CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
おやじさんの思い出[2009年11月20日(Fri)]
私たちの古民家 梁山荘のお隣に住む、おやじさんが亡くなりました。
78歳でした。

11月7,8日に学生が栃尾田代集落を訪れた際には、元気に軽トラックを運転し、農作業に行っておりましたので、大変に驚き、残念であります。

20日に行われた葬儀では、仮設住宅で苦楽を共にした仲間が多く見送りにきておりました。

私たちIVUSAとおやじさんとの出会いも仮設住宅でした。

除雪のボランティアで訪れた時に、おやじさんが学生と談笑している写真が僕は好きです。

仮設住宅で行ったお祭りでは、おやじさんが太鼓をたたいて、みんなで盆踊りをしましたね。
太鼓をたたくおやじさんの姿はとてもかっこよかったです。


今年から、栃尾田代での活動をスタートすることが出来たのは、まぎれもなくおやじさんのお陰です。

活動を始める前に、多くの困難がありましたが、おやじさんの家に、学生との写真が大きく飾られているのを見て、僕はこのプロジェクトが絶対成功すると確信することができました。

訪れるたびに、いろいろな話を聞かせてくれましたね。

若いころは、出稼ぎで東京の方に、行っており、焼き芋を売っていたそうですね。

そこで、知り合った人が今でも、お米を買いに来ることも知りました。

おやじさんの作った米は、本当においしかったです。

おやじさんの作ったお米をまた食べたかった。

今年取れたさつまいもで、おやじさんに焼き芋を作って欲しかった。

お米と野菜の育て方を教えてほしかった。

おやじさんの太鼓で、お祭りを復活させるのが夢でした。


お葬式の時に、息子さんが、働きすぎだから、神様が休めと言ったのだろう、
とおっしゃっていました。

本当に、朝早くからよく働いていましたね。

ゆっくりとお休みください。
梁山荘とは(2)[2009年11月19日(Thu)]
そういったわけで、古民家の命名は、白紙になってしまいました。

栃尾に対する思い入れが強いために、なかなか決まりません。


一方、私たちの団体の中で、非公式推薦図書ともいえるほど、

読まれていたのが、北方謙三さんの書いた『水滸伝』でした。

この水滸伝には、スパーヒーローは登場しません。

それぞれ欠点を抱えている、好漢たち。

ただ、彼が持っているのが「志」

その『志』を持って、それぞれ自分たちの得意分野を活かし、

『宋』という国に戦いを挑んだわけです。

私たちも、この社会を変えることも目標に挑戦しています。

私たちに天才はいません。

しかし、個性豊かな人間ばかりです。

そして『志(理想)』を持っています。

とまぁ そういうわけで、栃尾の古民家は『梁山荘』と命名しました。

もちろん、水滸伝とは違いますので、私たちは、武力は使いません。(笑)
梁山荘とは・・・・(1)。[2009年11月18日(Wed)]
私たちの活動する新潟県長岡市栃尾地域田代集落にある古民家。


