CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2012年10月 | Main | 2012年12月 »
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
13次隊 とちおっこの声[2012年11月27日(Tue)]

今日で13次隊とちおっこの声最後の更新となります。

今回も4年生の方に書いてもらいました。

では、どうぞ(^O^)



2012年栃尾13次隊‘ファイナル‘が終わりました。

4年間で33回活動に参加し、夏にはプライベートで栃尾を訪れました。

お神輿担げて、花火見れて、よさこい踊れて、農作業も古民家修復もできるという一石二鳥のような活動内容に惹かれ、100パーセントノリ(笑)で参加したのが4年前の夏のとちお祭りでした。

これが私と栃尾との出会いです。

初めて訪れた栃尾は自然豊かで、日本酒と名物の栃尾揚げがおいしくて、星がきれいで、同住会の方々の優しい笑顔が印象的でとてもあたたかい所でした。

栃尾の魅力に一気にはまってからは4年間、月に1〜2度栃尾を訪れていました。

最初は同住会の方々とも何を話したらいいのいかわからず、満足に交流できていなかったです。
でも何回も何回も栃尾を訪れて一緒に作業する中で気付いたら気軽にあだ名で呼ばれたり、苦手なカマキリを後ろから投げられるほど仲良くなっていました(笑)
今ではたまに電話したり野菜やお酒を送っていただけるぐらい個人的な濃い関係を築いています。

この4年間は振り返ってみると本当にあっという間でしたが、数え切れないほどの思い出と経験ができました。
田植えや稲刈り、畑の開墾など都会で暮らしていたらできないこと。
生きている鶏を自ら絞めて食べたり、いろんな工具を使って家具を作ったり、古民家を修復するといった普通の女子大生だったらぜったいやらないであろうこと(笑)

すべて栃尾だからできました!
私は4年間でだいぶたくましくなったと思います(笑)

何度も栃尾に行くうちに、いつしか栃尾は私が一番自分らしくいられる場所になりました。
私にとってかけがえのない素敵な人たちが栃尾にはたくさんいます。
IVUSAに入って栃尾と出会えたこと。

これは運命だと思います!

先輩方が築いてくださった栃尾とIVUSAの絆。
私たちはこれからもずっとずっと守り続け、より強くしていきます。

卒業しても私は大好きな第二の故郷‘栃尾‘に帰ります。

4年間本当にありがとうございました♪




この更新している中の人も書いてて感動しました。

先輩の方々が築いてきたこのIVUSA×栃尾の活動を守り続けしっかり引き継いでいこうと思いました。

このとちおっこの声も今日が最後でさびしい気分になります。

ですが、今回更新した3つの声も次の活動につながる重要なものになったと思います。

これで栃尾13次隊とちおっ子声を終わらせていただきます。

3日間読んでいただきありがとうございました(*^。^*)
13次隊 とちおっこの声[2012年11月26日(Mon)]

今日はとちおっこの声2回目の更新です。

今回は4年生の方に書いてもらいました。



4年生が20人余り参加した今回の隊。

活動中いつもならば4年生を探すところが、隣に誰か必ず4年生がいる状況。

ともに泣き、笑い、酔いまた笑い、
と同期と過ごしてきた日々を思い出し、語り合う夜は忘れないことでしょう。

サプライズプレゼントを20人分用意してくれた後輩たち、いつも支えてくださっているIVUSA事務局、同住会の皆様、そして、いつも周りにいてくれた同期。

全てに「感謝」の気持ちを抱き、今回の隊を終えることができました。

ありがとうございました。




明日はとちおっこの声最後の更新となります。


お楽しみに(#^.^#)

13次隊 とちおっこの声[2012年11月25日(Sun)]
とちおっこの声では活動に参加した人の感想を載せていきます。

この栃尾プロジェクトも始まって4年が経ちました。

4年生の方々は初期の活動から携わり、今年で卒業されます。

というわけでこれから3日間栃尾13次隊に参加したメンバーから、
今回栃尾に初めて参加したいわゆるはちおの子から1人、
また今まで活動を支えていた4年生の方2人にとちおっこの声を書いていただきました。


