CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
恐怖のジョロキア!![2009年11月22日(Sun)]
私たちの畑に植えられているジョロキア。

その辛さは、ハバネロを超え、ギネスにも登録されているといいます。

通称、幽霊の唐辛子。

13次隊でも、一人の若者が犠牲になりました・・・・・・。


13次隊での、交流会でのこと。

交流会は大いに盛り上がり、住民の方と、また学生同士で、話が弾んでいた。

そんな時、私にスタッフAがささやいた。

「洗面所から変な声が聞こえるのですが・・・・」

私が洗面所に近づくと、確かに変な声が聞こえる。

泣いているのとも違い、酔って吐いているのとも違う声だ。

洗面所に入ろうとしても、鍵がかかっている。

隙間から中を見ると、男が二人いるようだ。

「もしや不純同性交友か」などとも思ったが、すぐに頭の中で否定した。

おじれづいた私は、学生に頼み、中を確認してもらった。

どうやら、ジョロキアを、しかも赤くなっているのを一本食べたようであった。

鍵をしていたのは、あまりの雄たけびに、迷惑をかけたくなかったとのこと。

食べた学生は、栃尾に何回も参加し、ジョロキアの怖さを知っているはずなのに・・・・。

こうして、一人の若者がジョロキアの犠牲になった。

私は、来年もジョロキアを栽培するか悩んでいる。

| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得