CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2010年10月 | Main | 2010年12月 »
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾13次隊活動レポートC[2010年11月18日(Thu)]
午後、子ども達が到着してからの様子です(^^)!


いよいよ子ども達が到着!

ちょっとドタバタでしたが
近くの廃校のグラウンドを使って、

はじめの会を開きました。




数取りゲームなど、こどもたちと仲良くなるための時間をつくりました!


その時間の後は

畑でこどもと一緒に収穫タイムです笑い


同住会の方々が畑の先生になってくれました!




畑での収穫タイムが終わると

その次は

2日目のメインイベント
「魔法使い修行企画」です音符

魔法のお団子づくりや



ステッキづくり・・・


色んなイベントを終えて

最後はラスボスを倒しに行きましたびっくり




こどもたちがイベントを終えて古民家に帰ってくると・・・




おいしいカレーを作って待っていてくれた
コックさんたちがお出迎えまる

こどもたちと一緒にお風呂に入りにいった後、
おいしいカレーを食べました料理
とちおっ子の声[2010年11月17日(Wed)]

今日は

13次隊に参加したとちおっ子の声を紹介します★



みなさんおつかれさまでした!

そして、ほんとにありがとうございました!!




13次隊終わってみて、ほんとに参加してよかったと心から思いました


自分があの場にいれたこと、すごく嬉しかったし幸せだなと感じました





楽しかったこと、考えさせられたこと、初めての経験、いろんなことがぎゅっとつまった


あったかくて濃くて貴重な2日間でした!!





こどもたちにとってもそんな2日間になっていたらなとおもいます


また会いたいです!



こどもたちに負けないように自分も成長しなきゃなと思います






素敵なメッセージありがとうございました♪



こどもたちと過ごした時間は

とちおっ子にとっても

すごくすごく大切な時間となりました。


沢山の笑顔があふれた素敵な13次隊でした(^^)
栃尾の物語(6)〜第二章のはじまり〜[2010年11月16日(Tue)]
中越地震の発生から仮設住宅の撤去までの間、IVUSAと栃尾の一連の物語(活動)は、第一章であった。



震災から間もなく、5年が立とうとしており、表面上震災の影響はほとんどみられず、道路などの「復旧」はほぼ終了した。

しかしながら、中越地震の影響で見えてきたのは、日本の原風景のような中山間地といった地方の衰退であった。



IVUSAが活動を行う田代集落は、震災前に4世帯で震災の影響で二世帯となり、半減した。

この田代集落昭和40年代は、約40世帯であった。

当時は、日本の人口が増加する中で、過疎化の進展などでで、20分の1の世帯数になったのであった。



田代集落に住む二世帯ともに、仮設住宅に住んでいたこともあり、IVUSAのことをよく知っている。

古民家の隣に住む平沢成美さんのお宅には、IVUSAの学生が訪れた時の大きな写真が飾られている。



「IVUSA」と「とちお同住会」そして「田代集落」それぞれ、まったく違う団体である。

しかし、IVUSAの先輩たちが作った物語の第一章は、三者を結びつけるたしかな「絆」を生み出した。

だからこそ無限の可能性があると信じている。



全国的に、災害ボランティアは盛んになってきたが、長期的な地域の活性化に成功した例はない。

先日、地元の新聞 「新潟日報」に震災から5年の特集が組まれていた。

IVUSAの栃尾での活動以外は、すべて行き詰っているというものであった。



IVUSAが行うプロジェクトが成功すれば、「栃尾の奇跡」と呼ばれるだろうと、注目されている。

この物語の第二章を描くのは、君たちだ。



(とりあえず、終)


準備だぜ!11月6日午前[2010年11月15日(Mon)]
13隊メンバーも、
2日目は子どもにあえるとドキドキわくわくです笑顔

しかし、こどもたちを迎え入れるには

古民家が汚すぎる・・・!!


ということで、

午前中の作業で

古民家お掃除をするグループ

また
午後の企画の準備をするグループ

そして
畑の作業グループ

にわかれて作業しました!


最初にみんなで円陣を組み
気合注入炎




お掃除グループ
古民家をひたすら端っこから、掃除機かけて、拭いて、ゴミを片付けていました!



