CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2014年06月 | Main | 2014年08月 »
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾3次隊「双葉寮」ラストメッセージ![2014年07月05日(Sat)]
3次隊ラストのメッセージです!
みなさんご存知リーダーを務めた東洋大学3年の宮尾佳苗です!
ーーーーーーーーーーー
こんにちは!
3次隊の活動リーダーを務めさせていただきました、宮尾と申します。


『想いを形に』
今回のコンセプトです。

一緒に活動するivusaの仲間、そして双葉寮の子供たちを思いやる気持ちを、隊員それぞれが形にできていたのではないでしょうか。

事前に勉強会を開いて、現代の子供たちを取り巻く問題や、虐待、児童養護施設の現状について学んでいきました。
悲しい背景を抱える子供達とどのように接したらよいか悩む隊員もいましたが、当日子供達と対面すると笑顔いっぱいで遊んでいる姿が、とても印象的でした!

活動中は同住会の方たちとスタンプラリーをしたり、畑の作付けを教えてもらったり、夕飯では手鞠寿司をお互いに作りあって楽しく過ごすことができました!

ただ楽しいだけでなく、子供達が寝た後に開かれる班でのミーティングと寮長さんからのお話を聞き、
様々な考えや気持ちになり、隊員たちは葛藤し、考えを深めている様子でした。

継続的に子供達のことを想い、また会いに来たいとの声も聞くことができました。
また、こうやって子供達や社会が抱える問題について考える隊員が増え、子供達に一生の思い出をプレゼントしていけたら良いと思いました。


今回の隊のために関わってくださった全ての人に感謝申し上げます。ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーー

以上でリーダーズメッセージは終わりになります!
ご覧いただきありがとうございました!
栃尾4次隊 1日目[2014年07月05日(Sat)]
IMG_1083.JPGDSCF7321.JPG昨日の夜、東京を出発し、古民家につきました。

朝は少し早めに起床し朝ごはんの前に散歩と体操をしました。
早起きをして眠い気持ちもありましたが、
栃尾のきれいな空気を吸って、目も覚め、すがすがしい朝を過ごすことができました。

午前中は、畑作業をしたり、古民家の清掃をして、
愛児園の子どもたちを迎え入れる準備をしました。

子どもたちが古民家に入るのを、アーチで迎え、はじまりの会がスタートしました。
はじまりの会では、私たちも子どもたちも緊張している様子で、
顔を隠してしまう子供もいました。

はじまりの会が終わった後は、広場へ移動ししっぽ取りゲームをしました。
その後、畑へ移動し、畑ではかぶや大根を抜いたり、大根の種まきをしました。
ゲームや農作業で体を動かしているうちに、
子どもたちの表情もだんだんとやわらいでいたように思いました。

温泉に入り、疲れた体を癒した後には、みんなで配膳をし
今日の夕食”夏野菜カレー”をみんなで食べました!
子どもたちも積極的に配膳のお手伝いをしてくれました^^

ご飯を食べた後にはもう一度広場へ行き花火をしました!
花火の火を見る子どもたちの顔はわくわくした顔をしていて、
打ち上げ花火では、最後にでかい花火にびっくりした様子を見せながらも
とても楽しかった様子でした。

古民家に戻り、紙芝居の読み聞かせをし、
寝る支度を始めましたが、子どもたちは興奮した様子で
なかなか寝付けないようでしたが、今日の疲れをしっかりとってもらい
明日も楽しく活動できたらいいな、と思います。
栃尾3次隊「双葉寮」MTメッセージA[2014年07月05日(Sat)]
こんばんは!
続いてのリーダーズメッセージは、、、サブリーダーを務めた国士舘大学2年の山本楓です。
事前も当日もテキパキ動いて笑顔で活動していました\(^o^)/
ーーーーーーーーーーーーー
栃尾3次隊、子ども隊は私がivusaに入って初めて行ったプロジェクトということもあり、とても想い入れのある活動でした。

今回は去年と違いMTという立場での参加なので、古民家に来てくれる子ども達はもちろん、エントリーしてくれた隊員達に子ども隊の良さを伝えるとともに隊をスムーズに進行させるということが大切だと思いました。
成功も失敗もありましたが、その全てが自分の成長に繋がると感じることができたし、隊員に子ども隊に来てよかったまた来たいと言ってもらえて、本当にMTをやってよかったなと思いました。
そして参加してくれた隊員みんなに感謝しています。

双葉寮の子ども達は普通の子ども達となんら変わらないとてもいい子ばかりでした。
辛い境遇の中育った過去を考えると心が痛みますが、学生と無邪気に笑う子ども達の姿を見ると、私たちの活動は少しでも意味があるんじゃないか、意味のある活動にしなくてはいけない、そう思いました。

ivusaには多くのプロジェクトがありますが、この子ども隊は隊員一人一人が子ども達を取り巻く社会問題について考え、真剣に向き合うことができる学びの多い活動だと私は思っています。
私たちにできることはほんの少しかもしれませんが、子ども達の中で素敵な思い出として残っていてくれればいいなと思っています。

準備期間や活動の3日間、あっという間でしたが本当に充実した日々でした。
支えてくれたみなさん本当にありがとうございました。

国士舘大学2年 山本楓
ーーーーーーーーーーーー
ラスト1名!!!!おたのしみに!
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得