私たちは、その古民家を「梁山荘」と名付けました。


中国の北宋時代末期、汚職官吏たちがはびこり、国が乱れていた時代がありました。

そんな時代において、老若男女、一芸に秀でた英雄好漢たちが梁山泊と呼ばれる自然の要塞に集い、集団を形成し、やがて悪徳官吏を打倒し国を救いました。


そこで私たちは。


中越地震の被災地であり、過疎化の深刻なこの「栃尾」の地において、

さまざまな個性を持った学生やスタッフはもちろん、

震災によって絆を創った栃尾の人達などと力を合わせ、

過疎化という日本が抱える脅威に対して挑戦していきます。



以上のことから


栃尾の古民家が、個性あふれる者が集い、社会を変えていく場所となることを願って


『梁山荘』


と名付けました。


とまぁ。公式には、上記のようなことなのですが、古民家の命名には、もうひとつの物語があります。


栃尾のこの田代集落での活動が始まったのが、今年のGWのこと。

学生、スタッフ、OBを含めて70名近くの人間が参加しました。

その時に、古民家の名前を公募しました。

その時に挙がった候補が


・おれんち

・ブリッジ荘

・おかえり荘

・きずな

・みんなのいえ

・なくようぐいす揚げ揚げ荘

         アゲアゲ↑

・とちゅーさ秘密基地

・@ホーム〜ひとつ屋根の下〜

・とっちんのいえ

学生は、それぞれ真剣に、またウケ狙いで考えたことでしょう。

しかし、震災から始まった私たちの活動と、住民の方との絆、

また、これから目指す挑戦。

それを考えると、満足する候補はありませんでした。

そこで、検討委員会の出した結論は、全部 ×。

命名は、一からやり直しとなったのでした。
とちおっこの声[2009年11月17日(Tue)]
13次隊に参加したとちおっ子から素敵なメッセージが届いています(^^)



すごい楽しかった笑顔


古民家の雪がこいは進んだし、畑はすごい耕してちょっと疲れました笑い汗


でも芋ほりとかすごいテンション上がったキラキラ


友達増えたし、知っている人とはさらに仲良くなれたのが1番良かった笑い

星も綺麗だったしラブ


相変わらず栃尾は最高でしたびっくり




ありがとうございました♪





雪囲いの作業をしている様子です(^^)



第1次隊の時は、

雪囲いの板を外す作業をしました。




春は桜に囲まれて


夏はひまわりに囲まれて


秋はコスモスに囲まれた古民家も


厳しい冬を迎えるのですね。



13次隊に参加したとちおっ子の良い笑顔☆

ミスコン 〜パート2〜[2009年11月16日(Mon)]
どうも!

とちおLOVEのおんりーです!



13次隊では・・・




★第二回ミスとちおコンテスト★
が開催されました!!




イェーイ\(^o^)/






今回nエントリーは5人!


みんなとちお大好き!

表には出してないけど実は私が一番栃尾が似合うわ!

なんて思う5人でした。




今回私もエントリーしちゃいました(^∀^)




投票の結果・・


第二回ミスとちおに選ばれたのは・・・




ジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジャンっ






エントリーbP

4年生の「みつえり」さんです♪
(写真右)


ダントツでした☆







いやぁ〜

殿堂入りした前回のミス栃尾も今回のミス栃尾も4年生!

先輩!

さすがですね(‐ω‐)











次回はいつやるのでしょうか!?



いつかグランドチャンピオンを決めるらしいですよ♪






ぜひみなさんもコンテストが開催される際には
ジャンジャンとエントリーしちゃってください(^∀^)






先日とちおの活動報告会が定例会で行われ、
第一回ミス栃尾と
第二回ミス栃尾が夢の共演をしました♪







写真左:初代ミス栃尾
写真右:2代目ミス栃尾
そば。[2009年11月15日(Sun)]
とちおの魅力のひとつ。


それは




今まで下ことのない体験をできること。



今までの参加したとちおっ子のみなさんはきっとさまざまな『初めて』


を体験したと思います。




畑作業だったり


ぶよだったり

花火に

稲刈り・・



それはもう書ききれないほどです。




そして今回13回目のとちお活動では・・・!!!






茶摘・・


じゃなくて



そば摘(^^)♪









初めての体験に

みんなどきどき


わくわく。



どきどき


わくわく。



しながら移動。









です。



まずはやっぱり・・




地元の方から教えてもらいます。



そば摘みのノウハウを。




教えてもらったみたいにそば摘み開始!




慣れない手つきで


でもみんな一生懸命摘んでいきます。









これをこーして

あーして。。




真剣(`・ω・´)。





そして




とれたのがこれ!








これがそばになるんですねー



すごいですね。




そしてこんな素敵な体験をさせていただいた地元の方に今回も感謝感謝です。












次回はどんな『初めて』があるのでしょうか?