天井にあるクモの巣も退治して、すっかりきれいになりましたキラキラ


企画準備グループは…

古民家で新聞や色紙を使って、いろいろ小道具作っていました。

一方外では、雪囲いの板に
何やら絵を描いていますね!!



これが何に使われるは、後でのお楽しみです星

そして、最後に
畑グループ!!

今の時期は、収穫時期ですね音符

はちお(初めての栃尾)の人を中心に

たくさんの作物を収穫しました




準備がちゃくちゃくと進み、

とうとうこどもたちがやってくる時間に。

つづく☆
グーグルマップ[2010年11月14日(Sun)]
科学技術の進歩は驚きます。

以下のサイトをご覧ください。

http://maps.google.co.jp/maps?ll=37.36887,138.950593&spn=0.003053,0.004801&t=h&z=18&brcurrent=3,0x5ff5a6d709d9784b:0x3dc31b9028fff835,1

グーグルマップですが、私たちの畑まで移っています。
緑が少ないので、開墾したあとの写真と思われます。

左をみると、古民家の姿も・・・・。

それにしても、科学は凄いです。

そして、少し感動です。
出発進行!!11月5日(金)[2010年11月13日(Sat)]
星1日目星


1日目は東京から栃尾にむけての出発日です車
まず、出発の前に毎回勉強会を行ってから栃尾へ向かいます。今回は2回勉強会を行いましたメモ



これが勉強会のプログラムですびっくりびっくり

参加者みんなでの交流も兼ねての勉強会です。毎回、栃尾についても学んでから栃尾に行きますキラキラ
みんな、栃尾へ行くにあたってドキドキワクワクしていました音符
今回は子ども企画ということもありとっても参加者のテンションが高かったです炎

でも、メリハリをつけるのが13次隊そして栃尾参加者の良いところです。今回は子ども達と関わるということもあってワークを行いました。班ごとに分かれて実際起こりうる問題に対して考えていきました。



こんな時あなたならどうするはてな
私なら、こうするよびっくり話あっている最中です。

このように勉強会を行って21時にいざ出発です!!
今回のバスの中は子ども達向けの手遊びをしたり、歌を歌ったりで盛り上がっていました。
さすが子ども企画だけあって盛り上がりは最高でした炎


そうこうしているうちに栃尾に到着ですキラキラ
1時くらいには毎回栃尾に到着します月

到着してから子ども達と一緒に行う企画の準備をみんなでやりました笑顔



みんなで作業中

子ども達の企画のことを考えながら作業をしていたら時間はあっという間に過ぎ作業も無事終了し次の日に向けてみんなお休みタイムにはいりましたZZZ

明日はいよいよ子ども達と生活だーーーーーーーとみんな気合いが入っていました星

つづくダッシュ
栃尾13次隊活動レポート@[2010年11月09日(Tue)]
今日から、13次隊活動報告スタートです♪


今回の13次隊では、事前に勉強会を行ないました。

今日はその時の様子をご紹介します\(^^)/


勉強会は、先月10月30日に国士舘大学で行ないました。

この日は、ちょうど首都圏に台風が直撃するかも。という
かなりの悪天候の中、約15名の方が集まりました。

大雨警報なども発表されてしまい、
予定より大幅に短縮し、勉強会を行うこととなりました。



この日は、参加者の自己紹介から入り、
13次隊で使う、全員のキャンプネームを決めました!

ちなみに‥私のキャンプネームはこのときKARAに決定しました(笑)

理由は、単純にK-POPが好きだからです←


全員のキャンプネームが決まったところで、
緊張をほぐす意味もこめて、キャンプネームバスケットというものをしました!