まずははちおの子からです。

僕は13次隊が初めての栃尾でした。
ファイナルということもあり予想していた通り4年生が多くとても緊張していました。
しかし、4年生の方々は勉強会の時から優しく話しかけてくれて栃尾に行く前にはその緊張はどっかに行ってくれました。

栃尾に着いてからは、野菜の収穫、チューリップを

IVUSA とちお

の文字に沿って植え、また古民家の雪囲い作業、そして大交流会を行い、これからが楽しみな作業を行いました。

これらの活動を通じて、今回の隊のコンセプト
「未来のために、今結ぶ」
を達成できたと思っています。

そして最後に、4年生の方々の話を聞いて、自分も絶対に3年後この場所にいようと決意しました。

今回の活動を通じて栃尾を少しだけ知ることもできたし、さらにもっと栃尾のことを知りたいと思いました。

13次隊に行って本当に良かったです!!



明日は4年生の方のとちおっこの声Aを紹介します!
お楽しみに〜(#^.^#)
栃尾13次隊2日目[2012年11月18日(Sun)]
2日目は午前から、畑にて、雑草取り、大根、カブ、ジョロキア

の収穫、今回のメイン企画であるチューリップを植える準備を行いました!(^^)

古民家では雪20囲いの準備(栃尾地区では、豪雪のため雪の重さで家が潰れる

恐れがあるため、それを防ぐ、補強が必要)収穫した野菜を洗う等の作業をしました。



お昼には、同住会の方々を招いて、楽しく食事をしました!



午後の作業では、あいにく雨が降ってしましたが、

畑にて雑草を取り、午前に準備したチューリップの球根を植えました。
PIC_1386.JPG
春には満開の花が咲くことでしょう! 楽しみですね!ぴかぴか(新しい)
DSC_1972.JPG


古民家では雪囲いの続き、薪、材木の古民家内への収納を行いました!



そして、夜からは場所を移して偕楽荘で「絆を結ぶ大交流会2012」を行いました。



UNEの方、同住会の方、長岡市地域復興課等の

今までの活動でお世話になった方々を招いて、

今までの栃尾の活動について振り返り、

一年間の感謝の気持ちを伝えました!
DSC_2293.JPG
交流会の最後には、全員で大きな円を作り、一緒に「ふるさと」を歌いました。


古民家にもどったあとは、学生同士交流会を通し、親睦を深めあいました。



明日はいよいよ最終日!

最後まで13次隊を満喫します!
DSC_2388.JPG
栃尾13次隊1日目[2012年11月17日(Sat)]
P1010038.JPG
活動1日目の報告です!わーい(嬉しい顔)



いよいよ栃尾13次隊当日になりました!黒ハート



一日目は結団式を行い、個人目標、班目標を設定。

そして最後には・・・
全員で円陣を組み、テーマソングを全員で歌いました!るんるん

これで、みんなの気持ちも一つにぴかぴか(新しい)



バスに乗り込みいよいよ出発バスダッシュ(走り出すさま)



0時に古民家に到着し、全員で交流会を行いましたexclamation×2

P1010073.JPG

明日から本格的に活動が始まりますexclamation×2



頑張りますexclamation×2






12次隊 リーダーからのメッセージ[2012年11月14日(Wed)]
今回でこども企画は第6回目となります。今回の活動は学生31名、こども7名が参加しました。
こども企画は児童養護施設のこども達に一生の思い出を作ることをテーマとしています。その中でも今回の隊のコンセプトは『向き合い』。こども・栃尾・自分自身と向き合ってもらいたいという気持ちから、このコンセプトにしました。

こども企画の活動はたった2日間しか行われず、こども達に一生の思い出とすることは不可能かもしれません。しかしたった数日でもいいので、こども達の笑顔に、話題に、そして思い出に繋がってくれればうれしいです。

その楽しかった思い出こそが今後、私たちの後輩が作り出すこども企画に参加したいという意欲に繋がること、そしていつかこども企画全体を通し、こども達の一生の思い出になることを心から祈っています。