とっても楽しみです




ね☆
ふるさとづくり活動×学祭[2009年11月14日(Sat)]
法政大学の学祭、


『市ヶ谷祭』


に行ってきました!



新潟県長岡市ふるさとづくり活動はこのように紹介されていました。






とてもかわいいですね♪









「これが畑・・・!?」



最初に見た時は畑に見えませんでした。



ただの荒地に見えました。



再生するのは難しいといわれていた畑。




でも、




今までに沢山の作物ができました。




ジョロキアとか育てちゃう畑。


ドキドキワクワクがつまった畑。


これからが楽しみな畑です(^^)
とちおっこの声[2009年11月13日(Fri)]
とちおっこからメッセージが届いています(^^)



●9次隊●

初めての栃尾でした。


想像以上の田舎でびっくりしました!!



メインの栃尾まつりはよさこいを踊ったり、

民謡流しに参加したり、

御神輿を担いだり、

きれいな花火をのんびり見たり・・・

初めての体験でとても楽しかったです(^ω^)



農作業も暑さや虫と闘いながら

みんなで頑張りました。



収穫した野菜は天ぷらにして食べました☆

おいしくて食べすぎちゃいました\(^O^)/



私は初めての栃尾で優しくて楽しい同住会の方々、


本当に豊かな自然、


おいしい空気、


満点の星空・・・


こんなにゆったり自然が過ぎて、


何もかも忘れられる栃尾に完全にハマッてしまいました♪




ありがとうございました☆

今年の活動もあと1回!!
ふるさとづくり×学祭[2009年11月12日(Thu)]
とちおっこが



市ヶ谷祭に




潜入!!!








法政大学市ヶ谷キャンパスで行われた市ヶ谷祭。

1年生を中心にIVUSAのプロジェクトを展示にしていました。



とちおっ子の目的はただ一つ。



そう



とちおの展示。



です。





どんなふうに紹介されているのか


どきどき・・


わくわく・・・・




じゃん。









すーてーきー\(^o^)/




なんともにぎやかな感じ。



そして遠くから見てもとちおだとわかるこの野菜たち。




プロジェクト名がなくてもIVUSA会員にはすぐとちおだとわかるほど。






実はこんな素敵な出来上がりにしてくれた子たちの

制作現場に行ってました。


とちおっ子。



あの展示・・

実は

・・


段ボール






でした(・∀・)





この子たちが一生懸命つくってくれました。




とちおっ子感激(;∀;)☆







約1か月間

活動背景から活動内容、目的。。。

とちおの活動について調べ

展示をつくってくれた子たちに感謝です。




きっとだれよりも怖しくなれたのではないでしょうか





今月末に八王子で行われいちょうまつりでも

とちおが展示で紹介されるそうです。


とちおの活動が知りたい方、

とちおっ子に会いたいかた



ぜひぜひ足をお運びください。
どうもおんりーです![2009年11月11日(Wed)]
日曜日の午前中は、

桑原園長先生率いるIVUSA幼稚園の


大きな!!園児たちが畑でイモ掘り体験をしました♪笑



園児たちはイモが見つかるたびに


「あったー!!!」

と叫んでキャーキャー言って大興奮(≧∀≦)






掘っても掘ってもなかなか見つからない場所もあり、

そんなとき園児は

「ここにはなーい!こんなに掘ってもでてこなーい(〉_〈)」


なんてダダこねてました(‐△‐;)







大きいもから小さなイモまでたくさん収穫できました★







収穫したイモを洗うと…

あらキレイ\(☆o☆)/!

きれいな紫色でした!





洗ったイモはすぐに焼いて焼きイモに♪






割ってみると…

またまたびっくり(◎w◎)!!



とってもおいしそうな色!!

しかも焼きたてホッカホカ!

我慢できなくなったのでおんりー1番に食べちゃいました(^o^)



ちょうどいい甘さでおってもおいしかったです(∀)






お昼ご飯のときみんなも食べました。

おいしそうに食べってみんなの満足そうな笑顔が見れました(*^∪^*)



プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得