フルーツバスケットに似たやり方で進めていくゲームです。

皆さん、大盛り上がりでした☆


しっかりと遊んだ後に、栃尾ムービー見て、
IVUSAと栃尾について、同住会について、勉強しました。


そのあとは、今回のメイン企画です。

「そもそも、児童養護施設とはどのようなところなのか。
 そして今の現状。問題点。」

「子ども達の抱えている障害について。
 私たちは、どのように子ども達に接したらよいのか。」

スクリーンも見ながら、みんな真剣に説明を聞きました。


初めて聞くお話がたくさんありました。


普段直接関わる機会が少ないため、私たちが知っている情報はとても少ないです。

それをこの機会に少しでも増やし、
同時に、この問題について自分たちで考えるいい機会となりました。



その後、今回古民家に招待する養護施設の子どもたちの紹介です。

ほとんどが前回参加してくれた子ども達なので、
前回子どもたちと接してみて感じたことなども紹介していただきました。

子ども一人ひとり個性があって、障害にも個人差があります。
全員と同じように接していても、同じようにいくとは限りません。

その子どもに一番合った対応というものが、求められるのだなと感じました。


そして最後に、今回の13次隊リーダーであるぱっそさんから
締めのお言葉を頂いて、勉強会は終了しました。



悪天候の影響もあり、

13次隊参加者全員で行うことは出来ませんでしたが、
とても有意義な時間でした。
栃尾の物語(5)〜IVUSAの残したもの〜[2010年11月08日(Mon)]
栃尾の仮設住宅は、栃尾市全域の住民が入居してきた。

つまり、同じ栃尾といっても知らない人だらけであったのである。



阪神大震災で問題となった「孤独死」

これは、死後何日も誰からも発見されないことである。

つまり、それだけ、住民同士コミュニケーションがなかったという証拠である。



栃尾も知らない者同士の仮設住宅だったため、「孤独死」が起きる可能性は十分あった。

しかし、IVUSAがきっかけで、住民同士の交流も行われ、そのような心配はなかった。



「仮設住宅にずっと住みたい」という住民がいたことは驚きであったが、

中越地震の仮設住宅の中で、もっとも素晴らしかったのは、「栃尾」であったと思う。



栃尾の仮設住宅も住民がいなくなり、閉鎖されることとなった。

その閉会式の時、「仮設住宅同住会」を立ち上げることが発表された。

これは、仮設住宅で過ごした絆で、今後も交流をつづけ、活動をしていこうというものであった。



「仮設住宅同住会」は「とちお同住会」と名称を変更し、

中越沖地震の被災地支援として、柏崎に花を植えたり、体験を話すなどの活動や

栃尾地域の各集落のお祭りに参加したり、

栃尾地域で花を植える活動をしたりしている。



彼らは、すっかりボランティア団体になってしまった。

「IVUSAみたいになりたいんだよね」と同住会のメンバーは笑顔で話す。

私の知っている限り、仮設住宅の入居者がその後もこのような活動をしているのは聞いたことがない。



(続く・・・・・)
栃尾13次隊現地レポート3日目[2010年11月07日(Sun)]
栃尾13次隊3日目です(∀)

朝ごはんを食べてから、
外で古民家の雪囲いをみんなで装飾!

絵の具をぺたぺた。
色を混ぜてみたり、みんな楽しそうでした。

その後は、古民家に戻って
昨日収穫したさつまいもを焼き芋にして食べました。

とっても美味しかったですw

そろそろ子ども達が帰る時間。

同じ班のみんなと、この2日間の思い出を振り返りました。

そして今回のリーダーぱっそから、
子ども達に卒業証書代わりにワッペンが贈られました♪

最後にみんなで記念写真をとってお別れ。

楽しかった。と、口々に言ってくれた子ども達が印象的でした。


子ども達が帰ってからは、
少し作業をした後、古民家の大掃除をして、

今回の13次隊を振り返り、古民家を出発しました。


少し高速が渋滞していましたが、21時過ぎに新宿到着!



皆さん、お疲れ様でした(^^)
13次隊現地レポート2日目[2010年11月06日(Sat)]
栃尾13次隊2日目です(∀)

午前中は子ども達が来るまで、
古民家の大清掃と企画の準備を中心に活動しました!

お昼過ぎに、子ども達が到着してからは、

この栃尾を魔法学校に見立て、魔法使い修行企画として、
子ども達とさまざまな活動をしました。

野菜を収穫したり、月の石を探したり、
ステッキを作ったり、お団子を作ったり‥

とにかく楽しさ満点の企画でした☆

夕食後は、とんとん先生によるマジックショーを見て
カンボジアの子ども達からのプレゼントを渡しました!

9時に寝る予定が、
まだまだ遊び足りない様子の子ども達。

夜遅くまで、学生と一緒にワーキャー遊んでおりました(笑)

プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得