行いました。

image.jpg

新町の区長さんのお話で、「小さい子に祭を経験していない思い出させたくないという想いでやっている」「この想いは重いよ」というお言葉がありました。地元の方々のこの想いを忘れずに本番では全力で盛り上げましょう。
5次隊「とちお祭」結団式[2015年08月21日(Fri)]
8月20日、栃尾5次隊「とちお祭」の結団式が行われました。

まず初めにアイスブレイクが行われましたが、緊張感はあまりなく、一人一人が積極的に話しかけていました。

image.jpg

次に、IVUSA7カ条の確認、栃尾復習クイズ、栃尾でお世話になる方々の紹介、とコンテンツは進んでいきました。

image.jpg

ワークでは栃尾のお祭りはなぜ無くしてはいけないのか、そしてそのお祭りを続けていくためには何が必要なのか、ということを班ごとに考えました。

そして事務局の方や学生代表の方、最後にリーダーから隊の目的や目標についてのお話があり、隊員が求められていることは何か、どんなことをすればそれが達成されるのかを個人目標と合わせて考えました。

image.jpg

明日からいよいよ栃尾地域での活動が始まります。お祭りだけではなく一つ一つの活動を考えて行動したいです。
4次隊『長岡まつり』活動2日目[2015年08月03日(Mon)]
8月2日、フェニックス花火大会が行われました。私達IVUSAは、会場設営、募金活動をしました。
12時半頃、会場に向かい、観覧席の設営の準備を48名で行いました。とても暑かったですが、地域の人達の支えもあり、仕事を全うすることが出来ました。
image.jpg

午後2時頃、アオーレ長岡にて、フェニックス花火への協賛金の募金活動を行いました。
image.jpgimage.jpg

19時半頃から花火が打ち上げられ始め、フェニックス花火が打ち上げられた後も長岡市スーパーウオロクと長岡市営陸上競技場で協賛金の募金活動を行いました。
image.jpg
image.jpg

「みんなで上げようフェニックス!」の掛け声で呼び掛け、多くの方が募金してくれました。

フェニックス花火が何故打ち上げられたのかを考えさせられた2日目となりました。
4次隊「長岡まつり」活動1日目[2015年08月02日(Sun)]
8月1日〜4日に、学生140名が新潟県長岡市にて行われる長岡まつりに参加させていただいてます。
活動初日、本隊が大型バス3台と中型バス1台が新宿から出発し、午後1時半に長岡市に到着しました。
まずは長岡アオーレにて、地元の方々により現地勉強会が行われました。初めに第6期IVUSA学生代表の桑原望さんからお話があり。その後長岡青年会議所の方達から長岡まつりとフェニックス花火に込められた深い思いの話と柿川灯篭流しの説明をして頂きました。
IMG_0362.jpg
16時頃、勉強会が終わったあと、男子はふんどし、女子はさらしに着替えて、長岡空襲の中心地にある平潟神社に隊全体がいって黙祷をしました。
18時頃から、長岡JC、関東町、ほだれ、長岡商工会青年部、米百俵の方々と御神輿を担がせていただきました。
S__5407089.jpg
関東町と一緒に活動した26名学生たちが、御神輿を担いだあと、関東町の方々とともに直会をしていました。「学生と一緒に活動してよかった!」「来てくれてありがとう!」というようなメッセージをいろんな方々から頂きました。
ほかの学生たちは御神輿を担いだあと、戦時中空襲でお亡くなられた方々に追悼の意を込めた灯篭流しをしました。
IMG_0439.jpg
最後に皆楽荘に隊全体が合流し、食事と入浴を済まし、一日目の活動が終わりました。
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得