CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2011年01月 | Main | 2011年03月 »
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾出発![2011年02月27日(Sun)]
企画が終わると、

同住会の方ともしばらくお別れ・・・悲しい

最後に昨日行った遊雪会場にまたいきましたびっくり



そこで、

裸押し合い祭りの出店で余ったこんにゃくをみんなでほうばりました音符音符


遊雪会場では、クレープや豚汁などの出店もあり、

豚汁を売っている地元の方がたが快く豚汁をサービスしてくださいまいた笑い太陽

具だくさんで暖かくてとてもおいしかったですね!

ありがとうございます!


最後、遊雪会場を後にし、

帰りのバスでは、お疲れで寝ているひとがおおかったです^^;

新宿に着くと、ザ・都会!

現実に戻りました。

栃尾がとっても恋しくなりました・・・悲しい


最後、バスからおりて、みんなで、隊員と写真を撮って別れを惜しみながら

無事15次隊を終えました!!




栃尾15次隊・・・

除雪に、裸押し合いに、交流会に、同住会に、こんにゃくに…

新たな出会いと深まった絆、貴重な経験!

とってもたのしい3日間でした!

皆さんお疲れ様です星

ありがとうございました!!
栃尾出発[2011年02月27日(Sun)]

企画が終わると、

同住会の方ともしばらくお別れ・・・悲しい

最後に昨日行った遊雪会場にまたいきましたびっくり



そこで、

裸押し合い祭りの出店で余ったこんにゃくをみんなでほうばりました音符音符


遊雪会場では、クレープや豚汁などの出店もあり、

豚汁を売っている地元の方がたが快く豚汁をサービスしてくださいまいた笑い太陽

具だくさんで暖かくてとてもおいしかったですね!

ありがとうございます!


最後、遊雪会場を後にし、

帰りのバスでは、お疲れで寝ているひとがおおかったです^^;

新宿に着くと、ザ・都会!

現実に戻りました。

栃尾がとっても恋しくなりました・・・悲しい


最後、バスからおりて、みんなで、隊員と写真を撮って別れを惜しみながら

無事15次隊を終えました!!




栃尾15次隊・・・

除雪に、裸押し合いに、交流会に、同住会に、こんにゃくに…

新たな出会いと深まった絆、貴重な経験!

とってもたのしい3日間でした!

皆さんお疲れ様です星

ありがとうございました!!


裸押し合い祭り[2011年02月26日(Sat)]
PM7:00

お祭りが始まりました^^




神社に向かってふんどしの男たちが掛け声とともに走ってきます。

そして、境内に入っていき、押し合いが始まります^^

オッセオッセと言いながら、男たちは体をぶつけ合い、押し合います。

途中で神様(?)のような人が上から札を投げます。

その時になるとサンヨーサンヨ サンヨーサンヨ といい、札を取り合います。

途中熱くなりすぎると、ちょっとくだったところにある、水につかりに行きます。



企画[2011年02月25日(Fri)]
最終日の3日目の朝。
10:00から全体で企画を行いました!!!

まず

栃尾について
1、知る
2、考える
3、立案せよ
4、プレゼンせよ

というミッションにより、これから栃尾を活性化させるためにどのようなことを行っていけばよいのか、
この3日間を通した活動や地元の方々から聞いた話をもとに考え、各班でその考えをまとめ、
全体の前でプレゼンし同住会の方々に判定していただきました!!!!キラキラ


 ‘地域活性化とは何なのか’   ‘地域の方々のニーズは何なのか’

それぞれの班が真剣に考え、意見をぶつけ合いました!!









同住会の方々も熱心に耳を傾けてくださいました!







プレゼン内容は班ごとに違っていて、たくさんおもしろい案がでました♪


最後に総評をいただきました笑顔キラキラ





祭り後の交流会[2011年02月24日(Thu)]
裸押し合いの熱が冷めやまぬまま

交流会が始まりました!!!!キラキラ



まずは全員で乾杯し

ビールや日本酒を飲み交わしながら
IVUSA学生は地元の方々と裸押し合いの話で盛り上がったり、
地元の方々が語る栃尾についての話に熱心に聞き入ったり、
世間話に花を咲かせたり・・・




とにかく裸押し合いに負けないくらい
盛大で楽しい交流会となりましたハート



地元の方々はお酒の強い方が多く、学生はたくさんお酒をつぎ
そしてとにかくたくさんお酒を飲みましたキラキラ



一大イベントである裸押し合いが終わった後のお酒は
地元の方々にとっても学生にとっても格別だったことと思います♪




・・・それもあって交流会の帰りはいつも以上に酔っぱらっている学生が多かったです笑顔


裸押し合い祭りA[2011年02月22日(Tue)]
午後7:00裸押し合い祭りがスタート


神社の石段をふんどし姿の男たちが勢いよく駆け上り、
男達の「オッセ!オッセ!」というかけ声が神社中に響る中
社殿の中で押し合いが始まりました(^V^)/*

「サンヨー!サンヨ!!」のかけ声があがると
神官様が天窓から福札を投げ、その福札を男たちが取り合います!


たくましい地元の人たちの中へIVUSAの男たちも果敢に飛び込み大奮闘!





