CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
3次隊 会員管理から[2013年07月02日(Tue)]
今回は3次隊の会員管理をした方の感想をお届けします*
ぜひ読んでください(^o^)



今回、初の愛児園隊ということで
こども一人ひとりについて詳しくわからないなかで活動に向け、準備をしてきました。
私の中でこどもについて情報がないという不安はとても大きかったです。

しかし、実際にこどもたちに会うと
人懐っこいこどもが多く、
こどもも学生も活動を楽しめていたのではないかと思います。

二日目の夜の施設の方のお話で
『今回の活動で今までにない表情を見ることができた』とお伺いでき、こども隊に参加できて本当に良かったと感じました。
まだまだ改善すべき点はたくさんあります。
しかし私は今回の活動を通して、
これからもこどもたちに楽しい想いをして欲しい、
また一緒に楽しい時間を共有したいと思いました。

そんな想いを今回参加してくれた皆が持ってくれていたら嬉しいです。
ありがとうございました。

3次隊 とちおっこの声A[2013年07月02日(Tue)]
今日もとちおに訪れた学生の感想をお届けします(*^^*)

今回は、これまでに何度も子ども隊に参加している4年生からいただきました。


子ども隊の参加は気づけば今回で5回目でした。
今回の隊も多くのことを学ばせてもらいました。
思い返せば、子どもが好きという想いから始まり、二年が経ってしまいました。
双葉寮の子どもたちとは苦戦しながらも職員の方々や先輩たちに色々なことを教えてもらいながらも一緒に二年間活動してきました。

今回の愛児園隊は正直とても不安でした。どんな子どもかわからないし、
参加する皆はどこまで子どものことを考えて参加しているのか?とずっと考えてました。
当日は思った以上に学生と子どもの距離が近く、良かったと思う人、多いと思いますが、僕はそう思いません。

子どもと仲良くなれて良かったなんてのは感想でしかないのです。
僕は今回、とても悔しい。
仲良くなったと思った子が突然パニックに陥った。
お別れ会に出てくれない。
何をいっても聞いてくれない
焦ってしまうよね?
もしこれがあなたならどうですか?

子ども隊参加者、興味のある人にいいたいことは
子どものことを考え続けてほしい。
どんなに仲良くなってもね。
仲良しになって満足の人は本当に子どものことを考えているとは僕は思いません
今回の隊だって、一歩間違えれば、子どもにとって一生忘れられない悪夢にもなりかねません。
もっと子どもに対しての責任を持つべきなのではないか、と思います。

考えるのを辞めたら、子ども隊は終わります。子どもと接することの本質をみてください。
回数が多いとか、仲良いからなんてのは関係ありません。
本当に子どもが好きなら、これからも関わりたいなら楽しかったで終わらないでほしい。
行ったことのない人もしっかり考えられる人ならきてほしい。
これが僕の願いです。

僕はまた機会がある限り、また子どもたちに会いに行き、子どもたちに何をしてあげれるかを考えていきたいです。
| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得