CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2012年07月 | Main | 2012年09月 »
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
リーダーメッセージ[2012年08月20日(Mon)]

6次隊の更新も今日で最後です。
今回栃尾ふるさと創り活動6次隊のリーダーを務めた、中央大学3年山本茜さんからのメッセージです。


私は2年前、初プロで参加し長岡花火の壮大さに虜になりました。
去年、花火の裏の多くの人の想いを知って、涙が止まりませんでした。
そして今年、大好きな長岡まつり、大好きな長岡花火を
みんなにも好きになってもらいたい、想いを知ってもらいたいと
リーダーとして準備を進めてきました。

コンセプトの「NOT ENDMARK」という言葉は
復興の想いをこれからも繋げていこう、終わらせないようにしよう
という想いから選びました。
そして、この隊で出会った人たちとの繋がりが終わらないように
IVUSAの挑戦がこれからも続いていきますように、そんな想いも込めています。

IVUSAが長岡まつりに参加するにあたって沢山の人にご支援頂きました。
長岡青年会議所の方たち、長岡まつり協議会の方たち
皆さん気さくで、いつも学生の体調などを気遣ってくださいました。
IVUSAが長岡まつりに参加して今年で3年目になりますが
任せてもらう仕事もどんどん増えていっているように思いました。

毎晩帰るのは深夜1時過ぎで、設営の作業は昼間の炎天下。。
スケジュールも急遽変更になることが多く、1年生や初プロの人が多い中
しんどい思いをさせてしまったと思います。私の力不足で、もっと負担少なく動かせたところも沢山あったと思います。後輩、同期、先輩、みんなに迷惑かけました。

しかし初日、2日目、3日目と隊が進むごとに
1年生の表情、返事、行動、そして隊全体が変わっていくのが分かりました。
その姿は頼もしくて、助けられました。
その結果が2日間の募金額に表れたのだと思います。
2日間の募金額は合計3,318,675円でした。

花火観覧の際にはOBやOGの先輩も来て下さり
同住会の皆さんと一緒に、夜空いっぱいに広がる花火を観ることができました。
やっぱり、長岡花火は世界一だと思います。

帰るときには「来年もよろしくね」と沢山声をかけて頂きました。
1番の目標である、来年に繋げることを
達成できた活動になったのではないかと思います。
隊員みんなのお陰です。本当に感謝しきれないです。

望さん、同住会の皆さん、長岡青年会議所や長岡まつり協議会の方たち、
会場まで駆けつけて下さった先輩方、133人の隊員のみんな
この隊に関わるすべてのみなさん、本当に本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得