途中ほてった体を冷ますため、社殿から出て石段を半分くらい下りたところにある水風呂の中へ飛び込む人も・・・


外は雪がしんしんと降っていましたが!!!

このふんどしの男たちの熱さは冬の寒さ以上でした笑顔ダッシュ


女子は同住会の方々とこんにゃくを売りながら交代で男子を見に行き応援!
男たちの熱さが見ている女子にも伝染しテンションはマックスでした♪


15次隊のメインと言える裸押し合い祭りは男女とも熱い熱い祭りになりました!!!

























裸押し合い祭り@[2011年02月21日(Mon)]
2日目の夜!!!
今回の活動のメインと言える、裸押し合い祭りがおこなわれました*
まず、裸押し合い祭りとはどのようなお祭りなのでしょうか?

********************

栃尾ゆかりの戦国武将・上杉謙信公が崇めた毘沙門天を栃堀巣守神社に祀り、「戦勝祈願」「五穀豊穣」を願ったのが始まりと伝えられています。
その歴史は古く、天正年間(1570年代)にさかのぼります。
 
下帯一本にワラジ履きの男衆が、大ローソクを持って本堂に流れ込み、「サンヨ!(撒与)サンヨ!」の掛け声とともに押合い、福札を勇壮に奪い合います。集めた福札は押合い終了後に撒与品(景品)と交換されるとあって、会場の熱気は天井知らずに上がっていきます。

(栃尾観光協会より抜粋。)

********************

今回は、IVUSAからも26人の男子が地元の方と一緒に裸押し合い祭りに参加し、お祭りを盛大に盛り上げました!

当日、遊雪まつりの準備を終えて戻り、少し食事をしたところで、男子たちはふんどしに着替えました!

男子が着替えている間、女子は会場にあるキャンドルに点火をしていました♪

そして、戻った時には………みんなふんどし姿でお出迎えしてくれました^^

とちお遊雪まつり[2011年02月20日(Sun)]
2日目、半蔵金集落との交流を終え、おなかいっぱいになった私たちは、裸押し合い祭りのお手伝いととちお遊雪まつりのお手伝いに行きました♪

裸押し合い祭りのお手伝いは、神社の境内までの道のりに、バケツくらいの大きさのかまくらを作り、その中にキャンドルいれ、点火するといったものです。



また、栃尾同住会の方と一緒にこんにゃくを売る準備などもしました^^


遊雪まつりのお手伝いは、一面においてあるかまくらの中のキャンドルに点火をするといったものでした。

 


とても広いところ一面にかまくらがあったので、点火を全部終わらせることはなかなか大変でした。

しかし、子供たちがたくさんいたため、一緒に交流しながら楽しく活動することができました。



また、遊雪まつりには露天がたくさん出ているため、作業後は露天で食べ物を買い、休憩したりして、楽しく過ごすことができました^^

とちおっ子の声[2011年02月19日(Sat)]

こんにちは!

今回も15次隊に参加したとちおっ子からのメッセージをお届けします☆



新潟に降りたってまず目に飛び込んできたのは4mの雪の壁だった。




雪の壁の中に家の屋根がところどころ顔を出していた。






こんな所でどうやって生活するのだろうか?




ふとした疑問が頭をよぎった。

しかし、現実は、笑顔に溢れた人が生き生きと生活していた。


栃尾の人は皆パワフルで温かかった。


初めて栃尾を訪れた私をものすごく温かく受け入れてくださった。


3日間はあっというまにすぎ、別れ際「また来いよ。」の何気無ない一言。

それが私の心に強く響いた。

滋賀に帰って目の前に飛び込んできたのは2cmの雪の道。

何だか寂しく思える。



来年もまた栃尾で暑い冬をすごそうと思う。







素敵なメッセージ、ありがとうございました♪


自分たちの普段の生活からは考えられないほどの雪の量でした。




栃尾。




私たちの第二の故郷。




そこにはいつも

私たちをあたたかい笑顔でむかえてくださる地元の方々がいます(^^)


交流会♪[2011年02月18日(Fri)]
みなさんこんにちは♪
今回は、2日目の除雪のあとに行われた、半蔵金集落のみなさんとの交流会についてレポートしますっハート

除雪作業が終わってから、半蔵金集落のみなさんと一緒にお昼ご飯を食べました料理




メニューは、オードブルと、半蔵金のお母さんたちが作ってくださった、おにぎり、お漬物、肉汁、甘酒でした^^

菊のお漬物は、私たちは、普段食べるというのはあまり聞いたことがありませんが、半蔵金のおじいちゃんたちに聞いたら、定番だそうです。

温かい肉汁は除雪をして冷え切った体を温めてくれ、ほっこりしました。
具だくさんで、とても美味しかったですハート

ご飯を食べつつ、たくさん半蔵金のみなさんにたくさんお話をうかがい、学生も半蔵金のみなさんも笑顔が輝いていました♪

一緒にご飯を食べた最後に、学生から半蔵金のみなさんに歓迎していただいたお礼として、「よさこい」を披露しましたキラキラ



みなさんに、掛け声や手拍子で盛り上げていただき、大成功で終わりました*

また、春に半蔵金のみなさんと笑顔で交流できるのを楽しみにしています^^

ではでは、次回は、遊雪祭りのレポートをお届けしまーす!!
| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得