CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2014年06月 | Main | 2014年08月 »
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾3次隊「双葉寮」とちおっこの声B[2014年07月04日(Fri)]

本当に幸せな時間でした( ^ω^)

前回はたくさんのこども達と遊び、互いを呼び合い、いっぱいハグして。全力でこども達と楽しんでいました。
でもどんなにあの子達がかわいくても、 毎回一緒にいれる時間は1,5日間とわずか('A`)わたしの中にはもちろんたくさんの思い出が残ります。でもこども達のなかには.....?ってずっと不安でした。

でも、こども達は本当に本当に覚えててくれるんです!半年以上ぶりだったのに、あ!って見つけて駆け寄ってきてくれました((´▽`))

1,5日間、この短い時間でもちゃんとこども達の心に残るんです。ちゃんと思い出になるんです(*^-^*)

すごく嬉しくて。だからもっともっと楽しい思い出をつくってほしい!つくりたい!
だから、その1,5日間を双葉の子たちと過ごすために、これからも参加しつづけます。次は一般ではなく作り手で。

わたしはこども隊がだいすきです(-^〇^-)
栃尾3次隊「双葉寮」とちおっこの声A[2014年07月04日(Fri)]

ちゃんと仲良くなれるかな、受け入れてもらえるかな…そんな悩みを抱きつつ、まぁ子ども大好きやしいけるか!!と初参加の子ども隊。

初めは上手く関われなくて、どうやって関係性をきずいたらいいのか…この活動中にできるのか不安になりました。
でも、少しずつ見えてきた一人一人の素顔。まだ完全ではないけれど、皆の元に通って行けばいつかもっと濃い関係になれるはず。

勉強会や活動中に気づかされた、現代社会の深刻な問題とどう向き合っていくか。
活動最終日の振り返り会では「まだ分からない。」と答えてしまったけれど、東京に帰ってきていろいろ考えた結果、今の私に出来ることは多くの人にこの現状を知ってもらうとこ。その初めとして、私は大学の授業で発表しクラスメイトに知ってもらいました。
日本で…って声もあったし、そんな子ども達がいるんだね。と、少しでも皆の身近な問題として捉えてもらえたんじゃないかと思う。
あとは、やっぱり皆が口を揃えて言うコレ。何度でも会いに行く。

皆をもっと笑わせるためにまた会いに行くね。
栃尾3次隊「双葉寮」とちおっこの声@[2014年07月04日(Fri)]

私は今回初めて栃尾に行き子供隊に参加しました。
前回子供隊に参加した友達から、子供隊は本当に楽しくて学ぶことも多いと聞いていたので行く前からすっごくわくわくしていました!!
でも同時に、子供たちの境遇を考えると、楽しむだけではダメだなといろいろ複雑な心境をかかえつつも、でも先入観なしに子供と関わりたい!というのを目標にしていました。
いざ子供達がやってくると、目の前でキラキラ駆け回る子供たちと遊ぶのに夢中で、子供達の背景などは全く気にすることなく、すごく楽しい時間をすごしました。
でも、夜に寮長さんに、双葉寮で暮らす子供達の話を聞いて、思っていたよりもずっとずっと深刻で、ものすごく衝撃を受けました。
昼間にあんなに元気に楽しそうに遊んでいた子供達がこんなに大変な境遇にいるなんて、私にできることってなんかあるのかな、ただ楽しく遊んでいるだけでいいのかな、言葉一つ一つをもっと気をつけるべきだったのかな、とすごく悩んで考えました。
そんな中でミーティングをしていて私が心に残った言葉は、
双葉寮にいることは不幸かもしれないけど、双葉寮にいたおかげで私たちと出会うことが出来た。そのことは幸せだった、と将来子供たちが思ってくれるような2日間にしよう≠ニいう先輩の言葉です。
この考えはただの自己満足かもしれないし、子供達の将来に私たちの行動がどれくらい影響するかなんて今は全然わからないけど、でもそうやって、少しでも子供たちの未来にとってプラスになる、って信じて活動していくのはすごく大切だと私は感じました。
2日目もあっという間に過ぎてしまって、みんなを双葉寮までお見送りした時はただただお別れが悲しかったです。
次もあるならまた絶対来て、忘れてないよってことを子供に伝えたいし、でも本当の本当はこういった活動や双葉寮自体がなくなるのが理想で…とかまた色々考えてしまうけど、この隊にはそういった思いをぶつけられる先輩や同期がたくさんいました。
今回第三次子供隊に参加して、子供達、栃尾の方、隊のメンバーに出会えて本当に幸せでした。ありがとうございました。
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得