今回の活動で4年生の会員、また小学校6年生のこどもはこども企画を卒業となります。しかし私たちの後輩が今後もこの素晴らしい活動を引き継いでくれることを、そしてこども達の幸せを心から祈っています。

最後にこのような素晴らしい隊のリーダーをさせて頂き、本当にありがとうございました。この隊に関わる全ての皆様に感謝を申し上げます。


同志社女子大学4年 鈴木里子


20121102-00132.jpg



今日で12次隊のブログは最後となります。ありがとうございました!
そしてリーダーズの皆さん、お疲れ様でした。

20121102-00578.jpg

12次隊 サブリーダーからのメッセージ そのA[2012年11月13日(Tue)]

毎回リピーターを多く輩出するこども隊。僕もリピーターの一人です。

今回の活動は全体を通してとてもゆったりとした時間を過ごすことができました。自由時間が多かった分、今回のコンセプトである『向き合い』を意識してこどもと触れ合うことができたのではないかと思います。

そして今回のこども隊では、一度は栃尾の活動に参加していることを参加条件としたため、栃尾の活動の中の一環としてこども隊が存在すること、望さんをはじめ同住会の方々がいるからこそ成り立っている活動なのだということをしっかり理解したうえで、活動することができました。

また、同住会の方に昔の遊びを教えてもらう場を設けたことで、同住会×こども×学生の3世代の交流ができました。その時の皆さんの笑顔が本当にキラキラしていて、こども隊はとても素敵な活動だなと改めて実感させられました。

今回で6回目になるこども隊を絶やさぬよう、どんな形であれ今後も関わっていきたいと思います。個人としての反省点は多々ありますが、本当にみんなに支えられ、助けられた隊でした。この場を借りてこの隊の活動に関わってくれた方々に感謝とお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

日本大学商学部2年 茂木翔吾(いちご)


20121102-00360.jpg
12次隊 サブリーダーからのメッセージ その@[2012年11月12日(Mon)]

今回サブリーダー兼会員管理をやらせて頂くにあたって、本当に多くの人に支えて頂きました。皆さんの協力があってこその隊でした。

子ども隊は、学生だけでなく、参加して頂く子ども達の人生にも影響を与える隊なので、一際、人への配慮や気遣いが大切な隊ではないかと思っております。参加者1人1人の他者への思いやりや、同住会の方・双葉寮の職員の方々からのご協力で成り立っている隊でした。

また、今回での反省や気付きを次へ活かそうという学生の前向きな姿勢も多く見ることができました。次の子ども隊を今回以上に良いものとできるように、私自身、精進していきたいと思っています。

立教大学2年 鈴木寿美佳

20121102-00295.jpg
12次隊 とちおっこの声B[2012年11月12日(Mon)]

お待たせしました!
3人目のとちおっこの声をお送りします(^-^)

 
7月の前回の子ども隊の反省が随所に活きた隊であったと思います。
ただ、虐待や施設のことを考えて、また来たいと思った子がどれだけいるか?単純に子どもたちに会いたいだけになっていないか?それは虐待という事実と向き合っているのか、疑問に思いました。

多くの先輩が今回で卒業されました。今回はうまくいきましたが、それを引き継ぐ人間が、今回の隊でどれだけ生まれたのか。楽しむだけではない、一歩踏み込んだところへのステップアップがみんなにあればと思います。


以上で12次隊のとちおっこの声は終了です。ありがとうございました!
明日からはリーダーズのメッセージをお送りします。

12次隊 とちおっこの声A[2012年11月10日(Sat)]

こんにちはー!
昨日に引き続き、12次隊参加者からの声を紹介します!


やっぱり子ども隊は楽しかったし、子どもの些細な成長を見られて嬉しかった。
刃物を使ったり、慣れない環境のなか生活をして、それを存分に楽しんでくれる子どもたちがいてとても嬉しい!

また次回来れたら絶対に来たいと思いました。


明日もお楽しみに〜♪
| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得